降りつぶし

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

長野電鉄:屋代線乗車券(第二種車内補充券)

R240318_nag_2shaho_1_2
長野電鉄屋代線の列車内で購入した第二種車補です。区間は信濃川田から松代までとなっています。無地紋で紙質はあまりよくなくわら半紙のような感じです。

同線は基本的にはワンマン運転なのですが、車両運用の都合なのか早朝の1往復のみワンマン非対応の編成が入っていたため車掌が乗務していました。松代で降車時にダメ元で頂けないか聞いてみたところ、パンチ穴を確認して金額があっていることをきちんと確認した上で頂くことができました。松代の無効印もこれで見納めです。
屋代線廃止後はこの第二種車補もどうなってしまうのでしょうか?改版するのならば、出来ることならもう少し良い紙質にして欲しいなぁと思ったりしています(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月30日 (金)

長野電鉄:乗車券(しなの鉄道POS端末発券)

R240318_nag_yashiro_shinanopos
しなの鉄道屋代駅のPOS端末で発券した長野電鉄屋代から須坂までの乗車券です。

屋代駅の自動券売機で長野電鉄屋代線の乗車券を購入することが出来るのは前回紹介しましたが、自販機同様連絡範囲に限り窓口のPOS端末でも発売することができました。

ご覧のように、左上に「しなの鉄道」の文字がありますが、「長野電鉄線」の文字がどこにもなく、とてもじゃないけど長野電鉄線単独の乗車券とは思えないこれまた摩訶不思議な券となっています。

屋代駅には何度も訪れていたのですが、この券の存在を知ったのはつい最近でした。JRと民鉄の共同使用駅ではダメ元でもマルスで会社線の乗車券が買えるか否か聞いてみるのですが、民鉄同士である屋代は節穴でした。普段から発売されているイレギュラーな乗車券は大好物なので、これを目当てに慌てて長野へ行った次第です。それ以外に買ったきっぷは正直いって「おまけ」でした(笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月29日 (木)

長野電鉄:乗車券(しなの鉄道発行:ありがとう長野電鉄屋代線記念乗車券)

R240318_nag_shinano_kinen_1
しなの鉄道が発売している記念乗車券はもう1種類、屋代から須坂ゆきの屋代線単独の乗車券があります。

しなの鉄道地紋で長野電鉄単独の乗車券とは、委託販売の契約があるからこそできた珍品ではないでしょうか。長野電鉄のみの区間なので、記念連絡乗車券の左上にあった「しなの鉄道」の文字はありません。裏面は記念連絡乗車券と同一なので省略します。

ちなみに屋代駅の自動券売機では、連絡運輸している駅に限り長野電鉄の乗車券が購入できます。

R240318_nag_yashiro_jihanki

こちらは左上に「しなの鉄道」と書かれていますが、着駅の所に長野電鉄線と書かれていますので、屋代線の乗車券ということが判りますが、連絡乗車券のようなそうでないような不思議なフォーマットになっています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月28日 (水)

しなの鉄道→長野電鉄:連絡乗車券(ありがとう長野電鉄屋代線記念連絡乗車券)

R240318_nag_shi_shinano_kinen_1 R240318_nag_shi_shinano_kinen_2
しなの鉄道上田から屋代接続で長野電鉄須坂までの連絡乗車券です。長野電鉄屋代線は3月限りで廃止されてしまうので、それを記念して各種の乗車券が発売されています。

しなの鉄道は屋代で連絡運輸をし、同駅が自社管理の共同使用駅で、連絡運輸範囲である屋代線の乗車券を委託販売しているということもあって積極的な便乗商法を行なっています。しなの鉄道も決して順風な経営状況とはいえないのでこのような増収策はどんどんやって欲しいですね。

きっぷ自体は一般式のB型硬券で、フォーマットは長電発行の連絡乗車券とほぼ同じですね。いわゆる「呪文」は裏面のみというありがたいスタイルとなっています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月27日 (火)

小田急電鉄→JR東日本:連絡乗車券(新駅開業)

R240317_oda_jre_renraku_yoshukawami

小田急電鉄千歳船橋から新宿接続でJR東日本武蔵野線吉川美南までの往復連絡乗車券のゆき券です。

吉川美南駅は3/17に開業した駅なのですが、MSRにはちゃんと収容されていました。駅名コードを見てみると「8445」ということが判ります。ちなみに近隣の駅の駅名コードは以下のとおりです

8433:南越谷
8437:越谷レイクタウン
8441:吉川
8445:吉川美南
8508:新三郷
8458:三郷

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月26日 (月)

小田急電鉄:あさぎり号(その16:松田駅発行・ダイヤ改正に伴う停車駅変更)

R240320_oda_asagiri12_shinomi_mars_

JR東海松田駅-MR発行のあさぎり12号の指定券です。3月18日のダイヤ改正に伴いあさぎり号は車種のMSE化、御殿場発着への短縮と小田急線内の停車駅の変更、平日の1往復減便と大幅な変更がありました。

この「あさぎり12号」は今改正で土休日運転となったスジ(従来371系が担当していた6号に相当)で、毎日運転の列車と区別するため号数が10番代に飛んでいます。小田急線内の途中停車駅は新百合ヶ丘・相模大野・本厚木・秦野となり、列車番号0300番代の特急(さがみorはこね)と同一になりました。

R240320_oda_asagiri12_shinyuri_1 R240320_oda_asagiri12_shinyuri_2

こちらは硬券の特別急行券です。ダイヤ改正後もマルスでは会社線単独の料金券が発売できないようで、新たな停車駅への区間も硬券特急券の口座ができました。この日は松田山で桜祭りが行われていて結構賑わっていたのですが、新百合に停車するようになって三日目ということで番号は若いです。 赤鉛筆のチェックが入っているということはこの日の初売だったのでしょうか?

R240320_oda_matsuda_shinyuri_1 R240320_oda_matsuda_shinyuri_2
こちらは乗車券です。乗車券については会社線単独の区間でもマルスで発券することができるはずなのですが、硬券が設備されました。「新松田から」となっているのも従来の乗車券通りです。相も変わらず同じ駅から乗車するのに乗車券と特急券で発駅が違うという状況となってしまいました。

ところで、今回紹介したこの日のこの列車は、先行列車の故障で新百合ヶ丘~町田間が運転見合わせとなってしまった影響で、本厚木で打切りとなってしまいました。復旧や振替の情報が錯綜し、右往左往。結局予定より2時間近く掛かって新百合にたどり着くという散々なMSEのあさぎり初体験になってしまいました。

2012年3月24日 (土)

小田急電鉄:あさぎり号(その15:グリーン券・料補)

R240312_oda_asagiri2_mars_sekinashi

JR東海松田駅-MR発行のあさぎり2号指定券(グリーン)です。これも指のみ券+料金券の発行となるのですが、新宿・町田までの区間と違い、本厚木までは需要が少ないのか硬券の口座がありません。料補での発行となります。

R240312_oda_asagiri2_ryouhog

本厚木でグリーン車を降りてしまうのは勿体無いからそのうちいつか…と先送りにしていたら、一度も乗っていなかったことに気付き、ダイヤ改正直前に慌てて乗りに行った次第です。あさぎりはモノクラスになってしまったので 、このグリーン料補も過去帳入りです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月21日 (水)

JR東日本→東武鉄道:連絡乗車券(北千住接続:とうきょうスカイツリー)

R240318_jre_tob_renraku_asakusa

北陸新幹線上田から北千住接続で東武鉄道浅草までの連絡乗車券です。以前も同じ区間の乗車券を紹介しましたが、東武との連絡運輸はここ上田までです。前回の乗車券で途中下車した業平橋が「とうきょうスカイツリー」に改称されたので、新たな下車印を頂くべく購入しました。それがこちらです。

Rskytree

ちょっと右側が欠けてしまいました。長い駅名の下車印は一回り大きくなったり駅名が省略されたりすることがあるのですが、これは元画像を見れば判るように、標準サイズの中にギッチギチに押し込められています。

R240318_jre_tob_renraku_skytree

こちらはとうきょうスカイツリーまでの連絡乗車券です。駅名表記がどうなるのか気になったので購入してみました。結果、駅名は二段表記、頂いた無効印も二段表記となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月19日 (月)

JR東海→天竜浜名湖鉄道:連絡乗車券(掛川接続)

R230717_jrc_thr_renraku_harada

JR東海東海道本線愛野から掛川接続で天竜浜名湖鉄道原田(はらだ)までの連絡乗車券です。

原田という字の駅はJR九州鹿児島本線・筑豊本線の原田(はるだ)駅がありますが、ご覧のように線名を区別するカッコ書きはありませんでした。以前も何度か紹介していますが、同鉄道にあるJRと同字の駅はいずれも線名のカッコ書き無しということになりそうです。

R240402_jrk_haruda

こちらがJR九州の原田駅への乗車券です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月15日 (木)

小田急電鉄:中伊豆フリーパス

R200921_oda_nakaizufree2

小田急電鉄で発売していた「中伊豆フリーパス」です。

発駅から沼津まで往路片道(途中下車不可)の乗車券と、フリー区間としてJR東海の三島~沼津間・伊豆箱根鉄道駿豆線・伊豆箱根バス・東海バスの中伊豆周辺の指定区間及び周辺施設の割引が受けられるフリーパスとなっています。

このフリーパスと「西伊豆フリーパス」は券面の注意書きに書かれているように『発駅からフリー区間までの乗車券は往路のみ』・『あさぎり号の沼津までの特急券とセット販売』という大きな特徴があります。そのためあさぎりが満席だった場合は発売できません。

なかなか使い勝手のいいフリーパスだったのですが、あさぎりが御殿場までに短縮されることに伴い3/14で発売終了となってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月13日 (火)

JR東海→小田急電鉄:あさぎり号(その14:硬券特別急行券・グリーン券)

R071010_oda_asagiri6

R071010_oda_asagiri62

ちょっと過去に戻って平成7年に祖師ヶ谷大蔵駅で発行されたあさぎり6号の特別急行券・グリーン券です。小田急では基本的に全駅で特急券を購入することが出来るのですが、この当時はSR端末が主要駅にしか無く、それ以外の駅で特急券を購入する場合は鉄電で照会し硬券や補充券での発行をしていました。

世田谷区内の駅からロマンスカーに乗るためには、途中の停車駅である町田等で乗り換えなければならず、なおかつ急行は混んでいるのが常でしたので、一旦新宿に出て折り返す需要も少なからずありました。そのため祖師ヶ谷大蔵駅にもあさぎりの新宿⇔沼津の硬券がありました。フォーマットは現在松田で使われているものとほぼ同じですね。違いは裏面の循環記号の有無くらいでしょうか。

表の下段に「かえり」の判子が捺されていますが、これはこの時往復分購入したため区別のために捺されてのだと思います。行きは普通車でした。閑散期・通常期・繁忙期で切断するD型の準常備券だったのですが、以前引越しした際に処分してしまったようで手元には残っておりません(かなり後悔)。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月12日 (月)

小田急電鉄:あさぎり号(その13:JR東海松田駅発行特急券・グリーン券)

R240108_oda_asagiri6g_matsudamars

JR東海松田駅MR発行のあさぎり6号指定券(グリーン)です。グリーン車の場合もJR東海のマルスで発券する場合は普通車同様指のみ券+料金券での発行となっていますが、こちらも松田駅ではマルスによる料金券の発券ができません。

R240108_oda_asagiri6g_matsudakouken

R240108_oda_asagiri6g_matsudakouk_2

新宿・町田までは料金券として硬券が発行されます。 こちらもダッチングのみです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月 9日 (金)

小田急電鉄:あさぎり号(その12:JR松田駅発行)

R200921_jrc_asagiri8matsuda1

JR東海松田駅MR発行のあさぎり8号指定券です。同駅はJR東海が管理していますが、上りのあさぎり号はここから小田急線に入りますので前回紹介した新松田発行のSR券と真逆の立場となります。このため他社線内完結というになり、マルスで指のみ券は発券することはできますが、料金券を発行することができません。

R200921_jrc_asagiri8matsuda2

R200921_jrc_asagiri8matsuda3

料金券は硬券の特別急行券となります。小田急の特急券の通例として上り列車には赤の斜線が入っています。自動改札に入れる必要がないためこのように指のみ券にホチキス留めで渡されます。硬券にはダッチングされますが、他には何も記入されませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月 7日 (水)

小田急電鉄:あさぎり号(その11:新松田発行の松田発)

R140310_oda_asagiri8

新松田発行のあさぎり8号特別急行券です。松田といえば硬券の特急券が未だに買える駅としてそのスジでは有名ですが、道の向かい側にある小田急の新松田駅の端末でももちろん発売することができます。

この券面にある「松田」はJRではなく小田急の松田駅という扱いなのですが、あさぎり号はJR松田駅に乗り入れて発着しているので、自社区間のみということになります。ただ、小田急の松田駅という実態は無く限りなく幻に近い存在です。松田駅はJR管理の小田急との共同使用駅ということでいいのでしょうか??

それはさて置き、せっかく松田まで来たからには硬券の特急券を買いたいのが人情というものでして、新松田で購入した券を探してはみたものの、SR端末時代の古い券しかありませんでした(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月 4日 (日)

JR四国:剣山6号特急券(ゆうゆうアンパンマンカー)

R230504_jre_tsurugi6anpanman_3

剣山6号の特急券です。単一列車の料金券なのですが、押印だらけの賑やかな券面になってしまいました。

列車名が「剣山6アンパンマン」となっているように、同列車に連結されている「ゆうゆうアンパンマンカー」に乗車しました。余剰となったキロハ185のグリーン車部分をプレイルームに改装した車両です。今後乗れるかどうか分らないので、せっかくですから往路の南風アンパンマンに続いて復路はこちらを狙って取りました(笑)

券面のスタンプですが、まず阿波池田の改札で通常のスタンパーと通常でないwスタンパーを計2つ、車内改札の際にも同様に2つで4回捺して頂けました。料金券でここまで賑やかになることはまず無いでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2012年3月 2日 (金)

小田急電鉄:あさぎり号(その10:常備連絡急行券)

030123_oda_asagiri_honatsu

この3月改正であさぎり号からRSE・JR371系が撤退しMSEに置き換わります。それに伴ってきっぷの方も色々変更が有りそうですね。。。。と、手持ちのあさぎり関係のきっぷで紹介していないもの・蒐集を後回しにしていたものが色々ありましたので、ぼちぼち紹介してみようと思います。

こちらは本厚木の上りホーム上にある小屋で購入した連絡急行券です。当時は3000形SSEの末期ですね。以前紹介したように、当時は発車間際になると座席無指定のこのような常備券を発売していました。ただ、他のロマンスカーが全車指定席だったのに対し、連絡急行時代のあさぎりは号車指定だったので、号車のみ記載で多少様式が異なっています。「号車」が2ヶ所ありますが、これは2編成連結した重連での運転の際前後の編成を「A号車」「B号車」と区別していたことに対応していたものだと思われます。

030123_oda_asagiri_honatsu2

こちらは裏面の注意書き(保存状態が悪くてすみません。。。)。車内は実質自由席なので他の列車に比べて簡略化されています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー