降りつぶし

無料ブログはココログ

バス乗車券

2013年7月10日 (水)

小田急電鉄:宮ヶ瀬ダムハイキングパス

R240826_oda_miyagase

小田急電鉄成城学園前01発行の宮ヶ瀬ダムハイキングパスです。

このフリーパスの自由乗降区間は本厚木から半原及び宮ケ瀬までの神奈中バスで、それに加えて発駅から本厚木までの往復乗車券がセットになったものです。

その他宮ヶ瀬ダムのインクラインや観光船などの割引を受けられるのですが、それぞれの連絡はあまり良くありません。特に半原側の最寄りバス停である半原大橋と宮ヶ瀬ダム下に広がる県立あいかわ公園の間は結構な高低差があり、つづら折りの坂が続きます。まさに宮ヶ瀬ダム周辺で「ハイキング」をするためのパスです。

単に宮ヶ瀬ダムで遊んで巡るとしたら、宮ケ瀬方面から半原へ向かったほうが楽だと思います。本っっっ当に大変な目に会いました。せめてあいかわ公園の入口までバスが来たら違ったのですが…。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年6月30日 (日)

藤沢SL少年団:藤沢ミニ鉄道乗車券

小田急百貨店藤沢店で行われた「のりものフェスタ」でミニ列車の運行を行なっていたのは「藤沢SL少年団」という団体でした。主に藤沢市の鵠沼運動公園にあるSL広場で活動を行なっているようで、静態保存されているC11245の整備と、毎月第二日曜日にミニSLの運転会を行なっているということなので、行ってみました。

鵠沼運動公園(八部公園)は小田急江ノ島線鵠沼海岸から徒歩15分ほどの場所にあります。駅から向かうと公園の奥の方にSL広場があり、その外周に5インチのレールが敷かれています。踏切やプラットホーム・改札や出札口もありなかなか本格的です。いわゆる駅務は小学生の少年団員が担当していて、出札で乗車人数を申告して乗車券を貰い、改札を受けて乗車するという流れになります。

のりものフェスタの際には立派な硬券を用意していたので、通常業務?ではどのような乗車券が出てくるのかとみてみると、小屋の奥にはノートパソコンとプリンタがあります。乗車券はそちらで発券していました。

R250210_fsl_ko_2

R250210_fsl_otona

こちらがその乗車券です。フォーマットはJRの券売機風でなかなか凝っていますね。改札2ラッチあり、それぞれで入鋏されましたので鋏痕が異なっています。

ところでこの切符の地紋ですが、どこかで見たことがあります。食券型券売機でよく使われているもののようです。手持ちを探してみたらやはりありました。

R240103_oig_bussumatakyo

千頭駅前の寸又峡温泉ゆきバスのりばにある食券型券売機で購入した乗車券がこの地紋でした。汎用の地紋なんでしょうか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年2月 9日 (土)

JR東海バス:セレナーデ1号バス乗車券

R240623_jcb_serenade1

名古屋と広島を結ぶ「セレナーデ号」のバス乗車券です。

この路線はJR東海バスと中国ジェイアールバスが共同運行で、JR東海の窓口でも購入することができます。マルスで購入するメリットは特に無いのですがあえて購入してみました。

当日は新幹線で名古屋入りしました。乗車したのがのぞみ129号岡山行。翌日は岡山近辺を乗り潰す予定だったので終点まで乗っていればいいじゃないの?って話になりますが、福塩線と井原鉄道が未乗で、早朝に塩町側から乗車したかったため、こちらに乗車しました。

かなり快調なペースで運行し、あわよくば三次で1本前の府中行きに乗車できるかな!?と淡い期待を抱いてしまいましたが、三次IC手前の七塚原SAで休憩を取りしっかり定時運行で三次に到着しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年12月19日 (水)

神奈川中央交通:預り金引換証

R240206_knc_hikikae_1

久々の「きっぷのようできっぷではない」ものです。

所用のため神奈中バスにPASMOで乗車したところ、運賃を20円多く引き落とされてしまいました。乗車したのが「運賃先払だけれども2区間制運賃」の路線で、私が乗車する区間は安い方の運賃だったのです。どうやら乗車時に運転手に申告しなければならなかったようなのですが、初めて乗った区間だったため勝手がわからず失敗してしまいました。

その際返金の代わりに渡されたのがこの「預り金引換証です」回数券のように10円単位の連綴り式となっています。

この件の存在を全く知らなかったのですが、思わぬ形で地紋入りの券を手に入れることができました。裏面も印刷されていたのですが、ほぼ全面に運転手の個人名が大きく押印されていたので省略しますm(_ _)m

が、その所用の帰りPASMOを無くしてしまいました。悲喜こもごもです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年9月27日 (木)

大井川鐵道→大井川鐵道バス:連絡乗車券

R240108_oig_bus_renraku_kanaya_1

大井川鐵道金谷から千頭接続で寸又峡温泉までのバス連絡乗車券です。

こちらは先日紹介した千頭からのものと違い赤地紋となっています。電車急行券やJRの近距離区間のものと同様ですね。

R240108_oig_bus_renraku_kanaya_2

こちらは裏面。区変についての注意書きが書かれているように、差額を支払えば奥泉まで井川線を利用する事もできます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年9月22日 (土)

大井川鐵道→大井川鐵道バス:連絡乗車券

R240103_oig_bus_renraku_senzu_1

大井川鐵道千頭駅から井川線奥泉接続で寸又峡温泉までのバス連絡乗車券です。

井川線関連の乗車券なので黄色地紋となっています。寸又峡温泉へのバスは千頭駅前から出ています。長島ダム建設による道路整備で所要時間も快適さも雲泥の差でバスのほうが良いのですが、井川線のトロッコをいわば観光乗車して奥泉からバスで寸又峡へ向かう層も無くも無いです。時刻表を見ると奥泉での乗り換え時間がタイトなものもありますが、バス/鉄道双方で連携して接続を取っていました。

R240103_oig_bus_renraku_senzu_2

こちらは裏面。経由に関する注意書きはありませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年9月 3日 (土)

南伊豆東海バス:往復乗車券

R230104_tkb_shimodadougashima_1 R230104_tkb_shimodadougashima_2

南伊豆東海バス下田駅前案内所で発券された、下田駅から堂ヶ島までの往復乗車券です。発券方法は前回紹介したものと同じで、プリンタに二枚用紙を差し込んでの印刷となりました。

乗車券の通用期間の表示は往復券でも変わっていて、開始日ではなく最終日となっています。この表示では判りにくいのか復路には判子も捺してあります。また、この区間には往復割引の設定があるので往復共に[割]の印字があります。

R230104_tkb_shimodadougashima_3

さて、こちらが裏面です。「普通・往復・団体・割引乗車券の場合、下車指定地での途中下車以外は前途無効となります」とあります。この指定地がどのくらいあるのか判りませんが、今回乗車した路線では松崎での途中下車が出来るようです。

また、右上が滲んでいますが、結露したペットボトルを持った直後に乗車券に触った程度でこのような状況になってしまいました。ペラ紙にインクジェット印刷なので注意が必要です(^^;

2011年8月29日 (月)

南伊豆東海バス:乗車券

R230103_tkb_shimodaminato_1

伊豆急下田駅前にある南伊豆東海バス下田駅前案内所発行の、下田駅から湊農協前までのバス乗車券です。

この乗車券、ごく普通の民生用インクジェットプリンタで印刷されたペラ紙です。パソコンに必要事項を打ち込み、この画像の倍のサイズの用紙で、予め地紋が(インクジェットで)印刷されている物を差しこむと、上半分に乗車券の表(この画像)、下半分に裏に相当する注意書きが印刷されて出来ました。それを半分に折りホチキス留めして出来上がりです。インクジェットの乗車券は会津鉄道でも導入されていますが、あちらはチケット専用プリンタを使用していましたので、東海バスの合理化っぷりには正直、唖然としました(^o^;)

この乗車券の通用期間が面白く、「のみ有効」という独特の表記となっています。右上には小田急のMSR端末のような数字が並んでいますが、どのような意味合いがあるのかは判りません。裏面についてはこの次に紹介します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年1月30日 (日)

東京湾フェリー→京急バス→京浜急行電鉄:連絡乗車券

R220808_twf_kqb_keq_renraku

東京湾フェリー金谷港発行のフェリー・バス・鉄道の3者連絡乗車券です。この時は久里浜からJRに乗車したので京急線部分は使用しなかったのですが、フェリー・バスの2社連絡の口座が見つからなかったのと、3者連絡は珍しいので購入してみました。内訳はフェリー¥700、バス¥190、鉄道¥130となっているようですね。

自販機の軟券ですが、券面は舵をデザインした独特の地紋で「金谷から京急バス経由京急線」と3者連絡が明確に分かるのでなかなか秀逸な乗車券だと思います

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年1月21日 (金)

JRバス関東:夢街道会津21号バス乗車券

R220911_jbk_yumekaidouaizu21

JRバス関東の夜行高速バス「会津夢街道21号」のバス乗車券です。最近の高速バスは各種割引がありますが、あえて無割引の窓口購入でマルス券を発券してみました。ついでにこれの後に乗る予定だった会津若松~塩川間の乗車券をお願いしてみたのですが、あっさり「現地で買ってください」と断られてしまいました(^^;

マルス券なので、当たり前ですが鉄道の指定券に準じたフォーマットになっています。ただ、着駅の時刻は表記されていません。一つ気になったのは乗車券の有効期間。日付を跨いでの運行なのに、1日間有効というのは矛盾のような気もしますが、これは継続乗車の扱いになるのでしょうかね??

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

その他のカテゴリー

MSR/SR券 | POS券 | あさぎり | いすみ鉄道 | えちぜん鉄道 | くま川鉄道 | しなの鉄道 | その他端末券 | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | ケーブルカー・ロープウェイ・リフト等 | バス乗車券 | マルス券 | モノレール | 三陸鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電気鉄道 | 上田電鉄 | 乗船券 | 乗車券 | 井原鉄道 | 京成電鉄 | 京浜急行電鉄 | 京王電鉄 | 京阪電気鉄道 | 伊勢鉄道 | 伊豆急行 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 信楽高原鐵道 | 入場券 | 割引乗車券 | 北総鉄道 | 北越急行 | 北近畿タンゴ鉄道 | 北陸鉄道 | 十和田観光電鉄 | 南海電気鉄道 | 南阿蘇鉄道 | 名古屋鉄道 | 土佐くろしお鉄道 | 地方民鉄・三セク | 大井川鉄道 | 大手民鉄 | 天竜浜名湖鉄道 | 富士急行 | 富山地方鉄道 | 小湊鉄道 | 小田急電鉄 | 岳南鉄道 | 常備券 | 平成筑豊鉄道 | 弘南鉄道 | 愛知環状鉄道 | 料金券 | 旅行・地域 | 日本国有鉄道 | 明知鉄道 | 東京地下鉄 | 東京急行電鉄 | 東京臨海高速鉄道 | 東武鉄道 | 東海交通事業 | 松本電気鉄道 | 松浦鉄道 | 樽見鉄道 | 津軽鉄道 | 準常備券・車急式券 | 真岡鐡道 | 硬券 | 神戸電鉄 | 福井鉄道 | 福岡市交通局 | 秩父鉄道 | 箱根登山鉄道 | 線名略号・会社線名 | 肥薩おれんじ鉄道 | 臨時駅・臨時停車 | 自動券売機 | 航空券 | 補充券 | 西日本鉄道 | 西武鉄道 | 豊橋鉄道 | 趣味 | 近江鉄道 | 近畿日本鉄道 | 通過連絡運輸・複数社連絡運輸 | 連絡乗車券 | 連絡会社線単独券 | 遊戯鉄道・保存鉄道・その他ゲテモノ系 | 道の駅 | 遠州鉄道 | 野岩鉄道 | 鉄道 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阿武隈急行 | 鹿島臨海鉄道 | 黒部峡谷鉄道 | IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道 | JR九州 | JR北海道 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー