降りつぶし

無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

えちぜん鉄道→福井鉄道:連絡乗車券(車補)

R241118_ech_fuk_renraku_shaho

えちぜん鉄道福大前西福井から田原町経由で福井鉄道仁愛女子高前までの連絡乗車券です。

駅名式の車内補充券です。こちらは勝山永平寺線乗務中のアテンダントから購入しました。車補の蒐集は普段あまり積極的にしていないのですが、ちょっと尋ねることがあり、ついでにこの券のことを聞いたところ、新調されていて趣味発券もOKとのことでしたので購入してみました。

従来からある自社線内用の車補とほぼ同じような様式ですが細かいところに差異があります。駅名に関しては勝山永平寺線の駅の部分が福井鉄道に置き換わったような感じになっていますね。ただ、中央の段の「着駅」が「発駅」とミスプリントされているので次の版では修正されてしまうのではないかと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年11月29日 (木)

えちぜん鉄道→福井鉄道:連絡乗車券

R241118_ech_fuk_renraku_shiyakusho

えちぜん鉄道三国駅発行の、同駅から田原町経由で福井鉄道市役所前までの連絡乗車券です。

こちらも福鉄同様窓口端末での発行となりました。発駅が白抜きに、社名が右下に…という差異はありますが、両社の連絡乗車券はよく似ていますね。

着駅はどこでも良かったので市役所前と言ってしまいましたが、どうせなら福井駅前のほうが券面的に面白かったかなぁと後から思いました。。。。また来た時に買いましょうかね。

えちぜん鉄道三国芦原線はこれが初乗車。京福時代でも福井-永平寺間を乗車したのみで、その直後に二度目の正面衝突事故を起こし長期運休。乗車した時にも怖い思いをした事もあり、えち鉄となってからもなんとなく足が遠のいてしまっていました。何かきっかけがあれば…と思いつつ月日が経ってしまいましたが、連絡乗車券がきっかけになったのは私らしいなあと思いました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年11月27日 (火)

福井鉄道→えちぜん鉄道:連絡乗車券

R241118_fuk_ech_renraku_nishibetsui

福井鉄道西鯖江駅発行の田原町経由でえちぜん鉄道三国芦原線西別院までの連絡乗車券です。

両社は10/1より連絡運輸を開始しました。普通乗車券の連絡運輸範囲は福井鉄道の各駅と、えちぜん鉄道三国芦原線の西別院~三国港間の各駅相互間です。

福井鉄道の有人駅には自動券売機がありますが、連絡乗車券は窓口端末での発売となっていました。FUKUTETSU地紋の矢印式で紙質は光沢があり、富士急の窓口端末と質感が似ていました。最上段中央に経由の印字、中央に発駅は自社・着駅は連絡会社、運賃は通算額のみ。…というエド券サイズの連絡乗車券としては変わっています。どちらかというと85mmサイズの端末券のフォーマットを縮小したといった感じでしょうか?硬券の矢印券を現代風にアレンジするとこうなってしまうのかなぁ・・・??と暫し考えこんでしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年11月24日 (土)

JR東日本:入場券(上総亀山駅)

R240226_jre_kazusakameyama_in

JR東日本久留里線上総亀山駅の入場券です。

いすみ鉄道へは車で出向いたのですが、帰りはちょっと遠回りして上総亀山へ立ち寄ってみました。同駅は運転取扱のため駅員がおり、乗車券類を発券可能なPOS端末のある窓口を営業されていたのですが、特殊自動閉塞導入を機に棒線駅となり無人化されてしまいました。

この時は無人化一ヶ月前ということもありスタンパーと乗車記念印を捺していただきました。

同駅からの連絡乗車券も購入してみたかったのですが、あいにく久留里線は連絡運輸界の空白地帯として有名???でして、JR6社全駅と連絡運輸している社局への乗車券しか購入することができませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年11月22日 (木)

津軽鉄道→JR東日本:連絡乗車券(硬券)

R240205_tsu_jre_renraku_1

津軽鉄道津軽中里発行の同駅から弘前までの連絡乗車券です。

ぱっと見て何の変哲もないA型一般式の券だなぁと思ったのですが、変哲もなさ過ぎて逆に違和感が…よく見ると経由の記載がありません。まるで弘前まで自社線のかような錯覚をしてしまいそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年11月19日 (月)

いすみ鉄道:車内急行券

R240226_ism_exp_shanai

いすみ鉄道の急行4号車内で購入した急行券です。

列車内では車掌が折り返し列車の急行券を発売していました。JNRこくてつ地紋の車急式券でこだわりが感じられます。最下段は大人指定席で趣味発券も可能だったのですが、今回は諸事情あって実使用分のみ購入しました。大人指定席の券はまたの機会にということで、、、。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年11月17日 (土)

JR東日本→津軽鉄道:連絡乗車券

R240205_jre_tsu_renraku

JR東日本青森駅A1発行の青森から五所川原接続で津軽鉄道の金木までの連絡乗車券です。

津軽鉄道の運賃はマルスに収容されていないようなので、額入での発券となりましたが、実に手馴れていててきぱきと発券して頂けました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年11月14日 (水)

いすみ鉄道:急行券

R240226_ism_exp_1

いすみ鉄道大原駅の売店で購入した急行券です。こちらも国鉄の急行に習ったよく出来た券で、座席の指定がない橙色JNRこくてつ地紋A型硬券です。○社大原駅発行という部分と「いすみ鉄道線内有効」という部分が異彩を放っています。

R240226_ism_exp_2

こちらは裏面。国鉄の準急末期には急行料金と同額だったそうなのですが、このような注意書きがあったのでしょうか?ともあれこんな文言を見てしまうと準急の設定を期待してしまいます。

いすみ鉄道大原駅は一昔前までは何もない無人駅だったのですが、現在は自動券売機が設置され、売店で急行券や企画券等の出札も行なっていました。社長の手法には賛否あるようですが、なんとかうまくいってほしいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年11月12日 (月)

青い森鉄道:乗車券(マルス券)

R240205_aoi_aomori_mars

JR東日本青森駅A5発行の青森から東青森までの乗車券です。

これは西口のみどりの窓口で購入しました。青森駅には東口と西口があり、メインの東口にはJRと青い森鉄道両方の出札があるのですが、西口はJRのみなのでみどりの窓口でも青い森鉄道の乗車券を購入することができます。

例によって会社線完結の乗車券なので120mm券となっています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年11月 9日 (金)

いすみ鉄道:急行券・指定席券

R240226_ism_exp4_shitei_1

いすみ鉄道大多喜駅発行の急行4号の急行券・指定席券です。

いすみ鉄道はJR西日本からキハ52を購入し、これを急行列車として運行しています。乗車するためには急行料金が必要です。さらに、一部指定席の設定があり、指定席料金がかかります。

キハ52の導入については車輌へのこだわりが注目されていますが、切符の方のこだわりもなかなかのもので、この急行券・指定席券は国鉄の急行列車のものを模していてJNRこくてつ地紋となっています。

R240226_ism_exp4_shitei_2

こちらは裏面。2番目の項目は趣味発売への対応なのでしょうか?珍しいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年11月 7日 (水)

IGRいわて銀河鉄道→青い森鉄道→JR東日本・北海道:連絡乗車券

R240205_igr_aoi_jre_jrh_renraku_mor

JR東日本盛岡駅A-2発行のIGRいわて銀河鉄道盛岡から青い森鉄道を経由しJR北海道津軽今別までの3社連絡乗車券です。

JR盛岡駅のマルスで発売されていますが発駅に会社線名がないものの、スタンパーを見ても判るようにIGR盛岡発の乗車券です。

連絡乗車券は通常発駅側の会社で購入するものですが、直通の急行列車・指定席連結列車がある場合は、それらと同時購入あるいは提示することで連絡会社線発の乗車券を購入することができます。(旅客連絡運輸規則第14条2項2号及び3号)

さらなる例外として、特定の路線では乗車券単独でも連絡会社線発の乗車券を発売できる場合があるとして、その条件が旅客連絡運輸規則第14条2項4号で決められております。その中の項目にこの「IGR盛岡発目時・青森経由、津軽線油川・蟹田間およびJR北海道各駅」があるので購入することが出来ました。

ちなみに、この区間の乗車券はIGR側では発売できないとのことなので、JR側からの片発売ということになります。元々は盛岡に停車する寝台列車を考慮しての規則だったようなのですが、現在では盛岡を停車する列車はありません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年11月 4日 (日)

JR東日本→京王電鉄:連絡乗車券(高尾接続)

R240219_jre_keo_renraku_pos_1

初狩401発行の同駅から高尾接続で京王電鉄仙川までの連絡乗車券です。

同駅は中央東線唯一残ったスイッチバック駅ですが、旅客駅は勾配中の本線上にあり、スイッチバック施設は実質レールや砕石輸送専用となっている…というのは有名ですね。ただ、切符収集的には有人駅であり、乗車券類を発券可能なPOS端末がある駅という方が重要だったりします。

高尾接続での京王線は明大前までが連絡運輸範囲なので、無事購入することができました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年11月 2日 (金)

青い森鉄道:入場券(下田駅)

R240205_aoi_shimoda_in

青い森鉄道下田駅の入場券です。

下田は八戸と三沢のちょうど中間にあります。東北新幹線新青森開業に伴い転換された区間にあたります。それに伴い窓口端末もJR東日本のPOSから青い森鉄道の端末に変わりました。

この入場券。ご覧のように駅名に東北本線の線名略号である(北)が印字されています。下田という名の駅はかつて和歌山線にもありましたが、現在は香芝に改称されています。そもそも必要のない表記がこんなところで出てきました。

R220307_jre_shimoda_in

こちらは転換前の入場券です。こちらには線名略号がありません。JR時代になかったものが3セク転換にともなって復活するとは思いませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー