降りつぶし

無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

JR東日本→長野電鉄:連絡乗車券(長野接続)

R230206_jre_nag_renraku

JR東日本上田駅から長野接続で長野電鉄松代までの連絡乗車券です。松代は屋代線唯一連絡運輸をしている駅です。

というわけで、上田-松代(及び須坂)間はJR・しなの鉄道のどちらでも連絡乗車券を購入することができます。ただ、JR経由だと新幹線の特急料金が別途¥840掛かりますし、長野~松代間は川中島バスが毎時2本運行されているのでそちらを使ったほうが極めて便利です。。。と書いてしまったら元も子もありませんね(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年9月28日 (水)

道の駅どまんなかたぬま:記念きっぷ

R230130_mie_domannakatanuma_1_2

R230130_mie_domannakatanuma_2_2  

栃木県佐野市にある「道の駅どまんなかたぬま」の記念きっぷです。ここ田沼地区に日本の中心があるということでこの名前になったようです。「日本の中心」は様々な定義で関東から中部地方の各地にありますが、こちらは宗谷岬から佐多岬まで、太平洋岸沿いと日本海岸沿いの2つのルートの中心を計測し、更にその中心同士を結んだ線の中心が田沼地区なのだそうで、、、なにやらこじつけに近いような気がしないでもないのですが、ともかく中心なのだそうです。裏面にその定義の根拠っぽいラインが引いてありますね。

この道の駅自体は農産物直売所やレストラン・売店などの他、季節の花々やこどもが遊べる有料の遊具があったりと、道の駅の中でもかなり楽しめる方ではないかと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年9月25日 (日)

しなの鉄道→長野電鉄:連絡乗車券

R230206_shi_nag_renraku

しなの鉄道上田401発行の屋代接続で長野電鉄松代駅までの連絡乗車券です。

以前にもしなの鉄道のPOS端末で発券された連絡乗車券を紹介したことがありますが、今回改めて紹介しようと思ったのは、実使用して松代まで向かいましたところ、改札で「連絡乗車券は審査に回すので絶対回収」という地方民鉄では間々遭遇するアンラッキーな事態に当たってしまい、手元に残すことがでなかったためです。

元々上田に戻る行程を組んでいましたので改めて記念に…という事で小児用で同じ区間を購入したのですが、「実使用しません」と伝えたところ無効印を捺して渡されました。そのため発駅の無効印が捺してあるというこれまた妙なきっぷになってしまいました(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年9月23日 (金)

東武鉄道:乗車券(簡易委託)

R230130_tob_tajima_itaku

東武鉄道は私鉄では珍しい簡易委託の駅が幾つかあります。佐野線田島駅はそんな駅の一つで、駅入口の横にあるプレハブで乗車券を販売しています。以前は立派な駅舎があったと記憶しているのですが、残念ながら取り壊されてしまったようです。

連綴り式の軟券ですが、TRCとぶてつ地紋の綺麗な乗車券です。ご覧のように佐野市まで使用しました。佐野市は厄除け大師の玄関口でもある立派な駅で、佐野駅が真新しい橋上駅舎になってしまったので、昭和の風情が特に際立って残っているように感じてしまいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年9月20日 (火)

上田電鉄:イトーヨーカドー上田店別所線「お帰りきっぷ」

R230206_ued_yokado_1 R230206_ued_yokado_2

上田駅の目の前にあったイトーヨーカドー上田店で、2000円以上買い物をすると貰えた上田電鉄の乗車券(乗車票?)です。サービスセンターにレシートを提示するとこの乗車券(乗車票?)を貰うことができました。

このお帰りきっぷ、期間限定で交付が始まったのですが、好評だったようで何度も期間延長されていました。地紋の色も何度か変更になっているようなのですが、私が持っているのはこの券のみです。BJR地紋のA型硬券で専用のスタンパーが入るのでなかなか収集欲がそそられます。ところが、私が訪れたときには折しもイトーヨーカドー上田店は閉店セールの真っ最中。このイトーヨーカドー上田店お帰りきっぷも過去帳入りとなってしまいました。

しかし、駅から数百メートル離れた所にイトーヨーカドーの新規店舗が間もなく開店といった感じで工事の真っ最中でした。現在ではその「アリオ上田店」でおかえりきっぷが継続しているようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年9月18日 (日)

東武博物館:入館記念券(定期券)

R230710_toh_kinenteiki_2

こちらは東武博物館の同じ「駅のしごと」コーナーにある定期券窓口で発券された入館記念定期券です。これも以前出札で使っていたと思われる端末で発券されました。

TRCとぶてつ地紋で、偽造防止の加工がよくわかると思います。一箇月間有効となっていますが、実際に入場券として使用することはできないのでご注意ください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年9月15日 (木)

上田電鉄:乗車券(硬券)

R230206_ued_maita_1

上田電鉄上田駅発行の上田から舞田までの乗車券です。上田駅には自動券売機がありますが、出札窓口で硬券の発売もしています。今回は乗車する時間がなかったので記念に一枚舞田まで買ってみました。

BJRてつどう地紋のB型券でダッチングもきちんと入れて頂きました

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年9月13日 (火)

東武博物館:入館記念券(自動券売機)

R230710_toh_kinen

東武博物館の館内に「駅のしごと」というコーナーがあり、駅で使用する器具や資料が展示されていて、さらには入館者が実際に自動券売機や自動改札を使うことが出来ます。

こちらはそこで発券された入館記念券です。一昔前のタイプの自販機から出てきたのは磁気対応のエド券で、見た目は真っ黄色に見えたのですが、スキャンして加工してみるとうっすらとTRCとぶてつ地紋が見えてきました。おそらく現場で使用されていた中古を持ってきたのでしょう、掠れで読みにくい部分が得るのが残念ですね

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年9月10日 (土)

JR九州→南阿蘇鉄道:連絡乗車券(日本一長くない駅名)

R221205_jrq_mia_renraku_hakusui

JR九州豊肥本線三里木駅POS発行の三里木から立野接続で南阿蘇鉄道の南阿蘇水の生まれる里白水高原までの連絡乗車券です。

この着駅は日本一長い駅名として有名で、南阿蘇鉄道では駅名が収まるようにD型サイズの硬券入場券を発売しているくらいなのですが、JR九州のE-POSではご覧の通り「白水高原」4文字のみでした。これを見たときはガックリ半分、珍品ゲットで喜び半分といった感だったのですが、果たしてE-POSでは何文字まで印字可能なんでしょうかね?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年9月 8日 (木)

JR東日本鉄道博物館:改札体験用模擬乗車券

R230211_jre_teppaku_2

鉄道博物館の入場にはICカードを使用し自動改札機が設置してあるので基本的には入場券の類が無いのですが、入場口以外に改札口がある場所があります。1Fヒストリーゾーンのクハ481-26とクモハ455-1が展示されている場所は上野駅地平ホームを模したと思われるエリアで、プラットホーム上に中間改札口があります。

私が訪れた時に、そこで改札体験が行われておリ、参加した際にこの模擬乗車券を渡されました。鋏痕が2つあるのは改札掛が2名いたためです。参加者は1列に並んで順番に鋏を入れてもらいました。流石に往年の華麗な空打ちのリズムを奏でながら…とは行かなかったものの、パチンパチンと続け様に入れてもらうのは久々の体験でした。

乗車券のフォーマットはJRのエド券そのものですが、表記がなかなか楽しいことになっていますねw

ただし、この改札体験、参加条件は小学生以下(大人が参加する場合は同伴で…)でしたので、この券を手に入れるにはそれなりに高いハードルがあります(^^;。私はたまたま条件をクリアでき、「交渉事」も上手くまとめる事ができましたので入手することができました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年9月 5日 (月)

JR九州→西日本鉄道:連絡乗車券(POS券)

R221205_jrq_nis_renraku_pos

熊本駅POS3発行の熊本から大牟田接続で西鉄二日市までの連絡乗車券です。実際には使用していないのですが、せっかく熊本に立ち寄ったので記念に買ってみました。

大牟田接続の西鉄の運賃はマルスに登録されていないようで、マルスだと額入になるようなのですが、E-POSでは運賃が登録されていて、何の問題もなくスムーズに発券することができました。区間は100km以上になる二日市までにしてみたのですが、きちんと2日間有効となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年9月 3日 (土)

南伊豆東海バス:往復乗車券

R230104_tkb_shimodadougashima_1 R230104_tkb_shimodadougashima_2

南伊豆東海バス下田駅前案内所で発券された、下田駅から堂ヶ島までの往復乗車券です。発券方法は前回紹介したものと同じで、プリンタに二枚用紙を差し込んでの印刷となりました。

乗車券の通用期間の表示は往復券でも変わっていて、開始日ではなく最終日となっています。この表示では判りにくいのか復路には判子も捺してあります。また、この区間には往復割引の設定があるので往復共に[割]の印字があります。

R230104_tkb_shimodadougashima_3

さて、こちらが裏面です。「普通・往復・団体・割引乗車券の場合、下車指定地での途中下車以外は前途無効となります」とあります。この指定地がどのくらいあるのか判りませんが、今回乗車した路線では松崎での途中下車が出来るようです。

また、右上が滲んでいますが、結露したペットボトルを持った直後に乗車券に触った程度でこのような状況になってしまいました。ペラ紙にインクジェット印刷なので注意が必要です(^^;

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー