降りつぶし

無料ブログはココログ

通過連絡運輸・複数社連絡運輸

2012年11月 7日 (水)

IGRいわて銀河鉄道→青い森鉄道→JR東日本・北海道:連絡乗車券

R240205_igr_aoi_jre_jrh_renraku_mor

JR東日本盛岡駅A-2発行のIGRいわて銀河鉄道盛岡から青い森鉄道を経由しJR北海道津軽今別までの3社連絡乗車券です。

JR盛岡駅のマルスで発売されていますが発駅に会社線名がないものの、スタンパーを見ても判るようにIGR盛岡発の乗車券です。

連絡乗車券は通常発駅側の会社で購入するものですが、直通の急行列車・指定席連結列車がある場合は、それらと同時購入あるいは提示することで連絡会社線発の乗車券を購入することができます。(旅客連絡運輸規則第14条2項2号及び3号)

さらなる例外として、特定の路線では乗車券単独でも連絡会社線発の乗車券を発売できる場合があるとして、その条件が旅客連絡運輸規則第14条2項4号で決められております。その中の項目にこの「IGR盛岡発目時・青森経由、津軽線油川・蟹田間およびJR北海道各駅」があるので購入することが出来ました。

ちなみに、この区間の乗車券はIGR側では発売できないとのことなので、JR側からの片発売ということになります。元々は盛岡に停車する寝台列車を考慮しての規則だったようなのですが、現在では盛岡を停車する列車はありません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年4月 3日 (火)

JR九州→福岡市交通局→JR九州:通過連絡乗車券

R230814_jrq_fuk_jrq_tsuukarenraku

ここしばらく速報性のあるものを優先的に更新してきましたが、そろそろ通常営業に戻りたいと思います。

JR九州日豊本線行橋から福岡市営地下鉄を経由し、同じくJR九州筑肥線下山門までの通過連絡運輸の乗車券です。地下鉄1号線は開通時に国鉄筑肥線の博多~姪浜間を廃止代替した経緯があるため通過連絡運輸の設定があります。着駅の下山門は福岡市内にあるのですが、他のJR線とは分断されているので特定都区市内の福岡市内から除外されています。補充券の裏面のなどの注意書きにある「下山門駅、今宿駅、周船寺駅及び九大学研都市を除く」でおなじみですね。券面の経由欄を見て分かる通り福北ゆたか線(筑豊本線・篠栗線)経由となっています。この区間内に未乗の部分があったので乗りつぶしを兼ねて乗車しました。

経由を詳しく書くと日豊・西小倉・鹿児島線・折尾・筑豊・篠栗線・鹿児島線・博多・福岡市高速鉄道・姪浜・筑肥ということになりますね。途中下車もしたのですが、「そのままどうぞ」とされてしまい、スタンパーと無効印のみです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年2月26日 (日)

JR東日本→青い森鉄道→JR東日本:通過連絡乗車券

R230612_jre_aoi_jre_tsuukarenraku_j

新青森駅の券売機で購入した、大湊線下北までの乗車券です。同駅の自動券売機には青い森鉄道を介した通過連絡となる大湊線方面までの口座があったのでものは試しと購入してみました。使わない券売機券にお札1枚を使ってしまうのは我ながら。。。(苦笑

出てきたのはかつての印発機風フォーマットの縦長85mm券でした。通算100km以上となるため2日間有効となっています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年2月13日 (月)

土佐くろしお鉄道→JR四国→土佐くろしお鉄道:三線連絡乗車券(後免・窪川接続:マルス券)

R230503_tos_jrs_tos_3renraku_mars

年末年始の多忙がきっかけで少々長いお休みを頂いてしまいました。一度途切れると再開するのがなかなか億劫なものなのですが、そろそろ再開したします。本年もよろしくお願いいたします。

土佐くろしお鉄道阿佐線(ごめん・なはり線)安芸駅窓口発行の安芸から後免・窪川接続で土佐くろしお鉄道中村線若井までの三線連絡乗車券です。

同社の阿佐線と中村線とは中間にJR四国を介した三線連絡運輸があります。安芸駅でこの区間をお願いしたところ、マルスで発券して頂けました。マルスだと経由に社線名が無いのでPOSでも出せないかとお願いしていたのですが、出せないようで購入することはできませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年7月10日 (日)

JR東海→東海交通事業→JR東海:通過連絡運輸乗車券

R221107_jrc_tkj_jrc_tsuukarenraku

JR東海春日井駅MR発行の東海交通事業城北線を経由しJR東海稲沢駅までの通過連絡運輸乗車券です。

城北線は両端の勝川・枇杷島でJR東海と連絡運輸している他、通過連絡運輸も行っています。ただ、両側の連絡運輸の区間は重なっていないので環状線一周の乗車券を購入することはできません。

経由欄には社線名はなく、接続駅のみとなっています。正直言って勝川駅の接続が改善されない限り(もしかしたら改善されても・・・??)この通過連絡運輸を利用する人はあまりいないと思うのですが、出札では難なく購入することができました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年7月20日 (火)

JR東日本→小田急電鉄→JR東日本:通過連絡運輸(えきねっと予約:出補)

R220412_jre_oda_jre_tsuukarenraku_s

R220412_jre_oda_jre_tsuukarenraku_2

新宿駅発行、東京山手線内から新宿登戸間を小田急線経由で通過連絡し、以降大回りして中野島までの出札補充券です。

この経路の通過連絡運輸は今年3月のダイヤ改正を期に廃止されてしまいましたが、それ以前(通過連絡運輸廃止前)に、えきネットで予約していたものをダイヤ改正後に引き取ったものです。廃止を期にマルスでの発券ができなくなってしまったので、引き取りの時点から出札補充券での発券となりました。そのため記事欄に『ダイヤ改正前に当社インターネット予約で乗車券を申込み受け取りがダイヤ改正になったため』との記載があります。

予約時画面のプリントアウトと共にお願いし、数時間後に引き取ったのですが、その際は発駅は単駅の『東京』でした。しかし、「えきねっとで発券すると東京山手線内になるのですがこれでいいのですか?」と質問すると、奥へ引っ込み、このように追記されてしまいました(余計なことを聞かなければよかったかな?)。しかも、出補の上に貼ってあった、連絡事項が書かれたメモを剥がす際にベリベリっと破れてしまい、[東]の辺りはセロハンテープで補修されています(^^;

R220509_jre_oda_jre_tsuukarenraku_s

さてこの乗車券の使用後です。実際に使用したのは乗変して5月8日からです。乗変のお願いをしたのは渋谷駅だったのですが、発券した駅とは違い、非常にスマートな対応でした。また、よく見ていただくと分かるのですが、有効期間に改鼠の痕跡が見られるので(恐らく書き間違えたのでしょう)これで大丈夫なのか確認を取りました。

原宿から使用開始し、途中下車したのは新宿・成城学園前・尻手・川崎・新子安・大口・[海]新横浜・[海]小田原・茅ヶ崎・倉見・原当麻・八王子みなみ野・八王子・小宮・拝島・立川・矢川・分倍河原・稲田堤の各駅で、中之島駅で無事無効印を頂くことができました。

R220509_jre_oda_jre_tsuukarenraku_2

最後に、こちらは使用後の別紙です。ノンカーボンの転写が手指に非常に弱いことをすっかり忘れてベタベタ触れていたら1日半でこの有様です。みなさま注意しましょう(^^;

2010年3月16日 (火)

JR東日本→小田急電鉄→JR東日本:通過連絡運輸

R220312_jre_oda_jre_noborito

突発的な多忙で更新1回飛ばしてしまいましたm(_._)m

東京山手線内から新宿・登戸間を小田急線経由で「南武線の登戸」までの連絡乗車券です。この通過連絡運輸の南武線側の連絡範囲は「武蔵中原~南多摩間」なので登戸も連絡範囲となっています。この場合いわゆる6の字乗車券になります。

この乗車券、「原宿から」でお願いしました。JR側の通算キロは2.2km+南武線側96.8kmで99.0kmなのですが、東京山手線内発となっています。中心駅である東京発で計算した場合のJR通算キロが100kmを超えてしまったためのようです。この場合、東京~新宿間10.3km+南武線側96.8kmで計算されているようです。

R220302_jre_oda_jre_tsuukarenraku_2

こちらはえきねっとで発券したものです。発駅は原宿、着駅を南多摩とする代わりに立川~府中本町間を中央東~武蔵野経由としています。こちらも同様の理由で東京山手線内発となってしまったようです。

2010年3月 6日 (土)

JR東日本→小田急電鉄→JR東日本:通過連絡運輸(券売機券)

R200917_jre_odakyutuukarenraku1

JR東日本中野島駅の自動券売機で購入した、登戸・新宿間を小田急線経由で東京山手線内の通算450円区間(小児なので220円区間)までの通過連絡運輸の乗車券です。ご覧のように、南武線→山手線内の方向の乗車券は地図式の乗車券となっていました。

この区間の通過連絡運輸が品鶴線武蔵小杉駅開業のとばっちりで廃止になってしまうので、先日改めて購入してみました。それがこちらです。

R220225_jre_oda_jre_nakanoshima370

いつの間にか地図式から、山手線内→南武線の方向の乗車券のような両矢印式に変わっていました。 券売機の更新と関連があるようです。私が確認した限り、武蔵溝ノ口・宿河原・中野島が両矢印し気になっていましたが、まだ地図式の券が残っている駅もあるようなので、時間が許す限り探してみたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年1月27日 (水)

JR東日本→東京急行電鉄→JR東日本:通過連絡運輸(+小田急の入鋏扱い)

R100110_jre_toq_jre_tsuukarenraku_2

矢川駅MEM1発行の東京都区内(新宿)から大回りをしつつ渋谷~武蔵小杉間を東急東横線経由で南武線宿河原までの通過連絡運輸の乗車券です。16経路ギリギリでお願いしたので120ミリ券となっています。成田山新勝寺へ初詣に行くのに使用しました。ちなみに去年はこのような乗車券を使用しました。

東急東横線を間に挟む通過連絡運輸は東京山手線内~南武線宿河原・矢向間の相互間となっていますが、この乗車券は通算201km以上なので発駅は東京都区内となり、事実上連絡運輸のエリアが拡大した形となってしまいました。また、この乗車券は特定都市区間を二度通っているので発駅が単駅に補正されそうな感じがしますが、何故か都区内のままでした。また、総武線以降は東海~山手1の品川回りでお願いしたのですが、経路が補正されて総武2~中央東~山手1経由となっています。この経路のままで大丈夫とのことでしたので、そのまま品川・大崎で途中下車をしましたが、有人改札での経路の説明は必要だったものの、無事改札外に出ることができました。また、東急線内でも途中下車をしてみましたが、最終的には途中下車を拒否されることは無かったものの、渋谷からの乗越運賃を請求されそうになったり、経路をなかなか理解してもらえなかったり…と、結局すんなり通れたのは渋谷の有人改札だけという有様で、交渉事が苦手な方にはとてもじゃないけどおすすめ出きない乗車券ですね(^^;。購入時に、経由印字が東急線まであるから…と「武蔵小杉・南武線」を手書きしてもらう事を求めなかったのですが、これはちょっと失敗だったかもしれませんね。

さて話は前後してしまいますが、この乗車券に鋏痕がありますが、使用開始したのは新宿からです。小田急が管理している西口地下の小田急⇔JR連絡改札では今でも改札鋏を使用しているので狙ってここから入りました。以前は入鋏だけだったのですが、今回はそれに加えて日付印と駅名小印も捺されました。もしかして青春18きっぷにはこの様に日付を入れているのでしょうかね??

Rimg_0001

これは同様の経路をえきねっとで予約したもので、区間は同じ,違いは新幹線が上野~小山間となっている事だけなのですが、どこをどう省略したのか85mm券で発券されました。経由を見てみますと成田線の次が山手線と大胆に省略されています。

さてさて最後に、かねてから噂には出ていましたが、このように間に東急東横線や小田急小田原線を介して山手線内と南武線を結ぶ通過連絡運輸は、3月の横須賀線武蔵小杉駅開業に伴い廃止されることが発表されたようですね。東急東横線経由は同じ武蔵小杉を経由することになり、もろにエリアが被るので仕方がないとは思いますが、小田急経由の方を横須賀線経由に振り替えるとなると、遠回りになる区間が多くあり、廃止してしまうのは残念ですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月13日 (月)

JR東日本→小田急電鉄→JR東日本:通過連絡運輸(南多摩窓口最終日)

R210531_jre_oda_jre

南武線南多摩駅から渋谷まで、途中登戸から新宿まで小田急線を経由する通過連絡運輸となる乗車券です。新宿登戸間を通過連絡する連絡運輸の南武線側の範囲は武蔵中原から南多摩間となっています。

西武多摩川線の連絡乗車券と同時に購入しましたが、使用したのはこちらの乗車券の方が後でして、西武多摩川線是政駅を下車し、徒歩連絡で南多摩まで戻ってから使用しました。運賃が登録されているため、発券自体は非常にスムースでした。

南武線北部から渋谷までは武蔵溝ノ口で田園都市線に乗り換えるのが一般的ですが、同区間には連絡運輸の設定がありません。ただ、東急の溝の口から自由が丘経由で東横線渋谷までなら発券できるようです。旧新玉川線区間が連絡運輸から除外されているためなのですが、どうしてこのような中途半端な状態にしておくのでしょうか??

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

その他のカテゴリー

MSR/SR券 | POS券 | あさぎり | いすみ鉄道 | えちぜん鉄道 | くま川鉄道 | しなの鉄道 | その他端末券 | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | ケーブルカー・ロープウェイ・リフト等 | バス乗車券 | マルス券 | モノレール | 三陸鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電気鉄道 | 上田電鉄 | 乗船券 | 乗車券 | 井原鉄道 | 京成電鉄 | 京浜急行電鉄 | 京王電鉄 | 京阪電気鉄道 | 伊勢鉄道 | 伊豆急行 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 信楽高原鐵道 | 入場券 | 割引乗車券 | 北総鉄道 | 北越急行 | 北近畿タンゴ鉄道 | 北陸鉄道 | 十和田観光電鉄 | 南海電気鉄道 | 南阿蘇鉄道 | 名古屋鉄道 | 土佐くろしお鉄道 | 地方民鉄・三セク | 大井川鉄道 | 大手民鉄 | 天竜浜名湖鉄道 | 富士急行 | 富山地方鉄道 | 小湊鉄道 | 小田急電鉄 | 岳南鉄道 | 常備券 | 平成筑豊鉄道 | 弘南鉄道 | 愛知環状鉄道 | 料金券 | 旅行・地域 | 日本国有鉄道 | 明知鉄道 | 東京地下鉄 | 東京急行電鉄 | 東京臨海高速鉄道 | 東武鉄道 | 東海交通事業 | 松本電気鉄道 | 松浦鉄道 | 樽見鉄道 | 津軽鉄道 | 準常備券・車急式券 | 真岡鐡道 | 硬券 | 福井鉄道 | 福岡市交通局 | 秩父鉄道 | 箱根登山鉄道 | 線名略号・会社線名 | 肥薩おれんじ鉄道 | 臨時駅・臨時停車 | 自動券売機 | 航空券 | 補充券 | 西日本鉄道 | 西武鉄道 | 豊橋鉄道 | 趣味 | 近江鉄道 | 近畿日本鉄道 | 通過連絡運輸・複数社連絡運輸 | 連絡乗車券 | 連絡会社線単独券 | 遊戯鉄道・保存鉄道・その他ゲテモノ系 | 道の駅 | 遠州鉄道 | 野岩鉄道 | 鉄道 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阿武隈急行 | 鹿島臨海鉄道 | 黒部峡谷鉄道 | IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道 | JR九州 | JR北海道 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー