降りつぶし

無料ブログはココログ

乗車券

2014年2月 5日 (水)

神戸電鉄→JR西日本:連絡乗車券(粟生接続)

R250303_kob_jrw_renraku_ichiba

神戸電鉄市場から粟生接続でJR線180円区間までの連絡乗車券です。

神戸電鉄の市場駅は無人駅ですが、自動券売機がありJRへの連絡乗車券の口座もありました。これは加古川線市場駅までに相当する区間の乗車券なのですが、金額式となっています。

ところでこのきっぷの体裁はかなり独特ですね。通常よく見られるエド券の社→JR連絡乗車券は中央部分にJRの区間の運賃が印字され、駅名は四角囲いの縦書きで接続駅です。そして右上には小さく発駅からの通算の発売額を印字というのが標準的だと思うのですが、こちらの券は中央やや上に大きく発駅から通算の発売額、右下に小さくJR区間の金額と、真逆になっています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2014年2月 2日 (日)

京成電鉄:シティライナー080号シティーライナー券(振替輸送)

R250114_kes_cityliner80

京成電鉄のシティライナー080号のシティライナー券です。

シティライナーは、京成本線経由で上野と成田空港を結ぶ列車なのですが、成田スカイアクセス経由のスカイライナーと比べると時間がかかるためか利用率は芳しくなく、震災とその後の節電ダイヤを期に長らく運休状態が続き、現在ではわずか1往復のみとなっています。

そんなわずか1本しか無い列車に乗った理由は…というと話は長くなります。

まず以前紹介した成田へのゆきの乗車券は小田急からJRへの連絡乗車券。しかもこれは往復乗車券です。通常ならば帰りに京成に乗る必要制は全くありません。

ただ、この日は朝から横殴りの雨が降っており、土砂降りの中で成田山へのお参りを済ませ、新鉾田へ向かっていたのでした。前日の天気予報では都心でも雪が降るような予報だったのですが、毎年初詣に来ている経験では成田は都心より5度位気温が低いような印象を持っていたので大丈夫だろうと甘く見ていたのでした。

しかし、鹿島神宮から新鉾田へ向かっている頃から携帯には運行情報のメールがそれこそ滝のように入ってきました。内容は都心の積雪による遅延・抑止・運休etc…。やられました。千葉県の北東部は南風が吹き込んだので多少気温が高くなり雨となっていただけで、その他関東のほぼ全域が雪となっていたのでした。

新鉾田から列車に乗ると、その風の影響で成田線は架線切断・鹿島線は強風で抑止との情報が入ってきました。鹿島神宮から先は進めません。正直、詰んだと思いました。帰れなくなることも覚悟したのですが、出来る限り悪あがきをしてみようと頑張ってみました。

まずは鹿島神宮で降り、東京へのバスに乗ろうとしました。成田駅のロッカーに荷物を預けていましたが帰ることが優先です。しかしバスが来ません。どうやら東関道も通行止めになってしまったようです。水戸へ出ても常磐線がダメ。それではと今度はタクシーで水郷鹿島バスターミナルに向かいました。東京への路線は鹿島神宮と同様に運休となっていて、待合室は混乱していましたが、ここにはもう一路線、水戸から新鉾田を経由して成田空港へと向かうローズライナー号が立ち寄ります。待合室にはJRバスの出札窓口があるので、そこで運行状況を聞いてみると「他社なので判らない」とのつれない返事。仕方がなく待合室を出て土砂降りのバス停で待つことになりました。横殴りの雨の中十数分…バスが来ました!!

東関道へ入るとまもなく天気は雪になり、もうこの頃になると成田市内もかなり積もっていました。成田空港駅へ行ってみると、JRは止まっているものの京成は動いています。これでとりあえず都心までは帰れる見込みは付きました。が、ここまで戻ってこれたのなら成田駅のロッカーが気になります。いつ京成も抑止になるか心配でしたが、日暮里までは行かず、京成成田までの乗車券を購入し、荷物を回収するを優先しました。

京成成田で降り、JRの成田駅へ戻ってみたら予想通りの大混乱。京成への振替輸送の案内を一応していましたが、ここで問題となるのは私が持っている乗車券は成田空港発の乗車券。果たして振替票を貰えるのか心配だったのですが、駅員氏に事情を話し尋ねてみたところ大丈夫だとのことだったので、振替乗車票を頂くことが出来ました。そして京成成田駅へ戻るとシティーライナーの時間に調度よく、ライナー券を購入して乗車することが出来た次第です。

Dsc_0674_new

これがその時のきっぷです。小田急で発行した乗車券・京成が発行したライナー券・JRが発行した振替乗車票。こんなありえない組み合わせとなってしまいました。

Dsc_0673

これが帰りの車窓です。念のため書いておきますが、これは千葉県です。よくこんな状況で帰ってこれたものだなぁ…と。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2014年1月31日 (金)

JR西日本→神戸電鉄:連絡乗車券(粟生接続:市場から市場ゆき)

R250303_jrw_kob_renraku_ichiba_mars

JR西日本加古川駅W1発行の加古川線市場から粟生接続で神戸電鉄市場までの連絡乗車券です。加古川線の市場は無人駅のため加古川駅で購入してみました。

両社の市場駅は加古川を挟んだ対岸に位置し、1.5kmほど離れています。異なる場所にある両駅ですが、JRと会社線の為、識別の識別の線名略号や会社名等のカッコ書きはありません。このような場合、大抵は相互の駅間が連絡運輸の範囲外なのですが、両駅は粟生接続での連絡運輸の範囲内のため同一文字の発着となる乗車券を購入することができました。

R250303_jrw_kob_renraku_ichiba_pos

こちらはPOS券。加古川線の市場が無人駅のため粟生で購入しました。JR西日本のPOS端末で長谷(はせ)→長谷(ながたに)を発券すると、マルス券には無い線名略号が付くそうなので今回のケースはどうなるのか試してみたのですが、ご覧のようにありませんでした。

さてこの神戸電鉄粟生線の市場駅、元々は「電鉄市場」という駅名でしたが、昭和63年に改称され現在の駅名となりました。関西の民鉄ではJRと同一駅名がある場合「京阪橋本」のように会社名+駅名と表記する場合が多いのですが、なぜか市場は会社名が付きません。おそらく改称以前は「電鉄市場」と表記していたと思いますので、電鉄が取れた際にこのようなことになってしまったのでしょうか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年12月 9日 (月)

鹿島臨海鉄道→JR東日本:連絡乗車券(違う会社の同一端末!?)

250113_kas_jre_renraku_kashimajingu

鹿島臨海鉄道新鉾田駅発行の鹿島サッカースタジアム接続でJR東日本鹿島神宮までの連絡乗車券です。

鹿島サッカースタジアム~鹿島神宮間はJR鹿島線に乗り入れている形なので必然的にこのような連絡乗車券として発売されます。

ところで鹿島臨海鉄道の新しい端末で乗車券を購入したのは初めてだったのですが、端末に見覚えがあります。このきっぷもなんだか初めてのような気がしません。家に帰って探してみたらやはり似たようなものがありました。

R231204_aoi_jre_renraku_noheji

青い森鉄道の端末で発行された乗車券が全く同じものでした。

鹿島臨海鉄道の旧端末はJR東日本の先々代のPOS端末と同一機種で同じものがしなの鉄道や東京臨海高速鉄道でも使われていましたが、端末を置き換えたら今度は青い森鉄道と同じ端末を使用することになってしまったようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年11月19日 (火)

JR東日本→鹿島臨海鉄道:連絡乗車券(鹿島サッカースタジアム接続)

R250114_jre_kas_renraku_shinhokota

JR東日本成田から鹿島サッカースタジアム経由で鹿島臨海鉄道新鉾田までの連絡乗車券です。

新勝寺でお参りをしたあと、帰るまで時間があったので成田駅のコインロッカーに荷物を置き、新鉾田まで行ってみました。鹿島臨海鉄道への連絡乗車券はマルスに運賃が入っているからか、はたまた比較的近く発行実績があるからなのか断られることなく買うことが出来ます。

経由欄の接続駅にはお馴染み「鹿島サッカースタジアム」がフルで印字されています。いつ見ても圧巻です(笑)

さて、特に目的もなくただ時間が余ったから…と行ってみたのですが、この選択で冷や汗をかくことになりました。その件はまた後日ということで。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年11月13日 (水)

小田急電鉄→JR東日本:連絡乗車券(成の字つながり)

250113_oda_jre_renraku_naritakuukou

小田急電鉄成城学園前から新宿接続でJR東日本成田空港までの連絡乗車券です。

以前JR側からの「成の字繫がり」の乗車券を紹介しましたが、こちらは小田急のMSR端末で発券した往復乗車券のゆき券です。

購入する際、登戸接続でお願いしてみたのですがJR側の運賃が登録されていなかったので発券できず、運賃が登録されていた新宿接続で発売して貰いました。

ところで、以前も紹介しましたが、これを購入した翌月にMSRの機能改修があったようで、JRの運賃口座が長距離区間を中心に削減されてしまいました。その後同区間の乗車券を購入したことはないのですが、購入できなくなっている可能性が高いことをお断りしておきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年11月10日 (日)

JR東海→伊豆急行:連絡乗車券

R250104_jrc_izq_renraku

JR東海御殿場線東山北から伊東接続で伊豆急行伊豆急下田までの連絡乗車券です。

小田原から伊豆急下田まで利用し、伊豆急線内のどこかで途中下車する予定でした。小田原から伊豆急下田までは100kmに満たない上JR側の全区間が東京近郊区間に含まれているためそのままでは途中下車が出来ません。

また、JRと伊豆急別々に乗車券を購入すれば伊豆急の営業規則により伊豆急線内では途中下車が出来たのですが、伊東で途中下車するかどうかは未定だし、買い直した場合乗車券は券売機のエド券になってしまうのでつまらない(要するにノープランでした(^^;)ので、JR側の発駅を100km以上かつ東京近郊区間外となる御殿場線の東山北発にして連絡乗車券を購入してみました。この券では新幹線経由となっていますが、御殿場線が東京近郊区間外となるため、新幹線経由しなくても途中下車可能な乗車券になります。

結果的に熱海・伊東で途中下車し、伊豆高原から乗車したのですが、熱海では混雑のため「そのままどうぞ」されてしまい下車印は伊東のみです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

JR東日本:乗車券(文字が増える!?)

R241208_jre_maeyachi

JR東日本石巻線の前谷地から陸羽東線の陸前谷地までの乗車券です。

前谷地と陸前谷地。運賃の小児¥160が示すように両駅は比較的近く19.4kmしか離れておらず、陸の字が増えています。川崎の海側に浜川崎があるように、地図を見ると前谷地の内陸側に陸前谷地があります。

ですが、両駅の読み方は「『まえ』やち」と「『りくぜん』やち」で読み方は全く違い、地域的な関連性は全く無さそうです。ただ、「谷地」は湿地帯などを意味するので、地形的な共通点はありそうですね。

以上、MVで乗車券を買う際にたまたま見つけてしまったしょうもない小ネタでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年11月 2日 (土)

近江鉄道→信楽高原鐵道:連絡乗車券

R241118_omi_sig_renraku_hino_1

近江鉄道本線日野から貴生川接続で信楽高原鐵道信楽までの連絡乗車券です。 この区間の券は以前も購入したことがあるのですが、口座落ちせず残っていたのでまた買ってしまいました。

R241118_omi_sig_renraku_hino_2

約4年で232枚売れたようです。平均すると週に一枚程度でしょうか(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年10月31日 (木)

小田急電鉄:小田急・世田谷線散策きっぷ

R241215_oda_toq_setagaya_1

小田急電鉄祖師ヶ谷大蔵駅発行の『小田急•世田谷線散策きっぷ』です。

フリーエリアは小田急小田原線の下北沢~成城学園前間と東急世田谷線となっています。

R241215_oda_toq_setagaya_2

こちらは裏面。概ね世田谷区内が対象エリアとなっていますが、同区内でも東北沢と喜多見がエリア外となっています。期間限定の発売だったのですが、再び発売開始されたようで、週末限定で平成25年10月現在発売されています

この券、ご覧のように常備券のみの発売でした。小田急では全駅にMSR端末を導入した時を境に乗車券類はほぼ磁気券のみの発売となってしまいました。超積極的に発売していた記念乗車券・記念入場券の類の発売を一切やめてしまい、このような常備券の企画乗車券もなくなってしまい非常に残念に思っていました。補充券により乗車券類の発売が難しくなったのもこの頃と記憶しています。

近頃ようやくそれが変わってきたようです。最近では各社色々な記念券を発売しているのが影響したのでしょうか?

ところで小田急には改札スタンプが無いので改札鋏が現役です。小田急は全69駅の鋏の形状が違うのですが、祖師ヶ谷大蔵の階段状の鋏痕を久々に見ました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

MSR/SR券 | POS券 | あさぎり | いすみ鉄道 | えちぜん鉄道 | くま川鉄道 | しなの鉄道 | その他端末券 | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | ケーブルカー・ロープウェイ・リフト等 | バス乗車券 | マルス券 | モノレール | 三陸鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電気鉄道 | 上田電鉄 | 乗船券 | 乗車券 | 井原鉄道 | 京成電鉄 | 京浜急行電鉄 | 京王電鉄 | 京阪電気鉄道 | 伊勢鉄道 | 伊豆急行 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 信楽高原鐵道 | 入場券 | 割引乗車券 | 北総鉄道 | 北越急行 | 北近畿タンゴ鉄道 | 北陸鉄道 | 十和田観光電鉄 | 南海電気鉄道 | 南阿蘇鉄道 | 名古屋鉄道 | 土佐くろしお鉄道 | 地方民鉄・三セク | 大井川鉄道 | 大手民鉄 | 天竜浜名湖鉄道 | 富士急行 | 富山地方鉄道 | 小湊鉄道 | 小田急電鉄 | 岳南鉄道 | 常備券 | 平成筑豊鉄道 | 弘南鉄道 | 愛知環状鉄道 | 料金券 | 旅行・地域 | 日本国有鉄道 | 明知鉄道 | 東京地下鉄 | 東京急行電鉄 | 東京臨海高速鉄道 | 東武鉄道 | 東海交通事業 | 松本電気鉄道 | 松浦鉄道 | 樽見鉄道 | 津軽鉄道 | 準常備券・車急式券 | 真岡鐡道 | 硬券 | 神戸電鉄 | 福井鉄道 | 福岡市交通局 | 秩父鉄道 | 箱根登山鉄道 | 線名略号・会社線名 | 肥薩おれんじ鉄道 | 臨時駅・臨時停車 | 自動券売機 | 航空券 | 補充券 | 西日本鉄道 | 西武鉄道 | 豊橋鉄道 | 趣味 | 近江鉄道 | 近畿日本鉄道 | 通過連絡運輸・複数社連絡運輸 | 連絡乗車券 | 連絡会社線単独券 | 遊戯鉄道・保存鉄道・その他ゲテモノ系 | 道の駅 | 遠州鉄道 | 野岩鉄道 | 鉄道 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阿武隈急行 | 鹿島臨海鉄道 | 黒部峡谷鉄道 | IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道 | JR九州 | JR北海道 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー