降りつぶし

無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

JR西日本:オーシャンアロー3号B特急券

R220503_jrw_oceanarrow3_2_2

オーシャンアロー3号のB特急券です。えきねっとの事前申込みで取ってMVで引き取ったためかR符号がえきねっと割引の時と同じ場所に3桁で半角の印字となっています。

この区間は周遊きっぷのゾーン内ですので自由席なら追加料金無しで乗車できたのですが、時期が時期ですので念のため指定席を確保しました。。。が、それは杞憂でした。白浜で大量の下車があったのでちょっと早めに着いていれば余裕で着席できました。指定席も50%乗っているかどうかといった具合で、ゴールデンウィークでもこんなものなのかと感じてしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年8月28日 (土)

JR東日本:Maxたにがわ403号新幹線特急券(えきねっと割引)

R220627_jre_maxtanigawa4032

東京から高崎までのMaxたにがわ403号の特急券です。えきねっとで予約して小田原駅のMV30で引き取ったためえきねっと割引となっています。

乗変していますが、これは携帯のフルブラウザで変更したものです。画面が非常に見にくいので時間は掛かりましたがなんとか出来るものですね。当日の変更なので「2日以内に変更」の赤文字が入っていますが、有人改札を使用したため自動改札の赤印字はありません。

高崎の乗車記念印は初めて捺していただきましたが、高崎観音でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年8月25日 (水)

JR各社:周遊きっぷ・南紀ゾーン(ゾーン券)

R220502_jre_shuyunankizone_1_2

ようやく南紀ゾーンのゾーン券の紹介です。以前は紀勢本線の紀伊田辺以北や和歌山線の一部区間と周辺バス路線も使えたようですが、2002年に縮小され現在はこのように紀伊田辺~新宮間とその周辺のバス路線がフリーエリアになっています。

エリアが縮小されても値下げされたとはいえ5000円もするので鉄道単独で元を取るのは難しく、私の場合は白浜周辺の明光バスと新宮からの熊野交通瀞峡連絡バスを使用してようやくトントンで、現地でいちいち切符を購入するよりはマシ…といった程度で、完全に元を取るには熊野本宮まで行くか那智・串本あたりのバスも利用しないとダメですね。

R220502_jre_shuyunankizone_goanna_2

こちらがご案内のうちのゾーン区間に関する部分です。瀞峡連絡バスの運行区間は新宮~志古間ですのでゾーン区間に含まれていました。しかし、これを書くために念のため確認したところ、この瀞峡連絡バスの殆どがタクシー代行?となってしまっています。私が乗った便も現在ではタクシーとなっています。いつの間にかこうなったのか判りませんが、熊野交通のサイトの説明によると、周遊きっぷでこの連絡タクシーに乗れるかどうかは微妙ですね。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年8月22日 (日)

IGRいわて銀河鉄道→青い森鉄道:連絡乗車券(出補)

R220307_igr_aoi_renraku_shuppo_1 R220307_igr_aoi_renraku_shuppo_2

IGRいわて銀河鉄道二戸駅発行の二戸から青い森鉄道三戸までの連絡乗車券です。

出補でお願いしたところ、快く応じて頂けました。この出補、人員欄や再掲欄が特徴的ですね。発行所は駅名小印ですが、JRと区別するためか[IGR二戸]となっているのは盛岡と同様です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年8月19日 (木)

JR西日本→紀州鉄道:連絡乗車券

R220503_jrw_kis_renraku

白浜から御坊経由で紀州鉄道の紀伊御坊までの連絡乗車券です。最初の予定ではスーパーくろしおを御坊で降りて紀州鉄道に立ち寄る計画だったのですが、時間の都合で泣く泣くスルーしました。その代わりと言っては何ですが、白浜で乗車券のみ購入してみました。経由欄に社線名が入っているのは良いですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年8月16日 (月)

小田急電鉄→JR東日本:連絡乗車券(\3890円区間)

R220627_oda_jre_3890chikuranakanojo

小田急電鉄の本厚木から小田原接続でJR東日本3890円区間への連絡乗車券です。

以前の投稿で紹介しましたが3890円区間は小田急からJR東日本への連絡乗車券としては最も高額な区間ですが、金額式乗車券としても最も高額なものではないでしょうか?

先に紹介したように、昨年3月のJRダイヤ改正時点の時点では発券できなかったのですが、MSRが更新されたのを期に再びこの金額となる区間の乗車券をお願いしたところ、無事発券することが出来ました。今回は千倉まででお願いしています。

さてこの乗車券、せっかく金額式で着駅が特定されていないので、東京から高崎まで上越新幹線に乗車してみました。自動改札では跳ねられたので有人改札で事情を説明すると、高崎までの運賃を調べた上で、そのまま通ることが出来ました。高崎でも同様でした。

小田急の連絡運輸範囲は高崎及び新前橋までなのですが、小田原から上越方面への3890円区間は上牧や吾妻線郷原まであるので、あえて東京近郊区間外となる吾妻線中之条まで乗車してみました。下車する際事情を説明し(一応えきねっとで経路検索したプリントアウトも持参しました)たところ、そのままOK、乗車記念印を頂き乗車券を手にすることが出来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年8月13日 (金)

JR西日本:スーパーくろしお7号:B特急券

R220502_jrw_skuroshio7_1_2

京都から白浜までの『スーパーくろしお7号』のB特急券です。

新大阪からの乗車でも良かったのですが、京都からにしたのは、なんとなく京都の方が駅弁が美味しそうだったから・・・なのですが(^^;、新大阪まではガラガラで、鉄分的な意味で車窓も楽しく得しました(笑)

このスーパーくろしお7号は新宮行で基本6両+附属3両の9両編成です。両者の間に貫通路は無く通りぬけはできません。付属編成は途中の白浜で開放されます。白浜までの乗客は必然的に付属編成に割り当てられることが多く、この特急券も8号車となっています。

スーパーくろしおには南紀白浜アドベンチャーワールドにちなんで「パンダシート」が設置されているのですが、この列車には基本編成の4号車にしか無く、アドベンチャーワールド目当ての乗客が多いと思われる付属編成の客が楽しめないという矛盾。。。私もそんな一人でございました(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年8月10日 (火)

IGRいわて銀河鉄道→青い森鉄道→JR東日本:三社連絡乗車券(端末券)

R220307_igr_aoi_jre_renraku_pos

IGRいわて銀河鉄道の二戸から青い森鉄道を経由しJR東日本八戸線長苗代までの三社連絡乗車券で、これはIGRの端末で発券されたものです。オリジナルのなかなか凝った地紋ですね。

経由欄は接続駅の目時・八戸のみで青い森鉄道の文字はありません。

この三社連絡はなぜか八戸線方面のみで三沢方面への設定はありません。八戸の市街地が本八戸だということが関係しているのでしょうか?しかし、12月以降は八戸以北の東北本線が青い森鉄道に移管されるので、二戸から三沢方面への乗車券を購入することが出来るのではないかと思われます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年8月 7日 (土)

JR東海:のぞみ201号新幹線特急券

R220502_jrc_nozomi201_1_2

のぞみ201号の新幹線特急券です。早朝ということで寝坊厳禁だった訳ですが、ほぼ徹夜という裏技で無事乗車することが出来ました(苦笑)

えきねっとの事前申込みで取りましたので、指定券券売機で受け取りました。旅行の記念に取っておきたいようなときにはなるべく熱転写の券にしておきたいものですが、今のところMVが転写のままなのはありがたいですね。

京都で途中下車した際に頂いたのですが、でかいパンチ穴が開いたものの、なぜか乗車記念印は頂けませんでした。個人的には逆のほうがありがたかったのですが(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年8月 4日 (水)

JR東日本:御岳駅入場券

R220321_jre_mitake_in

青梅線御岳駅の入場券です。この日は日向和田の梅林を見た帰りに立ち寄りました。同駅はPOS端末の設置駅ですので会社線の連絡乗車券も楽に発券してもらえるだろうと思いちょっと遠回りして寄ったのですが、なんと同駅は連絡乗車券の発売は一切不可!!仕方なく入場券だけ購入しました。

御嶽→御嶽山の連絡乗車券を買おうと思ったのですけどねぇ・・・残念。なお、購入した時点では熱転写ですが、現在は端末が更新され感熱化されています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

2010年8月 1日 (日)

JR各社:周遊きっぷ・南紀ゾーン(ゆき券)

R220501_jre_shuyuyuki_2_1

西国分寺から紀伊田辺までの周遊きっぷゆき券です。

この周遊きっぷ、最初は西国分寺近くのとある駅でお願いしたのですが、折悪く通学定期の発売時期で、そちらの処理が忙しいからと…面倒くさそうに断られてしまいました。それほど混雑していなかったんですけどねぇ。。。

時期が悪かったとはいえ、それは他の駅でも事情は同じなので、所用で千葉に行ったときVPでお願いしてみました。こちらの対応は旅行部門がメインということもあってか懇切丁寧でした。

経由は中央東・東京・新幹線・京都・東海・大阪環・阪和・紀勢となっています。東京から新幹線に乗車していますが、規則70条により新宿~品川間は原宿経由で計算しているようです。また、新幹線は京都までとなっています。周遊きっぷは幹在の区別を厳密にしなければならないので気を使いますね。

京都で途中下車し、新幹線と乗り継いだ特急の車内で車内改札を受け、白浜で乗車記念印を頂きましたが、同じ場所に押す攻撃を受けてしまいました。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ 鉄道コム

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー