降りつぶし

無料ブログはココログ

« 熊野交通:瀞峡ウォータージェット乗船券 | トップページ | JR西日本:新宮駅入場券(マルス券・POS券) »

2010年9月21日 (火)

IGRいわて銀河鉄道→青い森鉄道→JR東日本:三社連絡往復乗車券(硬券)

R220307_igr_aoi_jre_kintaichihonpac R220307_igr_aoi_jre_kintaichihonp_2

金田一温泉駅発行の金田一温泉⇔本八戸間の三社連絡D型往復硬券です。

このような三社連絡の往復硬券が21世紀に残っているというのも不思議なものですが、2010年12月に東北本線八戸以北が青い森鉄道に転換されてからはどうなるのでしょうね?青い森側は硬券を廃止するような噂がありますが、IGR側は現状のままか、それとも新規の口座が現れるのか?どうなるでしょうね?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

« 熊野交通:瀞峡ウォータージェット乗船券 | トップページ | JR西日本:新宮駅入場券(マルス券・POS券) »

乗車券」カテゴリの記事

地方民鉄・三セク」カテゴリの記事

常備券」カテゴリの記事

硬券」カテゴリの記事

連絡乗車券」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

コメント

でも、硬券は、残存したほうが、利益が上がると思うんですがね。(蒐集家の収集によって、赤字もほんの僅かでも減ると思うので。それよりも、他のbullettraintrain新在JR線と一切接続しない、孤立した路線(大湊線)ができたことが、一番大きいでしょう。今までのJRでは、建設途中で、孤立しているというのはあっても、廃止によって孤立するというのは初でしょう。といっても、青い森、いわて銀河を経由して、JR六社全駅との通過連絡があるので問題はありませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196707/49178866

この記事へのトラックバック一覧です: IGRいわて銀河鉄道→青い森鉄道→JR東日本:三社連絡往復乗車券(硬券):

« 熊野交通:瀞峡ウォータージェット乗船券 | トップページ | JR西日本:新宮駅入場券(マルス券・POS券) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー