降りつぶし

無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月28日 (木)

鹿島臨海鉄道:まなびピアin大洗開催記念入場券

R250114_kas_manabipia_1

R250114_kas_manabipia_2

鹿島臨海鉄道新鉾田駅で購入した「まなびピアin大洗 第18回全国生涯学習フェスティバル 開催記念入場券セット」です。

あまり記念券の類には手を出さないのですが、地紋入り入場券、しかも補片サイズという珍しさもあって購入してしまいました。このイベントを調べてみたところ平成18年に行われたとのことなので、かなり物持ちの良い記念入場券ということになります(笑)

今回はここで折り返す事にしたので、これと一緒に帰りの乗車券を購入したのですが、その際駅員氏に「大洗には行かないの??」と訝しげに尋ねられてしまいました。アニメ「ガールズ&パンツァー」の人気恐るべしと感じました。そして、あらからほぼ1年たっているのですが、その人気が未だ続いているのもまた凄いことです。大洗には数年来訪れていないのですが、アニメでの街おこしが非常にうまくいっているようですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年11月26日 (火)

伊豆急行:マリンエキスプレス踊り子76号A特急グリーン券・指定券(グリーン)

R250105_izq_marinexpodoriko76_g

伊豆急下田駅の窓口にある伊豆下田1MR31発行のマリンエクスプレス踊り子76号指定券(グリーン)です。ご承知の方も多いかと思いますが、成田エクスプレス用のE259系を使用した臨時列車です。専用の制服やロゴなどを用意しているあたり、かなりの気合の入れ方が伺えます。

往路と同様復路も社線内の区間でグリーン車を利用し、伊東で下車しました。そのためきっぷは120mm券となっています。

R250105_izq_marinexpodoriko76_ag

こちらは料金券。伊豆急端末で発見されています。E259系のグリーン車をこの値段で利用できるのはやはりお得感があります。この車両、普通車/グリーン車共通して座席がかなりゆったりしていますし、個人的には在来線の列車で座席にコンセントが有るのもポイントが高いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年11月19日 (火)

JR東日本→鹿島臨海鉄道:連絡乗車券(鹿島サッカースタジアム接続)

R250114_jre_kas_renraku_shinhokota

JR東日本成田から鹿島サッカースタジアム経由で鹿島臨海鉄道新鉾田までの連絡乗車券です。

新勝寺でお参りをしたあと、帰るまで時間があったので成田駅のコインロッカーに荷物を置き、新鉾田まで行ってみました。鹿島臨海鉄道への連絡乗車券はマルスに運賃が入っているからか、はたまた比較的近く発行実績があるからなのか断られることなく買うことが出来ます。

経由欄の接続駅にはお馴染み「鹿島サッカースタジアム」がフルで印字されています。いつ見ても圧巻です(笑)

さて、特に目的もなくただ時間が余ったから…と行ってみたのですが、この選択で冷や汗をかくことになりました。その件はまた後日ということで。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年11月15日 (金)

伊豆急行:スーパービュー踊り子7号A特急グリーン券・指定券(グリーン)

R250104_izq_svodoriko7_g

伊豆急行伊豆高原2MR31発行のスーパービュー踊り子7号指定券(グリーン)です。2年連続で正月は伊豆旅行と相成りました。

拙blogでは何度も紹介していますが、会社線内完結のマルス券なので金額の入っていない120mm券で発行されています。また、席番を見てわかるように展望席の最前列です。実はこの前年に乗車した時も最前列を購入しましたが、私から希望したわけではなく出札氏の方が気を利かせて検索して頂いたものです。さすが観光路線だなぁと感心すること次第です。

R250104_izq_svodoriko7_ag

こちらは料金券。伊豆急の窓口端末で発券されています。会社線内のA特急グリーン料金はJRに比べるとだいぶ割安となっていますので乗り得な列車となっています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年11月13日 (水)

小田急電鉄→JR東日本:連絡乗車券(成の字つながり)

250113_oda_jre_renraku_naritakuukou

小田急電鉄成城学園前から新宿接続でJR東日本成田空港までの連絡乗車券です。

以前JR側からの「成の字繫がり」の乗車券を紹介しましたが、こちらは小田急のMSR端末で発券した往復乗車券のゆき券です。

購入する際、登戸接続でお願いしてみたのですがJR側の運賃が登録されていなかったので発券できず、運賃が登録されていた新宿接続で発売して貰いました。

ところで、以前も紹介しましたが、これを購入した翌月にMSRの機能改修があったようで、JRの運賃口座が長距離区間を中心に削減されてしまいました。その後同区間の乗車券を購入したことはないのですが、購入できなくなっている可能性が高いことをお断りしておきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年11月10日 (日)

JR東海→伊豆急行:連絡乗車券

R250104_jrc_izq_renraku

JR東海御殿場線東山北から伊東接続で伊豆急行伊豆急下田までの連絡乗車券です。

小田原から伊豆急下田まで利用し、伊豆急線内のどこかで途中下車する予定でした。小田原から伊豆急下田までは100kmに満たない上JR側の全区間が東京近郊区間に含まれているためそのままでは途中下車が出来ません。

また、JRと伊豆急別々に乗車券を購入すれば伊豆急の営業規則により伊豆急線内では途中下車が出来たのですが、伊東で途中下車するかどうかは未定だし、買い直した場合乗車券は券売機のエド券になってしまうのでつまらない(要するにノープランでした(^^;)ので、JR側の発駅を100km以上かつ東京近郊区間外となる御殿場線の東山北発にして連絡乗車券を購入してみました。この券では新幹線経由となっていますが、御殿場線が東京近郊区間外となるため、新幹線経由しなくても途中下車可能な乗車券になります。

結果的に熱海・伊東で途中下車し、伊豆高原から乗車したのですが、熱海では混雑のため「そのままどうぞ」されてしまい下車印は伊東のみです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

JR東日本:乗車券(文字が増える!?)

R241208_jre_maeyachi

JR東日本石巻線の前谷地から陸羽東線の陸前谷地までの乗車券です。

前谷地と陸前谷地。運賃の小児¥160が示すように両駅は比較的近く19.4kmしか離れておらず、陸の字が増えています。川崎の海側に浜川崎があるように、地図を見ると前谷地の内陸側に陸前谷地があります。

ですが、両駅の読み方は「『まえ』やち」と「『りくぜん』やち」で読み方は全く違い、地域的な関連性は全く無さそうです。ただ、「谷地」は湿地帯などを意味するので、地形的な共通点はありそうですね。

以上、MVで乗車券を買う際にたまたま見つけてしまったしょうもない小ネタでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年11月 5日 (火)

小田急電鉄:ニューイヤー2号特別急行券

R241231_oda_newyear2

小田急電鉄のニューイヤー2号特別急行券です。

この列車は大晦日の夜から終夜運転を経て元旦の早朝にかけて運転される臨時列車です。毎年恒例となっているのですが、下り列車11本・上り2本が運転された中で明治神宮最寄りの参宮橋に停車するのはこの列車のみです。「初詣号」と名乗っていた頃は全列車停車していた事もあったのですが、年々数を減らしてしまいました。

さてこの列車を参宮橋で乗車しますと、発車まもなく終着と乗り換え路線の案内が始まります。新宿までわずか2駅ですからそうしないと間に合いません。自分の座席を探し当てて落ち着いた頃にはもう新宿構内でした。とはいえ乗車率はとても芳しいとはいえない状況でどこでも座り放題といった状況でしたが、、、。上りのニューイヤーエクスプレスがいつまで残るのかちょっと心配になってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2013年11月 2日 (土)

近江鉄道→信楽高原鐵道:連絡乗車券

R241118_omi_sig_renraku_hino_1

近江鉄道本線日野から貴生川接続で信楽高原鐵道信楽までの連絡乗車券です。 この区間の券は以前も購入したことがあるのですが、口座落ちせず残っていたのでまた買ってしまいました。

R241118_omi_sig_renraku_hino_2

約4年で232枚売れたようです。平均すると週に一枚程度でしょうか(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー