降りつぶし

無料ブログはココログ

伊豆急行

2013年11月26日 (火)

伊豆急行:マリンエキスプレス踊り子76号A特急グリーン券・指定券(グリーン)

R250105_izq_marinexpodoriko76_g

伊豆急下田駅の窓口にある伊豆下田1MR31発行のマリンエクスプレス踊り子76号指定券(グリーン)です。ご承知の方も多いかと思いますが、成田エクスプレス用のE259系を使用した臨時列車です。専用の制服やロゴなどを用意しているあたり、かなりの気合の入れ方が伺えます。

往路と同様復路も社線内の区間でグリーン車を利用し、伊東で下車しました。そのためきっぷは120mm券となっています。

R250105_izq_marinexpodoriko76_ag

こちらは料金券。伊豆急端末で発見されています。E259系のグリーン車をこの値段で利用できるのはやはりお得感があります。この車両、普通車/グリーン車共通して座席がかなりゆったりしていますし、個人的には在来線の列車で座席にコンセントが有るのもポイントが高いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年11月15日 (金)

伊豆急行:スーパービュー踊り子7号A特急グリーン券・指定券(グリーン)

R250104_izq_svodoriko7_g

伊豆急行伊豆高原2MR31発行のスーパービュー踊り子7号指定券(グリーン)です。2年連続で正月は伊豆旅行と相成りました。

拙blogでは何度も紹介していますが、会社線内完結のマルス券なので金額の入っていない120mm券で発行されています。また、席番を見てわかるように展望席の最前列です。実はこの前年に乗車した時も最前列を購入しましたが、私から希望したわけではなく出札氏の方が気を利かせて検索して頂いたものです。さすが観光路線だなぁと感心すること次第です。

R250104_izq_svodoriko7_ag

こちらは料金券。伊豆急の窓口端末で発券されています。会社線内のA特急グリーン料金はJRに比べるとだいぶ割安となっていますので乗り得な列車となっています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年11月10日 (日)

JR東海→伊豆急行:連絡乗車券

R250104_jrc_izq_renraku

JR東海御殿場線東山北から伊東接続で伊豆急行伊豆急下田までの連絡乗車券です。

小田原から伊豆急下田まで利用し、伊豆急線内のどこかで途中下車する予定でした。小田原から伊豆急下田までは100kmに満たない上JR側の全区間が東京近郊区間に含まれているためそのままでは途中下車が出来ません。

また、JRと伊豆急別々に乗車券を購入すれば伊豆急の営業規則により伊豆急線内では途中下車が出来たのですが、伊東で途中下車するかどうかは未定だし、買い直した場合乗車券は券売機のエド券になってしまうのでつまらない(要するにノープランでした(^^;)ので、JR側の発駅を100km以上かつ東京近郊区間外となる御殿場線の東山北発にして連絡乗車券を購入してみました。この券では新幹線経由となっていますが、御殿場線が東京近郊区間外となるため、新幹線経由しなくても途中下車可能な乗車券になります。

結果的に熱海・伊東で途中下車し、伊豆高原から乗車したのですが、熱海では混雑のため「そのままどうぞ」されてしまい下車印は伊東のみです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月19日 (金)

伊豆急行:乗車券(端末券)

R230103_izq_1

伊豆急下田16発行の伊豆急下田から伊東までの乗車券です。こちらは伊豆急の窓口端末で1月3日に購入したものです。

使用後に気づいたのですが、使用したのが1月4日だったのに日付が1月3日のままになっていました。同時購入したのが熱海までの特急券で、伊東から先の乗車券は別途購入してあることを伝えていたので、途中下車しないのが判っている状況でした。伊東までの乗車券なら2日間有効なので、3日から有効の先出し乗車券を渡されたのでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月14日 (日)

伊豆急行→JR東日本:スーパービュー踊り子8号特急券

R230104_izq_jre_svo8_1

伊豆下田2MR31発行のスーパービュー踊り子8号の特急券です。駅名が長く複数窓があり端末名も入れなければならないので発行箇所が窮屈になっています。

伊豆急下田で発券していますが、伊豆急とJRに跨っている連絡特急券なので運賃情報が入った85mm券で発行されています。

実は前日に買っていたのですが、当日10号車への変更をお願いしました。同じ列車での変更なので乗変扱いにはなっていません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月 9日 (火)

伊豆急行:リゾート踊り子号グリーン券・A特急グリーン券(マルス券:私鉄端末券)

R230103_izq_rodorikog_mars_1

伊豆高原1MR31発行のリゾート踊り子号(下り)のグリーン券です。こちらも前回同様伊豆急線内のみのため120mmの指のみ券となっています。が、料金券については伊豆急の端末があるのでそちらで発行されています。

R230103_izq_rodoriko_ag_1

こちらが伊豆急端末で発券された料金券です。踊り子号はB特急料金、スーパービュー踊り子・リゾート踊り子号はA特急料金と料金体系が違うのですが、券面はJRに倣って?A特急グリーン券となっています。

余談ですが、この券を購入時に窓口で「リゾート21なら普通列車でも乗れますよ」と勧められました。普通車ならば料金不要で同等の車両に乗れるのでこのような案内をされたのだと思うのですが、今回のお目当てはサロ2191「ロイヤルボックス」でしたので、丁重にお断りいたしました(^^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月 4日 (木)

伊豆急行:スーパービュー踊り子3号グリーン券・特急券(マルス券:常備券)

R230103_izq_svo3_g_mars_1_2 

スーパービュー踊り子3号のグリーン券です。特急料金の安い伊豆急線内のみの区間なのでグリーン車を奮発してみたところ、ラッキーなことに最前列が空いていました。

社線内相互間ということでマルスで発券できるのは120mmの指のみ券となります。以前紹介したように伊豆急の場合料金券は自社端末で発券されるのですが、伊東はJR東日本管理の共同使用駅なので伊豆急端末がなく、別途常備券が用意されていました。

R230103_izq_svo3_ag_joubi_1

伊豆急線内の特急料金は均一なので、下田までの常備券となっていました。伊豆急社章地紋のスーパービュー踊り子・リゾート踊り子共通の様式となっています。この券の様式も東武と同様座席指定に対応できるのですが、料金券・指のみ券2枚合わせてホチキス留めで渡されます。転記の際の誤記入による事故防止という観点もありますね

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年7月30日 (土)

伊豆急行:乗車券(JR東券売機券)

R230103_izq_ito_gesha

伊東駅で購入した伊豆急行線1570円区間までの乗車券です。こちらは伊豆急下田までの区間に該当します。

同駅はJRと伊豆急の共同使用駅で、伊豆急の出札がありません。窓口では乗車券が購入できないようなので、JRの券売機で購入することになります。そのためJRE地紋の伊豆急線内単独の乗車券となります。

さて伊豆急では24km以上の乗車券に途中下車の制度があります。箱根登山鉄道のようにsuica導入の際に廃止されてしまわないか心配だったのですが、幸いにもその心配は杞憂でした。

実際に伊豆高原で途中下車して下車印も捺してもらったのですが、感熱紙であることに加えてインクが赤っぽいオレンジ色、つまり券面とほぼ同系の色でしたので非常に見えにくくなっています。それに加えて下田で無効印を捺して頂く際におもいっきり重ね捺しされてしまいましたので、もはや判別不可能となってしまいました(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年1月23日 (土)

伊豆急行:小田急電鉄船車券

R210104_izq_oda_sensha_2

伊豆高原駅で発券された小田急電鉄の船車券です。伊豆急と小田急は連絡運輸をしていないのですが、伊豆急側ではこのような船車券を購入することができます。船車券ですので有効期間は一ヶ月、片道の他往復も購入することができます。

小田急側では南伊豆フリーパスを購入すると発駅~伊豆急下田までの往復乗車券が付くようなのですが、いかんせん価格が非常に高いうえ、伊豆方面は車で行くことが多いので未だ購入したことはありません(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年2月21日 (土)

伊豆急行→JR東日本・東海:連絡乗車券(新幹線自動改札の印字)

R210201_izq_jre R210201_izq_jre_sks

伊豆急行南伊東から東京山手線内(新幹線経由)の乗車券です。

駅窓口では新幹線経由で取手までまでの乗車券をお願いしたのですが、取手まではJRとの取り決めで在来線経由しか売れない。また、その乗車券で新幹線に乗車する事も不可であるという通達が来ている…との事で困ってしまいました。JR側の勝手な都合??を伊豆急の窓口で揉めても意味が無いので、仕方なく東京山手線内までの乗車券を購入しました。

目的は伊豆箱根の時と同じく、新幹線自動改札の赤印字ですから東京~上野間で東北新幹線も試す事ができます。ご覧のように問題なく通過できました。

乗車券の様式としては、伊豆箱根の端末券同様(幹)の印字があります。経由は「伊東・熱海・新幹線」となっていて「伊東線」が省略されていますが、伊豆箱根に比べたら標準的といえます。

ところで、この乗車券は新幹線経由なので2日間有効となっている訳ですが、熱海~品川間の在来線に乗車してはいけないという通達も来ているのでしょうか?うっかり逆を聞くのを忘れてしまいました。もし可能なら感熱紙の保持性からして、この手の乗車券で下車印を集めまくれば数年後には感熱印字が消えて下車印のみが残るのではないかと思うのですが(^^;;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

その他のカテゴリー

MSR/SR券 | POS券 | あさぎり | いすみ鉄道 | えちぜん鉄道 | くま川鉄道 | しなの鉄道 | その他端末券 | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | ケーブルカー・ロープウェイ・リフト等 | バス乗車券 | マルス券 | モノレール | 三陸鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電気鉄道 | 上田電鉄 | 乗船券 | 乗車券 | 井原鉄道 | 京成電鉄 | 京浜急行電鉄 | 京王電鉄 | 京阪電気鉄道 | 伊勢鉄道 | 伊豆急行 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 信楽高原鐵道 | 入場券 | 割引乗車券 | 北総鉄道 | 北越急行 | 北近畿タンゴ鉄道 | 北陸鉄道 | 十和田観光電鉄 | 南海電気鉄道 | 南阿蘇鉄道 | 名古屋鉄道 | 土佐くろしお鉄道 | 地方民鉄・三セク | 大井川鉄道 | 大手民鉄 | 天竜浜名湖鉄道 | 富士急行 | 富山地方鉄道 | 小湊鉄道 | 小田急電鉄 | 岳南鉄道 | 常備券 | 平成筑豊鉄道 | 弘南鉄道 | 愛知環状鉄道 | 料金券 | 旅行・地域 | 日本国有鉄道 | 明知鉄道 | 東京地下鉄 | 東京急行電鉄 | 東京臨海高速鉄道 | 東武鉄道 | 東海交通事業 | 松本電気鉄道 | 松浦鉄道 | 樽見鉄道 | 津軽鉄道 | 準常備券・車急式券 | 真岡鐡道 | 硬券 | 福井鉄道 | 福岡市交通局 | 秩父鉄道 | 箱根登山鉄道 | 線名略号・会社線名 | 肥薩おれんじ鉄道 | 臨時駅・臨時停車 | 自動券売機 | 航空券 | 補充券 | 西日本鉄道 | 西武鉄道 | 豊橋鉄道 | 趣味 | 近江鉄道 | 近畿日本鉄道 | 通過連絡運輸・複数社連絡運輸 | 連絡乗車券 | 連絡会社線単独券 | 遊戯鉄道・保存鉄道・その他ゲテモノ系 | 道の駅 | 遠州鉄道 | 野岩鉄道 | 鉄道 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阿武隈急行 | 鹿島臨海鉄道 | 黒部峡谷鉄道 | IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道 | JR九州 | JR北海道 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー