降りつぶし

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

箱根ロープウェイ→箱根登山鉄道→小田急電鉄:三社連絡乗車券(準片)

R221003_har_hak_oda_renraku_haisats R221003_har_hak_oda_renraku_haisa_2 R221003_har_hak_oda_renraku_haisa_3

こちらはYOKOHAMAトレインフェスティバル2010で購入した箱根ロープウェイの準片二種類です。

箱根ロープウェイから箱根登山鉄道を経由し小田急電鉄の各駅までの3社連絡乗車券で、ロープウェイ・ケーブルカー・普通鉄道と3種類の鉄道を経由する珍しいものです。

箱根は私に取って身近な観光地で何度となく行きましたが、かつては硬券の宝庫だった箱根なのに、ほぼ必ず箱根フリーパスを使って箱根巡りをしていたのであまり手元には残っていないんですよね・・・。今考えるのと勿体無い限りです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年5月28日 (土)

東武鉄道→JR東日本:日光8号連絡特急券(野岩鉄道上三依塩原温泉口駅発行)

R220912_tob_jre_nikko8_kamimiyori_2

さてさて、途中まで紹介していた会津旅行の際のきっぷの紹介を再開します。

野岩鉄道上三依塩原温泉口駅で購入した日光8号の指定席特急券です。野岩鉄道の有人駅では東武鉄道の特急券を購入できるのですが、JR直通特急も購入できました。TRCとぶてつ地紋の素晴らしい大型軟券です。

発行駅は新藤原⑤となっていますね。丸数字が各駅に割り当てられているのでしょうか?

以下余談。

次の列車が来るまでの間に同駅近くの蕎麦屋さんで「葉わさびそば」を食しました。葉わさびは口当たりはマイルドですが、お店を出てしばらく経ってから胃袋で本性を発揮しまして・・・なかなか大変でしたが、美味でしたのでまた訪れたいなと思いました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2011年5月26日 (木)

東急弘潤会:電車とバスの博物館記念入場券

230311_toj_denbas_in_a1 R230311_toj_denbas_in_b1 R230311_toj_denbas_in_c1 R230311_toj_denbas_in_d1 R230311_toj_denbas_in_e1

東急田園都市線宮崎台駅の高架下にある「電車とバスの博物館」の館内で発売している記念入館券5種です。A型硬券で無地紋ですが、それぞれ東急の電車をモチーフとしたキャラクターの影文字ならぬ影絵?があります。

発売しているのは館内にある旧高津駅舎の出札窓口でした。つまり、館内に入らないと購入できず、また同館は当日内再入場フリーなので、事実上実使用は不可能に近い券であります(まぁする人はあまりいないと思いますがw)

実はこれの存在に気づいたのは3/6の事で、旧駅舎内に人がいたので気付きました。その時はひと通り見学し、後で購入しようと思っていたのですが、30分ほどして再訪してみたら既に人は居らず、無情にも発売は終了していました。よくよく貼り紙を見てみると、発売時間は13:30~45の僅か15分のみ。。。~そういえばそのようなアナウンスをしていたような気もしましたが、休日の館内は喧騒に包まれていて気にも止めていませんでした~~後悔先に立たず。後の祭りでございます。中を覗いてみると、件箱には0001の券番が見えました。ああ恨めしや(^^;

R230311_toj_denbas_in

後日、川崎市北部で所用があったので、時間を見計らって再訪し購入に成功しました。ちなみに正規の入館券はこちらで、入退館は自動改札機があるので裏は茶色の磁気対応となっています。さて、そんなこんながあって購入は出来ましたが、、、、

230311_toj_denbas_in_a2

残念ながら券番は0002でした。

~~~~~

券のダッチングを見ればお判りの通り、これは東日本大震災の当日に購入したものです。

帰宅して間もなく揺れたのですが、その時は折悪く親を病院へ送り届けようとしている最中でした。この状況でこれから診察はしてもらえるのか?病院はまともに機能しているのか??等々非常に不安でした。なんとか診察はしてもらえて、夜半まで検査を行った結果しばらく入院することになったのですが、付き添いで結果を待っている時も入院手続をしている時も余震で揺れまくり。テレビもない場所だったので情報源は携帯でのツイッターのみ。この先どうなってしまうのだろう・・・と非常に心細くなりました。が、病院内は地震の対応におわれながらも検査は滞り無く行われており、すこしだけ安心することができました。

結局震災の状況が判ってきたのは深夜帰宅してから。貯まった仕事を朝までかかってこなしている間も余震は止まず、非常に怖い思いをしました。。。

その後も色々あったのですが、ようやく落ち着いてきてblog再開する踏ん切りがつきました。

最後になりましたが、この震災で亡くなられた方々のご冥福を申し上げますと共に、被害に合われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー