降りつぶし

無料ブログはココログ

ケーブルカー・ロープウェイ・リフト等

2013年7月15日 (月)

宮ヶ瀬ダム周辺振興財団:インクライン割引乗車券

R240826_myd_inkline

宮ヶ瀬ダムのダムサイトには工事用のインクラインを観光用に転用したものがあり、ダム下の県立あいかわ公園と、水とエネルギー館や遊覧船乗り場がある湖畔を結んでいます。ケーブルカー然としていますが鉄道営業法によるものではなく、いわゆるリフトカーと同等の扱いのようです。

券売機は食券型です。通常300円なのですが、宮ヶ瀬ダムハイキングパスの割引で270円となっています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年5月 5日 (土)

宝登興業:割引往復乗車券

R230925_hod_sanroku_wariou_1

宝登山ロープウェイの割引往復乗車券です。往復運賃は800円なので1割引となっています。こちらは秩父鉄道や西武鉄道で発売されている企画乗車券などを提示して購入できます。通常の片道券はB型でしたが、こちらはA型券です。実際に使用しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年4月30日 (月)

宝登興業:片道乗車券

R230925_hod_sanroku_1

R230925_hod_sanroku_2

宝登山ロープウェイの山麓駅から山頂駅への片道乗車券です。往復券は短冊型の記念券様式なのですが、片道券には硬券が残っています。JPRてつどう地紋で日付の刻印はされずに発売されています。

R230925_hod_sanroku_ko_1

R230925_hod_sanroku_ko_2

こちらは小児専用券です。こちらがあるために大人券の方には小児断線がありません。おまけに山頂駅発行の片道乗車券も紹介します。

R230925_hod_sanchou_1

R230925_hod_sanchou_2

R230925_hod_sanchou_ko_1

R230925_hod_sanchou_ko_2

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年4月25日 (水)

宝登興業:入場券(宝登山ロープウェイ)

R230925_hod_sanroku_in_1

R230925_hod_sanroku_in_2

宝登山ロープウェイの宝登山麓駅の入場券です。宝登山ロープウェイは秩父鉄道長瀞駅から1kmほど離れた山麓駅と山頂駅を結んでいます。

ロープウェイの駅に入場券があるのは珍しいのではないでしょうか?

R230925_hod_sanchou_in_1

R230925_hod_sanchou_in_2

こちらは山頂駅の方の入場券です。訪れたのは昼頃だったのですが、鉛筆のチェックが入っていました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年5月31日 (火)

箱根ロープウェイ→箱根登山鉄道→小田急電鉄:三社連絡乗車券(準片)

R221003_har_hak_oda_renraku_haisats R221003_har_hak_oda_renraku_haisa_2 R221003_har_hak_oda_renraku_haisa_3

こちらはYOKOHAMAトレインフェスティバル2010で購入した箱根ロープウェイの準片二種類です。

箱根ロープウェイから箱根登山鉄道を経由し小田急電鉄の各駅までの3社連絡乗車券で、ロープウェイ・ケーブルカー・普通鉄道と3種類の鉄道を経由する珍しいものです。

箱根は私に取って身近な観光地で何度となく行きましたが、かつては硬券の宝庫だった箱根なのに、ほぼ必ず箱根フリーパスを使って箱根巡りをしていたのであまり手元には残っていないんですよね・・・。今考えるのと勿体無い限りです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年1月24日 (月)

天元台:ロープウェイ・リフト往復共通券

R221011_tng_oufuku

山形県米沢市にある天元台高原のロープウェイ・夏山リフトの往復共通券です。天元台は福島県との県境に近い白布温泉付近からロープウェイを登ったところにあります。ロープウェイの往復券と言えば記念券様式のものが多いのですが、こちらはスキー場ということもあり味気ない常備軟券??です。右側に入鋏がありますが、ロープウェイ・リフト往復の計4箇所が並んでいるため使用後はご覧のようにザックリ切り取られてこれまた残念な仕上がりとなってしまいました(--;

さて、この券にはこれまた事務的な領収印と共に20%割引の判子が押されています。券面は3200円となっていますが、これは既に10%の往復割引が適用されている金額なので、実際に支払ったのは2880円でした。

R221011_tng_waribiki

こちらはその20%割引を受けるために必要となる特別割引チケットです。この手の割引チケットはたいてい付近の観光施設などに置いてあるものなのですが、ここ天元台に限っては(探し方が悪かったのか)なかなか見つからず、半ばあきらめ気味で裏磐梯の民宿にチェックインしたところ、フロントに置いてありました。券には3400円とありますが、値上げ前の値段のようで、現在の通常料金(ママ)は3600円となっていました。

さて、ここの夏山リフトは、しらかば・しゃくなげ・つがもりの3本を乗り継いで北望台まで行くと軽く30分はかかります。往復では1時間超。ロープウェイの湯元駅からの標高差は900m!気温の差かなりあるので奥祖谷観光周遊モノレールよりもある意味過酷です。

私が以前ここに訪れたときには、夏場なのに、北望台の気温が十数度とあって乗らずに引き返しました。今回は紅葉シーズンなので防寒着を用意して挑んだのですが、北望台付近では雨にやられて酷い目に合いました。紅葉は最高でしたが。。。

Tengendaikoyo

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年1月18日 (火)

御岳登山鉄道:リフト往復券

R220829_mit_lift_oufuku_3 R220829_mit_lift_oufuku_4

御岳登山鉄道のリフト乗車券です。ケーブルカー御岳山駅近くの御岳平から大展望台までを結んでいます。距離はそれほど長くなく、運賃も往復で180円とリーズナブルです。乗車券は軟券ではありますがJPRてつどう地紋があるなかなか立派なものですね。

しかし裏面は一転して後から判子を押したと思われる「払戻しできません」の文字が…。滲みっぷりに得体のしれない凄みがあります(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年1月12日 (水)

御岳登山鉄道:周遊割引券(往復券)

R220829_mit_oufuku_waribiki_1 R220829_mit_oufuku_waribiki_2

御岳登山鉄道滝本駅発行の周遊割引券です。前回紹介した「奥多摩ハイキングフリーきっぷ」を窓口に提示することによって割引を受けることが出来ます。西武鉄道発行の切符で割引を受けることが出来ますが、御岳登山鉄道自体は京王グループに属しています。

JPRてつどう地紋のB型硬券で、往復券ですが中央にミシン目はなく相互式となっています。上部に(復)(往)とあり、入鋏位置を指定しているようです。ご覧のように往路のパンチは中央に入ってしまい社名が切り取られてしまいましたが…。

裏面には[往][復]とあり、やはり入鋏の位置を判別しやすくしているようですね。

発行場所の前の①は循環記号なのでしょうか??

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年12月28日 (火)

鬼怒高原開発:鬼怒川温泉ロープウェイ乗車券

R220912_kin_onsen_1 R220912_kin_onsen_2

鬼怒川温泉ロープウェイの温泉山麓駅発行の乗車券です。こちら往復券は記念券様式でしたが片道券は硬券が残っています。ただ、以前は東武地紋だったようですが、現在は無地紋でちょっと味気ないですね。。。

裏面の循環符号が②となっていますが、山頂駅からはハイキングコースがあるので片道券もそれなりに需要があるようです。

R220912_kin_maruyama_1 R220912_kin_maruyama_2

こちらは丸山山頂駅からの片道券です。やはり山麓駅よりも発行数が少ないですね。ここのロープウェイ、運転時刻が行ってみないと分からなかったのですが、山頂駅エリアに猿山があり、そこので散策時間を取ってあるようで、山頂でしばらく足止め??されました。山頂駅に着いても下り便の時刻が掲示していなかったのには思わず苦笑い。。。

R220912_kin_onsen

最後にこちらは温泉山麓駅のレシートです。上に鬼怒川ロープウェイ とあるのですが、インクを補充していないためほとんど見えませんね。これまた残念。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年12月22日 (水)

日本製紙総合開発:日光白根山ロープウェイ往復乗車券

Rdscn12843

日光白根山ロープウェーは、群馬県片品村にある丸沼高原スキー場にあるゴンドラの事ですが、こちらは尾瀬岩鞍スキー場のゴンドラと違って通年営業をしています。日光白根山への登山アクセスに使える他、券面にあるとおり山頂駅付近には足湯がありました。

ロープウェーの延長は2500mあり、標高2000mエリアまで上がっていったので猛暑の夏でもさすがに涼しく、足湯に使ってリフレッシュ…したまでは良かったのですが、下界に戻ると木の黙阿弥、うだるような暑さでございました。

ところで丸沼高原スキー場では夏期でもグラススキーやサマーリュージュなどで一部リフトも運行していましたが、時間がなくて利用を諦めました。事前の調査不足が悔やまれます。

ロープウェーの乗車券は記念券様式で、半券をもぎ取る形だったので使用前の状態の画像を紹介しています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

その他のカテゴリー

MSR/SR券 | POS券 | あさぎり | いすみ鉄道 | えちぜん鉄道 | くま川鉄道 | しなの鉄道 | その他端末券 | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | ケーブルカー・ロープウェイ・リフト等 | バス乗車券 | マルス券 | モノレール | 三陸鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電気鉄道 | 上田電鉄 | 乗船券 | 乗車券 | 井原鉄道 | 京成電鉄 | 京浜急行電鉄 | 京王電鉄 | 京阪電気鉄道 | 伊勢鉄道 | 伊豆急行 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 信楽高原鐵道 | 入場券 | 割引乗車券 | 北総鉄道 | 北越急行 | 北近畿タンゴ鉄道 | 北陸鉄道 | 十和田観光電鉄 | 南海電気鉄道 | 南阿蘇鉄道 | 名古屋鉄道 | 土佐くろしお鉄道 | 地方民鉄・三セク | 大井川鉄道 | 大手民鉄 | 天竜浜名湖鉄道 | 富士急行 | 富山地方鉄道 | 小湊鉄道 | 小田急電鉄 | 岳南鉄道 | 常備券 | 平成筑豊鉄道 | 弘南鉄道 | 愛知環状鉄道 | 料金券 | 旅行・地域 | 日本国有鉄道 | 明知鉄道 | 東京地下鉄 | 東京急行電鉄 | 東京臨海高速鉄道 | 東武鉄道 | 東海交通事業 | 松本電気鉄道 | 松浦鉄道 | 樽見鉄道 | 津軽鉄道 | 準常備券・車急式券 | 真岡鐡道 | 硬券 | 福井鉄道 | 福岡市交通局 | 秩父鉄道 | 箱根登山鉄道 | 線名略号・会社線名 | 肥薩おれんじ鉄道 | 臨時駅・臨時停車 | 自動券売機 | 航空券 | 補充券 | 西日本鉄道 | 西武鉄道 | 豊橋鉄道 | 趣味 | 近江鉄道 | 近畿日本鉄道 | 通過連絡運輸・複数社連絡運輸 | 連絡乗車券 | 連絡会社線単独券 | 遊戯鉄道・保存鉄道・その他ゲテモノ系 | 道の駅 | 遠州鉄道 | 野岩鉄道 | 鉄道 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阿武隈急行 | 鹿島臨海鉄道 | 黒部峡谷鉄道 | IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道 | JR九州 | JR北海道 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー