降りつぶし

無料ブログはココログ

« 秩父鉄道→JR東日本:連絡乗車券(寄居接続・発売終了へ!?-2) | トップページ | 秩父鉄道→JR東日本:連絡乗車券(熊谷接続・寄居接続:生き残った!?-1) »

2013年6月30日 (日)

藤沢SL少年団:藤沢ミニ鉄道乗車券

小田急百貨店藤沢店で行われた「のりものフェスタ」でミニ列車の運行を行なっていたのは「藤沢SL少年団」という団体でした。主に藤沢市の鵠沼運動公園にあるSL広場で活動を行なっているようで、静態保存されているC11245の整備と、毎月第二日曜日にミニSLの運転会を行なっているということなので、行ってみました。

鵠沼運動公園(八部公園)は小田急江ノ島線鵠沼海岸から徒歩15分ほどの場所にあります。駅から向かうと公園の奥の方にSL広場があり、その外周に5インチのレールが敷かれています。踏切やプラットホーム・改札や出札口もありなかなか本格的です。いわゆる駅務は小学生の少年団員が担当していて、出札で乗車人数を申告して乗車券を貰い、改札を受けて乗車するという流れになります。

のりものフェスタの際には立派な硬券を用意していたので、通常業務?ではどのような乗車券が出てくるのかとみてみると、小屋の奥にはノートパソコンとプリンタがあります。乗車券はそちらで発券していました。

R250210_fsl_ko_2

R250210_fsl_otona

こちらがその乗車券です。フォーマットはJRの券売機風でなかなか凝っていますね。改札2ラッチあり、それぞれで入鋏されましたので鋏痕が異なっています。

ところでこの切符の地紋ですが、どこかで見たことがあります。食券型券売機でよく使われているもののようです。手持ちを探してみたらやはりありました。

R240103_oig_bussumatakyo

千頭駅前の寸又峡温泉ゆきバスのりばにある食券型券売機で購入した乗車券がこの地紋でした。汎用の地紋なんでしょうか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

« 秩父鉄道→JR東日本:連絡乗車券(寄居接続・発売終了へ!?-2) | トップページ | 秩父鉄道→JR東日本:連絡乗車券(熊谷接続・寄居接続:生き残った!?-1) »

バス乗車券」カテゴリの記事

乗車券」カテゴリの記事

地方民鉄・三セク」カテゴリの記事

大井川鉄道」カテゴリの記事

遊戯鉄道・保存鉄道・その他ゲテモノ系」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

SL広場前で1口座忘れていました。
準片(半硬券)も有りました。

先日のりものフェスタ2015の帰りに寄ってみました。通常使用のパソコン券のほか非常用?に硬券、補充券類がかなり充実していました。ご紹介しますと、
SL広場前から ミニ鉄道乗車券(A型硬券常備)
同 小児用(A型硬券常備)
発駅補充券(B型硬券)←補充券Bという
同 小児用(B型硬券)
発駅補充券(A型軟券)
補充式入場券(B型硬券)
特別補充券A(出補)
特別補充券B(駅名式)
車内補充券(地紋有り、無しの2種)
回数券
すべて無料でしたが、寄付はしてきました。
ちなみに、のりものフェスタ2015会場でも特別補充券ABと硬券の補充券A(大・小)など発券してもらえました。こちらはもちろん有料でした。

コメントありがとうございます。

遊戯鉄道でもこだわりがあるのがこの藤沢鉄道少年団だと思います。

かつての切符(正式は硬券)は、乗車する前に鋏を入れてから駅に入場するのが一般的に有りました。自動改札機が導入されてから、切符に鋏を入れないで駅に入場する方法に変わりました。切符に書かれている地紋の件ですが、各鉄道会社(国鉄も、独自の地紋がありました。)にオリジナルの地紋が有りますので、汎用とみています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196707/57036457

この記事へのトラックバック一覧です: 藤沢SL少年団:藤沢ミニ鉄道乗車券:

« 秩父鉄道→JR東日本:連絡乗車券(寄居接続・発売終了へ!?-2) | トップページ | 秩父鉄道→JR東日本:連絡乗車券(熊谷接続・寄居接続:生き残った!?-1) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー