降りつぶし

無料ブログはココログ

« JR東日本→青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道→JR東日本:通過連絡運輸(POS券) | トップページ | JR東日本→関東鉄道:連絡乗車券(佐貫接続:マルス券) »

2010年5月22日 (土)

JR東海ツアーズ:ぷらっとこだまエコノミープラン

R211025_jrc_kodama636_plat_4

ぷらっとこだまエコノミープランの乗車票です。天浜線気賀駅を訪問した帰りに使用しました。ネット通販のe-ぷらっとネットで申し込みをすると、このようなJR東海ツアーズ独自の地紋の券となります。偽造防止の影文字も入っていますがJRロゴの下にTOURSと入ったこれまた独自の物になっています。

当然ながら自動改札に対応しているので赤印字があります。何故このような独自の地紋になっているのか判りませんが、趣味的には面白いですね。ぷらっと以外の旅行商品でもこの券が使用されているのでしょうか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

« JR東日本→青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道→JR東日本:通過連絡運輸(POS券) | トップページ | JR東日本→関東鉄道:連絡乗車券(佐貫接続:マルス券) »

マルス券」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。

>常緑樹さん
この券紙はぷらっとこだま専用なのですね。通販だけでも結構需要があるとは思いますが、それにしても専用の物を用意するとは。

>根津千駄木さん
東海の企画乗車券には単駅指定のものが多くありますね。しかし新幹線自動改札は複数枚投入できるので、併用すれば連絡改札も大丈夫ということなのでしょう。

この磁気券なら、JR東海新幹線駅までの有効なJR他社在来線乗車券を持っていれば、在来線から新幹線へのりかえ口からでも自動改札入場できます。(例)有楽町-東京の乗車券とぷらっとこだま乗車票を2まい重ねて自動改札に投入し、乗車票だけが入場処理されて出てくる

この券紙は通販の「ぷらっとこだま」のみです。
店頭のぷらっとこだまでは、似たような色合いで非磁気感熱紙のちけっとぴあのような券が、それ以外の旅行商品の乗車表部分は普通のJRーC地紋の青色氏が使われています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196707/47299061

この記事へのトラックバック一覧です: JR東海ツアーズ:ぷらっとこだまエコノミープラン:

« JR東日本→青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道→JR東日本:通過連絡運輸(POS券) | トップページ | JR東日本→関東鉄道:連絡乗車券(佐貫接続:マルス券) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー