降りつぶし

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

小田急電鉄:初詣号特別急行券

R100101_oda_hatsumoude_yuen3

本年最後の更新ということで、かつて小田急の終夜運転時に運転されていた「初詣号」の特別急行券を紹介します。

日付が薄くなってしまっていますが平成10年1月1日の発行で、向ヶ丘遊園下りホーム上の小屋で購入しています。ご覧の通りさがみ号の特別急行券を流用し、列車名を駅名小印で訂正し、さらにその上に初詣号専用の印を押して非常に賑やかな券になっています。

毎年乗りたいと思いつつ、仕事の関係で乗車を見送っているうちに列車名が「ニューイヤーエクスプレス」に変わってしまい、それからさらに何年も経ってしまいました。果たして今年は乗れるのでしょうか?可能性は低いのですが・・・(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年12月29日 (土)

豊橋鉄道:市内電車乗車券

R240401_toy_shinaisen_1

豊橋鉄道の軌道線では豊橋駅前電停にのみ自動券売機あるので試しに購入してみました。

日付も券番もないのでこれが乗車券といえるのか微妙ではないかと思うのですが、、、市電乗車に使用出来る金券を乗車券と称しているといった感じでしょうか?

一般的な乗車券は発売当日限り有効なのですが、発売日を特定できないためか通用乗車1回限りとなっています。運賃変更云々の記載があるのは値上げ前に大量購入されない為の予防線かな?と思ってしまいます。

ところで、無地紋の味気ない券だなあと思いつつ何気なく裏面を見てみましたところ・・・

R240401_toy_shinaisen_2

裏に地紋がありました。しかも何も記載されていません。こんな珍妙なものは初めてです。何か理由があるのでしょうか??

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年12月27日 (木)

小田急電鉄→JR東日本:連絡乗車券(新宿接続:乗継割引)

R240408_oda_jre_renraku_oufuku_1

小田急小田原線代々木八幡駅で購入した同駅から新宿接続でJR東日本中央本線大久保駅までの往復連絡乗車券です。

JRに大久保という名が付く駅は奥羽本線・中央本線・山陽本線と3つあり、JRの切符等ではそれぞれ駅名の前に(奥)(中)(陽)という線名略号をつけて区別しています。

しかし、小田急のMSRでは(中)大久保の線名略号が付いていません。以前紹介した(房)千歳駅までの連絡乗車券にも線名略号が付いていませんでした。千歳にしろ大久保にしろ連絡運輸範囲に含まれているのは1つだけですのでこれでも支障がないと判断しているのでしょうかね?

ところで下段に無効印が捺されていますが、こんなの初めてです。よく店名印などに使われている横長のシャチハタが使われていました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年12月24日 (月)

小田急電鉄:振替乗車証

R240320_oda_furikae_machida_1

3/20にMSEのあさぎりに初乗車ということであさぎり12号に乗車した時の乗車券・特急券は以前紹介しましたが、この時実は、本厚木を手前にして急減速、ノロノロ運転になり挙げ句の果てには本厚木で打ち切りとなってしまいました。

玉川学園前での人身事故のため抑止中とのことで、本厚木で足止めを喰らい、海老名・町田と段階的に運転再開をしたので後続の各停(急行から種別変更)2本を乗り継いで町田までたどり着いたのですが、町田~新百合ヶ丘間の運転再開はまだ暫く掛かりそうだったのでこの振替乗車証を貰い横浜線~京王相模原線~小田急多摩線経由で迂回しました。

本厚木からはいつ発車するかも判らず混雑もラッシュ並みで大変な思いをしました。後から考えると橋本に出るのなら厚木で相模線に乗り換えた方が良かった。。。と後悔したのですがそんなことは後の祭り。運転再開の報を聞いたのは京王の橋本駅で発車を待っている辺り。今引き返しても小田急町田の混雑は想像に難くなかったのでそのまま多摩センター経由で新百合へと向かいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年12月22日 (土)

JR東日本:はやぶさ6号新幹線特急券・新幹線指定券(VIEWカードグリーン車利用券)

R240205_jre_hayabusa6

東北新幹線はやぶさ6号の指定券(グリーン)です。

R240205_jre_vg_2

こちらが料金券部分の新幹線特急券です。右下に大きく[V・G]とありますが、これはVIEWサンクスポイントの特典「VIEWカードグリーン車利用券」を利用した時に表記されるものでもので、これは普通車指定席の料金(¥7000)でグリーン車を利用できるサービスです。

HS:新青森→東京ははやぶさ乗車区間、N6500ははやぶさ以外の列車のグリーン車利用時の特急料金¥6500のようですね。

R240205_jre_vg_2

R241017_jre_viewgreen_1

この2枚がVIEWカードグリーン車利用券です。お客様用・窓口用の2枚一組となっています。窓口用はうっかりスキャンし忘れていたので別の時期に取得したものです。券面にマルスの操作方が書かれているのがいかにも2の会社らしいなぁと思ってしまいました。

さてこの列車に乗り込み、発車後ドリンクサービスでコーヒーを頼み、車内改札と七戸十和田を通過した辺りまでは覚えているのですが、その後誰かに肩を叩かれた…と思ったら東京駅の清掃員さん。慌てて冷め切ったコーヒーの紙コップを手に降りましたが、折からの寝不足ということを差し引いても、ここまで爆睡することは今まで無く、グリーン車でも座り心地はすこぶる快適であるということが証明されました。ただ、発車前を含めても乗車していたという記憶は20分ほどしかありませんでしたが。。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年12月19日 (水)

神奈川中央交通:預り金引換証

R240206_knc_hikikae_1

久々の「きっぷのようできっぷではない」ものです。

所用のため神奈中バスにPASMOで乗車したところ、運賃を20円多く引き落とされてしまいました。乗車したのが「運賃先払だけれども2区間制運賃」の路線で、私が乗車する区間は安い方の運賃だったのです。どうやら乗車時に運転手に申告しなければならなかったようなのですが、初めて乗った区間だったため勝手がわからず失敗してしまいました。

その際返金の代わりに渡されたのがこの「預り金引換証です」回数券のように10円単位の連綴り式となっています。

この件の存在を全く知らなかったのですが、思わぬ形で地紋入りの券を手に入れることができました。裏面も印刷されていたのですが、ほぼ全面に運転手の個人名が大きく押印されていたので省略しますm(_ _)m

が、その所用の帰りPASMOを無くしてしまいました。悲喜こもごもです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年12月17日 (月)

JR東日本:乗車券(青い森鉄道ビジネスえきねっと)

R240205_jre_aoimisawa_bekinet

盛岡法人B2発行の五能線五所川原から東京都区内までの乗車券です。

帰りの乗車券を買わずに旅行していたので、どこで買おうか?五所川原のカエル君か油川あたりのPOS端末かな…??と目論んでいたのですが、立ち寄った三沢で青い森鉄道の旅行センターを発見、JR券の取り扱いをしているとのことだったのでこちらで購入することにしました。

発行箇所でピンと来る方もいると思いますが、こちらに置いてあった端末はビジネスえきねっとでした。

東京駅では無効印と一緒に発駅入鋏代印が捺されました。五所川原で津軽鉄道から乗り継ごうとしたところ五能線は強風で抑止中。まもなく運転再開見込みのだとの案内はありましたが万が一のことを考えてバスで新青森に出ました。同駅では有人改札から入場したのですが、なぜか指定券しか改鋏されませんでしたのでこういう事になりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年12月14日 (金)

箱根観光船:ロワイヤル号片道・特別船室券

R240325_haz_tokusen

箱根海賊船ロワイヤル号の車内で購入し片道・特別船室券です。

出港後特別船室に余裕があった場合に発売されるいわば上級変更ともいえる券です。

通常の乗船券は記念券様式なのですが、こちらは自社地紋の常備券です。船名が印刷されているので各船それぞれの常備券がありそうですね。この券ご覧のように入室時には改鋏されます。湖とはいえ揺れる船内でハサミを入れるのは大変そうでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年12月12日 (水)

津軽鉄道:乗車券(特別補充券)

R240205_tsu_shuppo_1

津軽中里駅発行の乗車券です。補片の他にもこのような補充券もありました。車補と駅での発行どちらも兼ねているので特別補充券としました。

以前は緑地の出補があったそうなのですが、現在ではこちらを使用しているようです。補方と違って平成の元号となっています。

発行駅の印が捺されていますが、これから乗車する156列車の列番も記入されています。

R240205_tsu_shuppo_2

こちらは裏面。東京都区内及び東京山手線内の注意書きがありますが、国鉄→JR転換時には既に連絡運輸範囲は青森までとなっていました。

2012年12月 9日 (日)

JR東日本:リゾート踊り子91号B特急券

R240325_jre_rodoriko91

リゾート踊り子91号のB特急券です。

この列車、立川発南武線経由伊豆急下田ゆきとなっています。南武線と東海道本線はそのままでは線路が繋がっていないので、南武支線経由で浜川崎ヘ行き、ここでスイッチバックし東海道貨物線~鶴見経由で東海道本線に転線します。

珍しい運転経路なので設定当初はなかなか取れなかったのですが、ようやく落ち着いてきたようで1週間前でもえきねっとで予約ができました。登戸から小田原だとまさに小田急の牙城なのですが、登戸にはロマンスカーの停車は全く無く、向ヶ丘遊園も停車列車が激減して久しいですからJRとしても意外と狙い目なのかもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年12月 7日 (金)

津軽鉄道→JR東日本:連絡乗車券(補片)

R240205_tsu_jre_renraku_hokata_1

津軽鉄道津軽中里発行の同駅から五能線陸奥鶴田までの連絡乗車券です。

窓口が空いた頃を見計らってお願いしてみたところ、補片については連絡乗車券ならOKという事で利害は一致です(笑)弘南鉄道の補往に続き、またまた元号が昭和の古い券が出てきました。

社局名はカッコつきで上段に記載されるものが多いのですが、こちらは発行駅の横にあるのが珍しいところです。

R240205_tsu_jre_renraku_hokata_2

裏面にはやはり香月駅や国鉄線などの古い表記が現れました。探せばまだまだあるもんですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年12月 4日 (火)

JR東日本→弘南鉄道:連絡乗車券(さよならKaeru君)

R240205_jre_kon_renraku_goshogawara

JR東日本五所川原駅ER発行の同駅から弘南鉄道平賀までの連絡乗車券です。

発行箇所で判るように、同駅には「かえる君」が設置されていましたが、既に指定席券売機への置換が発表されていたので「さよなら購入」をしてみました。津軽鉄道の列車がぎりぎりになってしまったのはコレを購入していたからでした。

デメリットだらけの端末でしたが、こと金額入力での連絡乗車券に関してはこれほどストレスなく購入することが出来る場所はありませんでした。オペレーターが一カ所にいて情報共有がしっかりされていたからに他なりません。個人的には後継機無しに廃止されてしまったのが残念でなりません。出来れば通常の駅でもきちんと情報の共有がなされればいいのですが・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年12月 2日 (日)

津軽鉄道:ストーブ列車券

R240205_tsu_sutobu6_1

津軽鉄道津軽中里駅発行のストーブ列車券です。

自社地紋のD型硬券で、乗車列車の号数の場所に改鋏されています。

往路に津軽中里まで乗ったのはストーブ列車5号だったのですが、発車直前だったため無札で伴走のキハ21に乗車しました。こちら側だとストーブ列車券は必要ないのですが、乗務員に乗車券の購入を申し出たところ、キハの乗務員氏は発売をしていとのこと。ストーブ列車側に乗務していたアテンダント氏も気動車側には廻って来ず結局は現金払いするはめに。車掌から車補の趣味購入をすることはあまりないワタクシですが、実使用する際に買わない手はなく、今回購入できなかったのは痛恨のミスでした。

R240205_tsu_sutobu6_2

こちらは裏面です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー