降りつぶし

無料ブログはココログ

« JR東海→東海交通事業:連絡乗車券(マルス券) | トップページ | 東海交通事業→JR東海:連絡乗車券 »

2011年7月 2日 (土)

京成電鉄:乗車券(補片)

R230110_kes_hokata_1

京成電鉄東成田駅発行の、東成田から京成成田までの乗車券です。京成成田は東成田駅の隣駅ですが、補片で発行されています。

乗車券の経由と運賃を見て判るとおり、成田スカイアクセス(成田空港線)・京成高砂経由の大回り乗車券となっています。乗車経路は京成成田を二度通るいわゆる「6の字(P型)」乗車券ですが、東成田から成田空港線方面への運賃計算は、東成田-駒井野(信)-スカイアクセス線接続点(空港第二ビルから0.5km上野方)-成田空港線という経路で計算していますので通常の1本線(L型)です。また、経路に成田空港線を含む乗車券は高砂および接続点でそれぞれ打切り合算となっています。この場合は

東成田-接続点  130円

接続点-京成高砂 950円

京成高砂-京成成田640円

となり、合計1720円となりました。

この乗車券の経由ですが、空港第2ビル・京成高砂となっていますが、上記のとおり運賃計算上は空港第2ビル駅を経由しないことになっているので、成田スカイアクセスもしくは成田湯川などと記入するのが正しいのではないかな?と思います。

さてこの乗車券を購入するとき、東成田-東成田等を購入できないかと目論んだのですが、東成田-(成田湯川・高砂)-駒井野(信)で環状線一周になるのでこれを越える乗車券を発売することはできない、駒井野は信号場なので、実際に発売できるのは隣接する京成成田までという事で、このような乗車券を購入しました。

最後におまけ

この乗車券を購入するために、行きは京成成田から空港第2ビルへ行ったので、実乗車した時と合わせて二度空港第2ビルを利用したのですが、1度目は連絡通路で東成田へ向かい、二度目は乗換で中間改札を利用しただけだったので、二度ともセキュリティーエリアを通らなくて済んだという珍しい体験をしました(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

« JR東海→東海交通事業:連絡乗車券(マルス券) | トップページ | 東海交通事業→JR東海:連絡乗車券 »

乗車券」カテゴリの記事

京成電鉄」カテゴリの記事

北総鉄道」カテゴリの記事

補充券」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。

>うたばんさん
不覚にも有人改札にハンコがあるのは知りませんでした。この補片で空港第2ビルの有人改札を通った時には「そのままどうぞ」と通されてしまいましたので、何か機会があれば再挑戦してみたいです。

>根津千駄木さん
有効長が足りない中の苦肉の策ですね。普通ならドアカットで対応するのでしょうけれども、今のところ人を配置して対応していますね。この辺りがいかにも京成らしいなぁと思ったりします。

第2ビル駅はいろいろまずい構造ですよね。本線特急の後部がアクセス線ホームになってしまうので、すり抜けが可能になってしまいます。号車で戸開閉を管理していないので。。。

2ビル駅中間改札にて磁気券の場合 本線→アクセス(即ち2ビル出口方向)ですと
[KS空2]と改札機によって印字されます。白紙券の場合は同様のゴム印が有りますが押印ないですね。
アクセス(即ち2ビル入口方向)→本線ですと
[京成空2]となります。
※2ビル駅出入口はアクセス線側にあるためです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196707/50691765

この記事へのトラックバック一覧です: 京成電鉄:乗車券(補片):

« JR東海→東海交通事業:連絡乗車券(マルス券) | トップページ | 東海交通事業→JR東海:連絡乗車券 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー