降りつぶし

無料ブログはココログ

京成電鉄

2014年2月 2日 (日)

京成電鉄:シティライナー080号シティーライナー券(振替輸送)

R250114_kes_cityliner80

京成電鉄のシティライナー080号のシティライナー券です。

シティライナーは、京成本線経由で上野と成田空港を結ぶ列車なのですが、成田スカイアクセス経由のスカイライナーと比べると時間がかかるためか利用率は芳しくなく、震災とその後の節電ダイヤを期に長らく運休状態が続き、現在ではわずか1往復のみとなっています。

そんなわずか1本しか無い列車に乗った理由は…というと話は長くなります。

まず以前紹介した成田へのゆきの乗車券は小田急からJRへの連絡乗車券。しかもこれは往復乗車券です。通常ならば帰りに京成に乗る必要制は全くありません。

ただ、この日は朝から横殴りの雨が降っており、土砂降りの中で成田山へのお参りを済ませ、新鉾田へ向かっていたのでした。前日の天気予報では都心でも雪が降るような予報だったのですが、毎年初詣に来ている経験では成田は都心より5度位気温が低いような印象を持っていたので大丈夫だろうと甘く見ていたのでした。

しかし、鹿島神宮から新鉾田へ向かっている頃から携帯には運行情報のメールがそれこそ滝のように入ってきました。内容は都心の積雪による遅延・抑止・運休etc…。やられました。千葉県の北東部は南風が吹き込んだので多少気温が高くなり雨となっていただけで、その他関東のほぼ全域が雪となっていたのでした。

新鉾田から列車に乗ると、その風の影響で成田線は架線切断・鹿島線は強風で抑止との情報が入ってきました。鹿島神宮から先は進めません。正直、詰んだと思いました。帰れなくなることも覚悟したのですが、出来る限り悪あがきをしてみようと頑張ってみました。

まずは鹿島神宮で降り、東京へのバスに乗ろうとしました。成田駅のロッカーに荷物を預けていましたが帰ることが優先です。しかしバスが来ません。どうやら東関道も通行止めになってしまったようです。水戸へ出ても常磐線がダメ。それではと今度はタクシーで水郷鹿島バスターミナルに向かいました。東京への路線は鹿島神宮と同様に運休となっていて、待合室は混乱していましたが、ここにはもう一路線、水戸から新鉾田を経由して成田空港へと向かうローズライナー号が立ち寄ります。待合室にはJRバスの出札窓口があるので、そこで運行状況を聞いてみると「他社なので判らない」とのつれない返事。仕方がなく待合室を出て土砂降りのバス停で待つことになりました。横殴りの雨の中十数分…バスが来ました!!

東関道へ入るとまもなく天気は雪になり、もうこの頃になると成田市内もかなり積もっていました。成田空港駅へ行ってみると、JRは止まっているものの京成は動いています。これでとりあえず都心までは帰れる見込みは付きました。が、ここまで戻ってこれたのなら成田駅のロッカーが気になります。いつ京成も抑止になるか心配でしたが、日暮里までは行かず、京成成田までの乗車券を購入し、荷物を回収するを優先しました。

京成成田で降り、JRの成田駅へ戻ってみたら予想通りの大混乱。京成への振替輸送の案内を一応していましたが、ここで問題となるのは私が持っている乗車券は成田空港発の乗車券。果たして振替票を貰えるのか心配だったのですが、駅員氏に事情を話し尋ねてみたところ大丈夫だとのことだったので、振替乗車票を頂くことが出来ました。そして京成成田駅へ戻るとシティーライナーの時間に調度よく、ライナー券を購入して乗車することが出来た次第です。

Dsc_0674_new

これがその時のきっぷです。小田急で発行した乗車券・京成が発行したライナー券・JRが発行した振替乗車票。こんなありえない組み合わせとなってしまいました。

Dsc_0673

これが帰りの車窓です。念のため書いておきますが、これは千葉県です。よくこんな状況で帰ってこれたものだなぁ…と。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年10月20日 (土)

JR東日本→京成電鉄:連絡乗車券

R240115_jre_kes_renraku_sky

JR東日本成田駅発行の成田から日暮里接続で京成成田空港線の成田湯川駅までの連絡乗車券です。

京成成田空港線とJR東日本は、同線開業時から連絡運輸をしていましたが、当初京成側からの片発売だったのですが、JR側からも購入することができるようになったとのことで購入してみました。

マルスには関東大手私鉄の運賃情報が入っていないことが多く、京成もご多分に漏れず…なのですが、この成田空港線だけは登録されていました。経由欄の「成田スカイ」がなんだかポップですね(笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年7月 7日 (木)

JR東日本→京成電鉄:連絡乗車券(成田接続)

R230110_jre_kes_renraku_narita_pos

JR成田線下総神崎401発行の同駅から京成の大佐倉までの連絡乗車券です。

成田・京成成田接続の連絡乗車券は以前も紹介しましたが、あまり知られていないようです。この下総神崎は成田から香取方面へ3つ目の駅なのですが、駅員氏は初めて売ったようです。

POS端末がどの区間の連絡乗車券も発券できてしまうので、誤発を恐れているという面もあるようでしたので、きちんと問題ないことを確認して売っていただきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年7月 2日 (土)

京成電鉄:乗車券(補片)

R230110_kes_hokata_1

京成電鉄東成田駅発行の、東成田から京成成田までの乗車券です。京成成田は東成田駅の隣駅ですが、補片で発行されています。

乗車券の経由と運賃を見て判るとおり、成田スカイアクセス(成田空港線)・京成高砂経由の大回り乗車券となっています。乗車経路は京成成田を二度通るいわゆる「6の字(P型)」乗車券ですが、東成田から成田空港線方面への運賃計算は、東成田-駒井野(信)-スカイアクセス線接続点(空港第二ビルから0.5km上野方)-成田空港線という経路で計算していますので通常の1本線(L型)です。また、経路に成田空港線を含む乗車券は高砂および接続点でそれぞれ打切り合算となっています。この場合は

東成田-接続点  130円

接続点-京成高砂 950円

京成高砂-京成成田640円

となり、合計1720円となりました。

この乗車券の経由ですが、空港第2ビル・京成高砂となっていますが、上記のとおり運賃計算上は空港第2ビル駅を経由しないことになっているので、成田スカイアクセスもしくは成田湯川などと記入するのが正しいのではないかな?と思います。

さてこの乗車券を購入するとき、東成田-東成田等を購入できないかと目論んだのですが、東成田-(成田湯川・高砂)-駒井野(信)で環状線一周になるのでこれを越える乗車券を発売することはできない、駒井野は信号場なので、実際に発売できるのは隣接する京成成田までという事で、このような乗車券を購入しました。

最後におまけ

この乗車券を購入するために、行きは京成成田から空港第2ビルへ行ったので、実乗車した時と合わせて二度空港第2ビルを利用したのですが、1度目は連絡通路で東成田へ向かい、二度目は乗換で中間改札を利用しただけだったので、二度ともセキュリティーエリアを通らなくて済んだという珍しい体験をしました(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年12月10日 (金)

鋸山ロープウェー:乗車券(片道)

R220808_nok_sanchou_1 R220808_nok_sanroku1

こちらは鋸山ロープウェーの山頂駅・山麓駅それぞれ発の片道乗車券です。矢印式のB型硬券です。緑系の淡色の券が多いので京成地紋の確認が難しいのですが、山頂からの片道券は橙色なので割と確認しやすいですね。

余談ですが、山麓駅発の往復券の社名は(鋸山ロープウェー)と読めますが、それ以外の券は(鋸山ロープウエー)と「エ」が大文字になっているようです。。。これをエラー券といったら酷でしょうか?(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年11月22日 (月)

鋸山ロープウェー:往復乗車券(鋸山山麓駅発行)

R220808_nok_sanroku_oufuku1 R220808_nok_sanroku_oufuku2

房総半島にある鋸山ロープウェイの往復乗車券です。ロープウェイの乗車券というと先日紹介したSLもおか号の乗車証明証のような記念券様式の物が多いのですが、こちらは京成地紋の硬券が健在です。当然ながら発行数も多く循環記号が29となっています。

この日は生憎の小雨交じりの天気で眺めはそこそこ良かったのですが、日本寺への遊歩道が工事中で道幅が狭く、しかもぬかるんでいたので地獄のぞきへ行くのは泣く泣く諦めました。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年7月29日 (木)

京成電鉄→北総鉄道:連絡乗車券(印旛日本医大接続:乗継割引?)

R220718_kes_hok_renraku

7月17日に開業した京成成田空港線(成田スカイアクセス)成田湯川から570円区間(小児290円)の連絡乗車券です。これは印西牧の原までに該当します。京成高砂~印旛日本医大間は北総鉄道と京成成田空港線が重複していますが、京成としての駅はアクセス特急が停車する京成高砂・東松戸・新鎌ヶ谷・千葉ニュータウン中央・印旛日本医大のみで、それ以外の駅は北総単独の駅となります。その他色々ややこしい取り決めがあるようですが、成田湯川~成田空港間の各駅と京成高砂~印旛日本医大の各駅との相互間の乗車券は印旛日本医大接続の連絡乗車券となるようです。運賃はそれぞれの区間を合算し、単独の賃率に合わせて差額を割り引くという事のようですが。。。。以前紹介した東成田までの乗車券もそうなのですが、なにしろ運賃体系がややこしすぎて全く理解出来ていません。。。

券面は社名の(京成電鉄)と路線愛称の成田スカイアクセスの記載があり、運賃計算上の接続駅である「印旛日医経由」とありますが、券面の運賃は通算のみなので一見して連絡乗車券とは判りづらいですね。

最後に、帰宅してからPASMOの履歴を見てみたところ、こんな表示でびっくりしました。Naritayukawa

未登録駅とは・・・ますます謎が深まる成田スカイアクセスでございました(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年7月22日 (木)

京成電鉄・成田スカイアクセス:入場券・乗車券(成田湯川駅発行)

R220718_kes_yukawa630_2build 

7月17日に開業した京成成田空港線(成田スカイアクセス)成田湯川駅発行630円区間の乗車券です。フォーマットは京成の他の区間のものと同じですね。630円は空港第二ビル経由東成田までの運賃ですが、これはどのような根拠で計算されたのでしょうか?京成時刻表には『京成本線京成成田以西の各駅と成田スカイアクセス成田湯川以西の各駅相互間を空港第2ビル経由で乗車する場合は、京成本線と成田スカイアクセスの接続点(空港第2ビル駅から京成上野方に0.5kmの位置)経由の営業キロ程で計算します』とありますが、賃率や運賃表の記載はありませんし、これでは東成田は判りません。

Dscn0447

こちらは運賃表です。空港第2ビル経由は海神以西の各駅の口座がありました。見てお判りのように、成田湯川から東成田へは空港第2ビルと京成成田で2回折り返さないと目的地にたどり着けず、『三段式スイッチバック乗車』となっております。

R220718_kes_naritayukawa_in

次に成田湯川駅の入場券を紹介します。乗車券では省略されている(京成電鉄)のきさいがあります。また、料金が¥190.と本線より高くなっていますが、これは北総の初乗り運賃と同額になっていますね。

ところで私は開業の翌日に行ったのですが、記念乗車券はおろか、補片・補往まで売り切れで印刷会社に発注しないと行けない。。。といったありさまでした。その代わりになるかどうかわかりませんが、無効印を頂いてきました。

この日の同駅は撮り鉄と160km/hを体感しに来た人と物珍しさで訪れた近所の人で混雑するでもなく閑散ともしているわけでもなく、のんびりした雰囲気でした。

Dscn0459

駅を一歩出るとJR成田線(我孫子線)が交差しており、こんな「いい感じ」なシチュエーションとなっていましたが、北千葉道路の建設や、将来JR側に駅が開設されるとしたら大きく変わるでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

その他のカテゴリー

MSR/SR券 | POS券 | あさぎり | いすみ鉄道 | えちぜん鉄道 | くま川鉄道 | しなの鉄道 | その他端末券 | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | ケーブルカー・ロープウェイ・リフト等 | バス乗車券 | マルス券 | モノレール | 三陸鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電気鉄道 | 上田電鉄 | 乗船券 | 乗車券 | 井原鉄道 | 京成電鉄 | 京浜急行電鉄 | 京王電鉄 | 京阪電気鉄道 | 伊勢鉄道 | 伊豆急行 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 信楽高原鐵道 | 入場券 | 割引乗車券 | 北総鉄道 | 北越急行 | 北近畿タンゴ鉄道 | 北陸鉄道 | 十和田観光電鉄 | 南海電気鉄道 | 南阿蘇鉄道 | 名古屋鉄道 | 土佐くろしお鉄道 | 地方民鉄・三セク | 大井川鉄道 | 大手民鉄 | 天竜浜名湖鉄道 | 富士急行 | 富山地方鉄道 | 小湊鉄道 | 小田急電鉄 | 岳南鉄道 | 常備券 | 平成筑豊鉄道 | 弘南鉄道 | 愛知環状鉄道 | 料金券 | 旅行・地域 | 日本国有鉄道 | 明知鉄道 | 東京地下鉄 | 東京急行電鉄 | 東京臨海高速鉄道 | 東武鉄道 | 東海交通事業 | 松本電気鉄道 | 松浦鉄道 | 樽見鉄道 | 津軽鉄道 | 準常備券・車急式券 | 真岡鐡道 | 硬券 | 神戸電鉄 | 福井鉄道 | 福岡市交通局 | 秩父鉄道 | 箱根登山鉄道 | 線名略号・会社線名 | 肥薩おれんじ鉄道 | 臨時駅・臨時停車 | 自動券売機 | 航空券 | 補充券 | 西日本鉄道 | 西武鉄道 | 豊橋鉄道 | 趣味 | 近江鉄道 | 近畿日本鉄道 | 通過連絡運輸・複数社連絡運輸 | 連絡乗車券 | 連絡会社線単独券 | 遊戯鉄道・保存鉄道・その他ゲテモノ系 | 道の駅 | 遠州鉄道 | 野岩鉄道 | 鉄道 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阿武隈急行 | 鹿島臨海鉄道 | 黒部峡谷鉄道 | IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道 | JR九州 | JR北海道 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー