降りつぶし

無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

JR九州:つばめ20号→リレーつばめ20号:新幹線特急券(POSの幹特在特・川内の表記)

R221205_jrq_exp_kantokuzaitoku_pos

JR九州肥薩線吉松駅POS発行の川内から熊本までの新幹線特急券です。この区間、全線開業前は新八代で在来線乗換となっていましたが、一定の条件をクリアすれば特急料金が通算され、「幹特在特【新八代乗換】」という独特の印字がされていました。

この幹特在特の特急券はマルスなら一葉券で発券することも出来るのですが、元来ひねくれた性分なのと、川内の印字が気になったのでPOSでの発券をお願いをしてみました。その結果がこれで、マルス端末では線名の略号が(鹿)川内と小文字だったものが、POSでは(鹿)川内と大文字になっています。線名の略号が大文字になるのは北九州高速鉄道の略号(モ)もそうでしたので、途中で文字の大きさが変えられない仕様なのかな??とも思ってしまいます。

R221205_jrq_tsubame20_pos R221205_jrq_rtsubame20_kantokuzaito

こちらが新幹線と在来線の指のみ券です。POSですので右上に[中継]とあります。特に座席のリクエストをしなかったので両列車とも同じ席番になりました。この発売形態も全線開業で過去帳入りとなってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月29日 (月)

南伊豆東海バス:乗車券

R230103_tkb_shimodaminato_1

伊豆急下田駅前にある南伊豆東海バス下田駅前案内所発行の、下田駅から湊農協前までのバス乗車券です。

この乗車券、ごく普通の民生用インクジェットプリンタで印刷されたペラ紙です。パソコンに必要事項を打ち込み、この画像の倍のサイズの用紙で、予め地紋が(インクジェットで)印刷されている物を差しこむと、上半分に乗車券の表(この画像)、下半分に裏に相当する注意書きが印刷されて出来ました。それを半分に折りホチキス留めして出来上がりです。インクジェットの乗車券は会津鉄道でも導入されていますが、あちらはチケット専用プリンタを使用していましたので、東海バスの合理化っぷりには正直、唖然としました(^o^;)

この乗車券の通用期間が面白く、「のみ有効」という独特の表記となっています。右上には小田急のMSR端末のような数字が並んでいますが、どのような意味合いがあるのかは判りません。裏面についてはこの次に紹介します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月26日 (金)

JR九州:乗車券(川内の表記)

R221205_jrq_sendai

JR九州川内駅-MR発行の(鹿)川内から熊本までの乗車券です。

経由欄の川内が「(鹿)川 内」と、線名の略号と共に、駅名にスペースが入っています。経由欄に線名の略号が付く駅が入る場合、何故かこのような仕様となっているようです。一方、E-POSで発券される場合には前回コッソリ紹介しているように略号がつきません。

このネタさらにもうちょっと続きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月24日 (水)

JR東日本→小田急電鉄:連絡乗車券

R230104_jre_oda_renraku_odawara

新宿駅@18発行のJR伊東線伊東から小田原接続で成城学園前までの連絡乗車券です。

伊豆急から小田急への三社連絡運輸はしていないので事前に購入しました。とはいえ伊豆急端末で小田急の船車券が購入できるので、それでよかったのではないかと言われればそうなのですが、何となくこういう分割購入になってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月21日 (日)

肥薩おれんじ鉄道:乗車券(補片・特補)

221205_his_hokata_1 221205_his_hokata_2

肥薩おれんじ鉄道川内駅発行の補片です。JR在来線ホームの一角にある肥薩おれんじ鉄道の窓口で購入しました。一般的な補片のサイズと比べてひと回り小さくなっています。その他にも券番がノンカーボン転写になっていたり、裏面のご案内が独特だったり、かなり特徴的な券となっています。

221205_his_shuppo_1

こちらは特別補充券です。JRに準じていますが経由欄が狭かったり再掲欄が違ってたりします。が、何より社名補充式?とでも言いましょうか、社名が判子なのには驚きました。印刷し忘れたのでしょうか??

さてさて、今回は最短区間で購入したのですが、最初窓口では上川内から(川内経由)熊本までお願いしてみました。しかし、八代経由ならOKなんだけれども川内経由は…という事で購入には至りませんでした。JR側の規則の解釈では買えないことはないと思うのですが、現場に行ってみるとこんな事は間々あります。くま川鉄道の時といい、今回はアンラッキーが続きました(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月19日 (金)

伊豆急行:乗車券(端末券)

R230103_izq_1

伊豆急下田16発行の伊豆急下田から伊東までの乗車券です。こちらは伊豆急の窓口端末で1月3日に購入したものです。

使用後に気づいたのですが、使用したのが1月4日だったのに日付が1月3日のままになっていました。同時購入したのが熱海までの特急券で、伊東から先の乗車券は別途購入してあることを伝えていたので、途中下車しないのが判っている状況でした。伊東までの乗車券なら2日間有効なので、3日から有効の先出し乗車券を渡されたのでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月16日 (火)

JR九州:つばめ56号新幹線特急券

R221205_jrq_tsubame56

大牟田駅-MR2発行のつばめ56号の新幹線特急券です。この特急券はご覧のとおり事前に予約しておいたものなので、予約箇所と発券箇所の二行印字となっています。

川内駅に(鹿)と線名の略号が付いているのはJR東日本山田線に川内(かわうち)があるためですが、無効印の方は略号が付いていませんね。

さてさて乗車したのがD席となっていますが、乗車した800系は座席が2-2配置なので窓側になります。新八代まで乗り通しても良かったのですが、肥薩おれんじ鉄道の切符を購入するため川内で一旦下車することにしました。(鹿)川内ネタはもうちょっと続きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月14日 (日)

伊豆急行→JR東日本:スーパービュー踊り子8号特急券

R230104_izq_jre_svo8_1

伊豆下田2MR31発行のスーパービュー踊り子8号の特急券です。駅名が長く複数窓があり端末名も入れなければならないので発行箇所が窮屈になっています。

伊豆急下田で発券していますが、伊豆急とJRに跨っている連絡特急券なので運賃情報が入った85mm券で発行されています。

実は前日に買っていたのですが、当日10号車への変更をお願いしました。同じ列車での変更なので乗変扱いにはなっていません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月11日 (木)

JR九州→肥薩おれんじ鉄道:連絡乗車券(POS券)

R221205_jrq_his_renraku_pos

新八代駅POS発行の、日豊本線隼人から川内接続で肥薩おれんじ鉄道の阿久根までの連絡乗車券です。

当日は新八代・人吉(温泉)・湯前・吉松・鹿児島中央と下車(或いは途中下車)したのですが、肥薩おれんじ鉄道との連絡運輸の範囲内でかつPOS単独の端末がある新八代駅の在来線窓口で事前に購入しました。肥薩線の肥薩おれんじ鉄道との連絡運輸区間は八代~人吉間および隼人駅となっています。

今回の旅行は九州のPOS端末での青春18切符購入と南九州各私鉄との連絡乗車券購入を目的としていましたので、当初の計画では新八代~湯前と湯前~真幸まではくま川鉄道連絡乗車券を使用し、真幸~隼人間はくま川鉄道・肥薩おれんじ鉄道共に連絡範囲外なので普通乗車券を使用する予定でした。それに加え、肥薩おれんじ鉄道連絡乗車券では途中下車をしたかったので、隼人から通算100kmを越える阿久根までの区間で購入したのですが(実際には肥薩おれんじ鉄道には乗れませんでした…)、くま川鉄道で湯前発の連絡乗車券を購入できなかったので、人吉~隼人間は普通乗車券を購入する羽目になりました。

でも冷静に考えれば人吉から肥薩・日豊・鹿児島2・川内経由で肥薩おれんじ鉄道連絡乗車券を購入すれば良かったのではないか・・・と、今更ながら考える次第。まぁこうなってしまったら後の祭りですね(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月 9日 (火)

伊豆急行:リゾート踊り子号グリーン券・A特急グリーン券(マルス券:私鉄端末券)

R230103_izq_rodorikog_mars_1

伊豆高原1MR31発行のリゾート踊り子号(下り)のグリーン券です。こちらも前回同様伊豆急線内のみのため120mmの指のみ券となっています。が、料金券については伊豆急の端末があるのでそちらで発行されています。

R230103_izq_rodoriko_ag_1

こちらが伊豆急端末で発券された料金券です。踊り子号はB特急料金、スーパービュー踊り子・リゾート踊り子号はA特急料金と料金体系が違うのですが、券面はJRに倣って?A特急グリーン券となっています。

余談ですが、この券を購入時に窓口で「リゾート21なら普通列車でも乗れますよ」と勧められました。普通車ならば料金不要で同等の車両に乗れるのでこのような案内をされたのだと思うのですが、今回のお目当てはサロ2191「ロイヤルボックス」でしたので、丁重にお断りいたしました(^^)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月 6日 (土)

JR九州:はやとの風3号B特急券

R221205_jrq_hayatonokaze3

吉松から肥薩線経由で鹿児島中央までを結ぶ「はやとの風3号」のB特急券です。

先程まで乗車していたいさぶろうと同じ種車・似たような内装でかたや普通・こなた特急という違いは不公平感がありますが、いさぶろう・しんぺいの方が豪華すぎるのと考えたほうがいいですね(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月 4日 (木)

伊豆急行:スーパービュー踊り子3号グリーン券・特急券(マルス券:常備券)

R230103_izq_svo3_g_mars_1_2 

スーパービュー踊り子3号のグリーン券です。特急料金の安い伊豆急線内のみの区間なのでグリーン車を奮発してみたところ、ラッキーなことに最前列が空いていました。

社線内相互間ということでマルスで発券できるのは120mmの指のみ券となります。以前紹介したように伊豆急の場合料金券は自社端末で発券されるのですが、伊東はJR東日本管理の共同使用駅なので伊豆急端末がなく、別途常備券が用意されていました。

R230103_izq_svo3_ag_joubi_1

伊豆急線内の特急料金は均一なので、下田までの常備券となっていました。伊豆急社章地紋のスーパービュー踊り子・リゾート踊り子共通の様式となっています。この券の様式も東武と同様座席指定に対応できるのですが、料金券・指のみ券2枚合わせてホチキス留めで渡されます。転記の際の誤記入による事故防止という観点もありますね

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年8月 1日 (月)

JR九州:いさぶろう3号指定席券(えきねっと発券)

R221205_jrq_isaburou3_ekinet

いさぶろう3号の指定席券です。

今回九州に行くことになったのは、えきねっとでこの列車を事前申し込みをしてみたら、まんまと取れてしまったからなのでした(笑)

いさぶろう・しんぺいは普通列車なのですが極一部を除いて指定席なので、事前に確保しておかないと矢岳越えの全区間立ちっ放しということになりかねません。。。。のですが、指定の座席に行ってみると、通路を挟んで2ボックスの7人グループの中に入らされてしまいまして(汗、早々とフリースペースのカウンターに退散した次第です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー