降りつぶし

無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

鋸山ロープウェー:往復乗車券(鋸山山頂駅発行)

R220808_nok_sanchou_oufuku1 R220808_nok_sanchou_oufuku2

こちらは鋸山ロープウェーの山頂駅発の往復乗車券です。鋸山は日本寺へのアクセス道路もあります。車で山頂まで来たけどロープウェーにも乗ってみたい…という需要があるのかどうかわかりませんが(^^;往復乗車券があります。

ただ、こちらの循環記号は②ですのであまり売れていないようです。この日も午後の訪問でしたが裏面にチェックが入っていました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年11月25日 (木)

わたらせ渓谷鐵道:1日フリーきっぷ

R220815_wat_1dayfree_1 R220815_wat_1dayfree_2

わたらせ渓谷鐵道の一日フリーきっぷです。発行駅がありませんが大間々で購入しました。

連絡乗車券と途中下車になるべくこだわっているのでフリーきっぷの類はあまり購入しない私ですが、わ鐵では連絡乗車券でも水沼以外の途中下車を認めていないので仕方がありません(^^;。

おかげで元々は途中下車しながらバスで日光へ抜けるようなルートを考えていたのですが、大間々まで車で行って行き、フリーきっぷで通洞まで往復・・・というまるで観光客のようなルートになってしまいました。おまけに時間の都合で通洞~間藤間を乗り残し。。。関東で最後の乗車区間になりそうな雰囲気がプンプンしています。いっそのこと大家に習って完乗はここにしましょうかね?(笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年11月22日 (月)

鋸山ロープウェー:往復乗車券(鋸山山麓駅発行)

R220808_nok_sanroku_oufuku1 R220808_nok_sanroku_oufuku2

房総半島にある鋸山ロープウェイの往復乗車券です。ロープウェイの乗車券というと先日紹介したSLもおか号の乗車証明証のような記念券様式の物が多いのですが、こちらは京成地紋の硬券が健在です。当然ながら発行数も多く循環記号が29となっています。

この日は生憎の小雨交じりの天気で眺めはそこそこ良かったのですが、日本寺への遊歩道が工事中で道幅が狭く、しかもぬかるんでいたので地獄のぞきへ行くのは泣く泣く諦めました。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年11月19日 (金)

JR東日本→湘南モノレール:連絡乗車券

R220923_jre_smo_renraku_2

JR東日本川崎新町駅から大船接続で湘南モノレールの湘南江の島までの連絡乗車券です。湘南モノレールは湘南江の島に限り普通乗車券の連絡運輸が設定されています。

ふつうだと接続駅に近い駅の近郊連絡会社線運賃表には当該の路線があって券売機でも購入できるのですが、JR東日本のどの駅へ行っても湘南モノレール接続の運賃表はありませんでした。かといってマルス券は額入になる…という事で、連絡範囲で唯一発券可能なPOS端末が設置されている川崎新町駅の出番となりました。経由に社線名が無いのは残念ですが、これが確認できるのもこの駅だけなので、これはこれで収穫です。

ところでこの乗車券、出札窓口では難なく購入でき、湘南江の島まで行ったまでは良かったのですが、有人改札で記念にほしい旨を伝えたところ、自社線内ならあげられるのだけれども、これ(連絡乗車券)は本社の審査に回さないと・・・ということで回収されてしまいました。そんな経緯でこの乗車券は手元にはありません。(;_;)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年11月16日 (火)

真岡鐵道:SLもおか号(マルス券)

R220719_mok_slmooka_mars

真岡鐵道SLもおか号の乗車整理券です。このを事前に手にするためにマルスで購入しました。以前この手のイベント券扱いの整理券(確かパレオエクスプレスだったと思いますが…)をみどりの窓口でお願いしたときに、発券方法が判らず非常に時間がかかったので、びゅうプラザでお願いしてみました。

余談ですが、パレオが走り始めた頃はバス指定券に口座があってSL整理券の訂正ゴム印を押して対応していたような記憶があります。

220719_mok_sl1

こちらは乗車記念証です。常備券のSL整理券も同様の様式ですが、写真が定期的に変わっているようですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年11月13日 (土)

東海交通事業:開運勝星きっぷ(千葉ロッテマリーンズ勝手に優勝記念その2)

Img_0001

こちらは東海交通事業で発売している「開運勝星きっぷ」です。日本シリーズ第7戦の試合前に購入してナゴヤドームへ向かいました。

Img_0003 Img_0004

券の体裁としては、D型往復硬券に台紙を付けて発売しています。区間は勝川と尾張星の宮間で、それぞれに「勝」と「星」の影文字が入っています。こんな影文字他にはないでしょう。万が一第7戦で日本一を決めることが出来なくても、往復乗車券は2日間有効なのでまぁ第8戦までご利益があるだろう…とか思って購入しましたが、7戦で決まったので見事日本一当日の日付入り勝星きっぷと相成りました。

Img_0005 Img_0006

こちらは小児用です。売行きは大人の半分といったところでしょうか。台紙は共通なので省略します。なおこのきっぷ、マリーンズのある選手のご子息にプレゼントするために球団宛に送ってしまったので、既に手元にはありません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年11月10日 (水)

JR東日本:乗車券(千葉ロッテマリーンズ勝手に優勝記念その1)

R221019_jre_marinesv

千葉ロッテマリーンズが5年ぶりの日本一に輝いてしまったので、それに関連する切符を紹介したいと思います。

横浜線成瀬から川越線的場への乗車券です。この両駅名は今シーズンの後半戦を支えたエースとキャッチャーの名前と同一、経由の川越もロッテに所属している投手の名前です。

今シーズンのロッテは前半戦の快進撃はどこへやら、交流戦以降低落したのですが、秋口以降は得意の帳尻パワーでシーズン最後の3連戦では4位だった所から一気に日本一まで勝ち上がってしまいました。。。。という野球ネタを長々と此処で書いても仕方が無いのでこの辺で(^^;。

この切符の日付は日本シリーズ進出を決めたクライマックスシリーズ第6戦の日付け、千葉マリンスタジアムで行われていたパブリックビューイングの帰りに購入しました。発行箇所は千葉マリンスタジアム最寄の海浜幕張MV(マリーンズV)発行…という事でお後がよろしいようで。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年11月 7日 (日)

高尾登山電鉄:エコーリフト乗車券

R220725_tak_lift_1

高尾登山電鉄山上駅発行のエコーリフト乗車券です。様式はケーブルカーと同一です。このリフトはケーブルカーとほぼ並行していますが都心方面への眺めがすごく良いので天気が良い時の下りはリフトを使うことが多いです。高尾山ブームでケーブルカーは混雑していますが、リフトだと必ず座れますしねw。

R220725_tak_lift_3_2

こちらは券売機券です。オリジナルの地紋が入っているので無地紋の常備券よりも味があるような。。。(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年11月 4日 (木)

真岡鐵道:乗車券(マルス券+無効印)

R220719_mok_shimodatemars

下館駅A1発行の真岡鐡道単独の乗車券です。下館駅のマルス券は以前紹介したこともありますが、真ん中に大きく無効印が(逆さまですが)押してあります。

以前乗車券の持ち帰りを希望したところ拒否されたことがあったのですが、問い合わせをした所、連絡乗車券でも持ち帰ることは可能だという回答をいただきました。この乗車券は会社線単独なので堂々と無効印を押して頂くことが出来ました。また、スタンパーが2つありますが、真岡鐡道の方は車掌の車内改札印です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年11月 1日 (月)

高尾登山電鉄:乗車券

R220725_tak_cable_1_2

多忙やら体調不良やらで間があいてしまいましたが、ぼちぼち再開したいと思います。

高尾登山電鉄清滝駅発行の片道乗車券です。同駅には自動券売機もありますが、窓口でも購入することが出来ます。同社ではPASMOも使用できますが、自動改札ではなく窓口購入の精算時に使用できるようになっていました。

この常備軟券は無地紋ですが、券売機券の方はオリジナルの地紋があります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー