降りつぶし

無料ブログはココログ

松浦鉄道

2012年6月17日 (日)

松浦鉄道:乗車券

R230816_mat_saseboc_1

松浦鉄道佐世保中央駅発行の佐世保中央から中佐世保までの乗車券です。以前「日本一短い!?往復乗車券」を紹介しましたが、こちらは日本一短い片道乗車券です。

以前伊万里駅で購入した補片もそうだったのですが、発駅・発行駅共に補充式となっています。

R230816_mat_saseboc_2

こちらは裏面。連絡運輸範囲に収まっている範囲限定の注意書きですが、九大学研都市が開業以前の様式ですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2009年7月21日 (火)

松浦鉄道:特別補充券(佐世保駅発行)

R210504_mat_shuppo_1 R210504_mat_shuppo_2

松浦鉄道の特別補充券(出補)です。よく訪れる場所ですし、頼めば基本的には断られないということが判っているとついつい後回しになってしまう・・・という典型的パターンで今まで購入していなかったのですが、今回意を決して??お願いしました。

浩然斎さんのblog「きっぷあれこれ啓上候」の記事『【松浦鉄道】特別補充券(佐世保→佐世保中央)』によりますと、松浦鉄道の出補には誤植があるということでしてが、私が購入したものでも直っていませんでした。「再掲」が「再」に、「入鋏」が「入」となっています。一年半以上経過しているのですが、裏面を見てお分かりのように新券は刷っていないようです。今後どうなるのでしょうね??

その裏面を見てみますと、(1)は連絡運輸の範囲である九州内に限定して記載されていますが、九大学研都市の記載がありませんので平成17年9月より前に作成されたものなのでしょう。また(2)に途中下車の規定が書かれているためか、表の記事欄に「下車前途無効」が記載されていません。補片の場合にはこの(2)の記述が無いので100km以下の場合には「途中下車前途無効」の印が押されます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月15日 (水)

松浦鉄道:佐世保駅精算済票(ハウステンボス直通6327D)

210504_mat_saseboseisan

松浦鉄道からJR九州への直通列車6327Dで佐世保駅に到着し、車内精算したときに渡される精算済票です。直通列車はJRのホームに到着するので何らかの取り扱いがされると思い中佐世保~佐世保間で乗車してみたのですが、このようなものを渡されました。

精算済票といえば、JRなどとの有人の共同使用駅で改札を出る時車内で精算済であるということを証明するのが主な役割でありますが、ここの場合はちょっと変わっています。

松浦鉄道からJR九州への乗り入れは平成21年3月改正から復活しましたが、その際の運賃支払方法は「境界駅の佐世保で全乗客がいったん精算する」というものです。佐世保で降りる客はもちろん、早岐やハウステンボスまで乗り通す乗客もいったん席を離れて精算し、降車駅で再度精算するという二度手間を強いられていました。途中駅なのにもかかわらず、全員が席を立って運転室の精算箱に並ぶ光景は、ちょっと異様にも思えました。この方法では、事業者側にとっては事後の運賃精算をしなくて済むというメリットが考えられますが、乗客にとってはいい迷惑ですね。

私は佐世保で下車したのですが、注意書きに「車内または改札口のJR係員にお渡しください。」とあるように、佐世保以南に乗り通す乗客にも手渡されていました。無人駅の日宇と大塔では降車時に運転士に渡すのでしょうが、有人駅の早岐とハウステンボスでは車内と改札のどちらで精算するのでしょうね??

松浦鉄道では乗車券を購入できる駅が限られて、なおかつ乗車券の車内販売も(おそらく)行っていません。このような中途半端な状況を解消する方法は無いのでしょうか?西肥バスなどと絡めたIC乗車券の導入計画もあるようですが、これが実現するのは当分先ですし、とりあえずは通しでの現金精算か車内での連絡乗車券の発売をお願いしたいところですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年5月22日 (金)

JR九州→松浦鉄道:連絡乗車券(佐世保接続:JR九州電話予約サービス)

R210503_jrq_mat_kouda

一見「あれ??」って思う着駅ですが、JR九州の北九州市内から佐世保接続で松浦鉄道神田駅までの連絡乗車券です。神田のよみは「こうだ」です。見てのとおり同名駅に付く線名・会社名の括弧書きはありません

この乗車券、JR九州の電話予約サービスで「門司港から神田まで」とお願いしたのですが、経由欄が大胆に省略されています。松浦鉄道との接続駅及び社線名をきちんと入れるためなのでしょうか、鹿児島・日豊・久大・長崎本線が略されてることがわかります。

この券の受け取りは小倉駅MV3となっていますが、これは受け取り専用のMV40端末です。電話予約の受け取りに使用したのは初めてでしたが、クレジットカードを挿入するだけで受け取ることが出来て非常に便利でした(窓口では予約番号も必要)

ところで松浦鉄道の大学駅で途中下車しようとした所、ワンマン運転士に止められてしまいました。「券面表示の都区市内各駅下車前途無効」を全区間だと勘違いしていたようですが、間違いを指摘してもあまり納得されていないようでした。JRからの連絡乗車券で何度か途中下車していますが、止められたのは初めです。不意を衝かれたような感覚になりましたが、理論武装が大事なことを改めて実感しました(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2008年12月21日 (日)

JR九州:電話予約サービス(その3:JR九州→松浦鉄道連絡乗車券(佐世保接続))

R201123_jrq_matsuurarenraku

北九州市内から、佐世保経由松浦鉄道佐世保中央までの連絡乗車券です。JR九州と松浦鉄道の連絡運輸範囲の最遠は小倉まで・・・ということで、実質北九州市内までとなります。

今回は85mm券で経由が多くなった場合にどの経由の表記が省略されるのかと思い、遠回りで発券してみたのですが、予約の際に「小倉から佐世保中央まで」とお願いしたところ、最初の2路線の「鹿児島・日豊」が省略されています。また、終わりの方も省略されてしまうので「佐世保線・佐世保・松浦鉄道」も記載なしです。

この場合、早岐から「佐世保線・有田・松浦鉄道」という選択肢もあるのでボールペンで追記するのが丁寧な対応だと思います。ま、値段が変わってくるので良く考えれば判ることですが。

2008年11月16日 (日)

JR九州→松浦鉄道:連絡乗車券(佐世保接続)

R201102_jrq_matsuurarenraku

伊万里駅のPOSで発行した松浦鉄道連絡乗車券です。普通はこんな経路で発券する人はいないでしょうが、別途「久保田からバルーンさが」の乗車券を同時購入したので駅員さんも意図を察してくれたようです(笑)

経由は接続駅の他に社線名も印字されていてわかりやすいです。

山本での接続はほぼ同時に進入してスムーズに乗換できましたが、当日の唐津線は「唐津くんち」と「佐賀バルーンフェスタ」を結んでいたので、3連でも結構な混雑でした。

R201102_jrq_bsagarenraku

バルーンさが駅で連絡運輸の運賃が設定されているのか試してみたくなって購入してみました。結局伊万里発の乗車券はバルーンさが行で良かったのではないか…という突っ込みは無用です(笑)

ちなみに、松浦鉄道からバルーンさがまでの連絡乗車券を伊万里と佐世保中央で購入しようと試しましたが、どちらも発売してもらえませんでした。

2008年11月12日 (水)

JR九州→松浦鉄道→JR九州:バルーンさが駅発通過連絡運輸(有田⇔伊万里)

R201102_jrq_bsagatuukarenraku

バルーンさが駅発松浦鉄道有田・伊万里経由上伊万里までの通過連絡券です。鳥栖から引き続き乗車する時に使用した券です。

松浦鉄道有田~伊万里間と唐津線久保田~山本間が未乗だったのですが、両線を繋ぐ筑肥西線との接続が良く、バルーンさが駅に戻るのに都合が良いこちら回りにしました。上伊万里で切った理由は、通過連絡運輸の乗車券が欲しかったため、且つ分割した残りの乗車券(目的地は佐世保)を100km以上にして久保田で途中下車できるようにするためです。

発行箇所は博多駅ですが、これといって何の支障も無く発券してもらえました。経由欄に両端の接続駅、そしてその間に連絡社線名が入るのは以前利用した他の通過連絡運輸の乗車券と同様です。松浦鉄道では伊万里⇔佐世保接続を乗車しているので、残るは有田⇔佐世保接続の全線乗り通すものですが、流石にこれを実行する予定はありません(^^;(全線を通過する通過連絡運輸はありませんでした。訂正いたします)

2008年10月24日 (金)

JR九州:指定料金券(MR佐世保と佐世保駅MR)

R201015_jrq_dnichirin R201015_jrq_yukuhashi21_201015_mr

博多⇔行橋間の自由席用2枚きっぷです。このきっぷで指定席を利用するときには別途\300または\500の指定利用券が必要になります。当然ですが指定利用券のみの利用はできません。指定券を発行し、その列車に乗り遅れてしまった場合、当日は後続列車の自由席に利用できますが、翌日以降有効期限までは乗車券のみ有効で特急料金は無効になってしまうので注意が必要です。が、この場合「指定券発行」印はありますが日付を記入するのを忘れているようです。

さて、この発行箇所ですが、「○MR佐世保」となっています。佐世保駅のみどりの窓口ではなく、自由通路の向かい側にある松浦鉄道旅行センターでの発行です。平日しか営業していないのでなかなか訪れる機会が無かったのですが、ようやく行くことができました。端末はMR31のようでしたが、機種名は印字されていませんね。プリカット紙が新品だったのか、異様に光沢を放っています(笑)

佐世保駅のみどりの窓口で発券されると発行箇所はこのようになります(再掲)

r200915_jrq.jpg

2008年10月18日 (土)

松浦鉄道:日本一短い!?往復乗車券(補充券)

201013_mat_oufuku 201013_mat_oufuku_2

九州ネタが続きますが、ここのところ月3回ペースで佐世保へ行ってます。おかげで佐世保バーガーは有名店から小さな店まで食べ比べしています(^^;

佐世保の中心街は文字通り佐世保中央でして、アーケードの中心部に時刻表が掲示してあり、ジャスコと病院に直結している松浦鉄道では数が少ない有人駅・・・というと、さも立派な駅と思われるでしょうが、その実態はトンネルに隣接し鬱蒼とした木々が茂るジャングルのような不思議な駅です。

その佐世保中央で隣の中佐世保までの往復券を切ってもらいました。駅間距離が日本一短い区間です。以前伊万里で購入した片道券は駅名部分が補充式でしたが、この往復券は常備式ですね。裏面の文面は片道券と同じで九大学研都市駅開業前に印刷されたもののようです。

中佐世保駅はホーム1本の無人駅です。高架橋と高台の間にあるので半高架駅のような感じです。わずかな距離なのですが、両駅の間には国道35号線が横切り、佐世保中央は繁華街で買い物客・中佐世保は体育文化会館の最寄で同鉄道のメインユーザーである中高生の運動部員の利用が多いように感じていますので、住み分けはなっているようです。ちなみに両駅間は微妙にカーブしているのとホーム位置との関係で見渡すことはできません。

※10/19の更新はお休みします。20日は更新できるかもしれませんが遅れると思います。

2008年10月 5日 (日)

JR九州→松浦鉄道→JR九州:通過連絡運輸(伊万里⇔佐世保)

R200915_jrq

佐世保駅のマルスで発券したJR→松浦鉄道→JRの通過連絡運輸乗車券です。佐世保駅-MRですがJRの発券です(笑)

JRと松浦鉄道の通過連絡運輸は、伊万里⇔有田経由・伊万里⇔佐世保経由のどちらも設定があるのですが、有田経由のほうが距離も時間も短いので、遠回りの佐世保経由ということを意識してか、経由の佐世保の所を赤ボールペンで囲んだ上で渡されました。大回り乗車券で経由が省略された場合に書き足されたことは何度もありますが、このようにしてもらったのは初めてです。

が、

この乗車券、乗車日を間違えるという大失態をしてしまい、記念にとっておける値段でもないので泣く泣く乗変しました。

R200914_jrq_matsuuratuukarenraku

こちらが実際に使用したものです。西唐津にPOS端末があるのを知らなかったので唐津で乗変しました。西唐津では改札スタンプを押してもらわずに入ってしまったのですが、良く考えるとこの先松浦鉄道は基本的に改札業務をしていないので、スタンプを押されないまま使用終了してしまう可能性が高かったので、JRの伊万里駅で押してもらいました。佐世保でもわざわざ下車印を押してもらう為に改札があるJR側に回りこんで下車したのですが、不審な行動だったためか怪訝な表情をされてしまい(ま、当たり前ですが(苦笑))、しかもあまり使用していないくて乾いてしまったのか使いすぎで潰れてしまっているのか印字が極めて不鮮明でした(しかも駅名小印ですねこれ)。

その他のカテゴリー

MSR/SR券 | POS券 | あさぎり | いすみ鉄道 | えちぜん鉄道 | くま川鉄道 | しなの鉄道 | その他端末券 | ひたちなか海浜鉄道 | わたらせ渓谷鐵道 | ケーブルカー・ロープウェイ・リフト等 | バス乗車券 | マルス券 | モノレール | 三陸鉄道 | 上信電鉄 | 上毛電気鉄道 | 上田電鉄 | 乗船券 | 乗車券 | 井原鉄道 | 京成電鉄 | 京浜急行電鉄 | 京王電鉄 | 京阪電気鉄道 | 伊勢鉄道 | 伊豆急行 | 伊豆箱根鉄道 | 会津鉄道 | 信楽高原鐵道 | 入場券 | 割引乗車券 | 北総鉄道 | 北越急行 | 北近畿タンゴ鉄道 | 北陸鉄道 | 十和田観光電鉄 | 南海電気鉄道 | 南阿蘇鉄道 | 名古屋鉄道 | 土佐くろしお鉄道 | 地方民鉄・三セク | 大井川鉄道 | 大手民鉄 | 天竜浜名湖鉄道 | 富士急行 | 富山地方鉄道 | 小湊鉄道 | 小田急電鉄 | 岳南鉄道 | 常備券 | 平成筑豊鉄道 | 弘南鉄道 | 愛知環状鉄道 | 料金券 | 旅行・地域 | 日本国有鉄道 | 明知鉄道 | 東京地下鉄 | 東京急行電鉄 | 東京臨海高速鉄道 | 東武鉄道 | 東海交通事業 | 松本電気鉄道 | 松浦鉄道 | 樽見鉄道 | 津軽鉄道 | 準常備券・車急式券 | 真岡鐡道 | 硬券 | 福井鉄道 | 福岡市交通局 | 秩父鉄道 | 箱根登山鉄道 | 線名略号・会社線名 | 肥薩おれんじ鉄道 | 臨時駅・臨時停車 | 自動券売機 | 航空券 | 補充券 | 西日本鉄道 | 西武鉄道 | 豊橋鉄道 | 趣味 | 近江鉄道 | 近畿日本鉄道 | 通過連絡運輸・複数社連絡運輸 | 連絡乗車券 | 連絡会社線単独券 | 遊戯鉄道・保存鉄道・その他ゲテモノ系 | 道の駅 | 遠州鉄道 | 野岩鉄道 | 鉄道 | 長野電鉄 | 関東鉄道 | 阿武隈急行 | 鹿島臨海鉄道 | 黒部峡谷鉄道 | IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道 | JR九州 | JR北海道 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー