降りつぶし

無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

わらたせ渓谷鐵道:補充券類(セット販売)

R211011_wat_shaho R211011_wat_tob_tokuho_1_3 R211011_wat_jre_tokuho_1

わたらせ渓谷鐵道大間々駅の出札で補充券類の発売の可否を尋ねたところ、非常用なので不可との事でした。同駅には自動券売機があり連絡運輸を含めた発売可能な前駅の乗車券を購入することが可能となっていました。

同鉄道は度々経営状況の厳しさを伝えられていることもあり、出札業務の簡略化に務めているのでしょう。実際大間々の駅員氏は出札・改札に加えて乗客案内に本社休業日のため電話対応…とひとり何役もこなして大変忙しそうでした。精算業務が減るだけでも大きそうです。

その代わりに販売されていたのが、この補充券3枚セットで車補と連絡線用特補2種(対東武・対JR)が入っていて発売額は500円でした。地紋は独特の動物柄です(笑)車補に足尾本山があったり、JRが連絡運輸縮小前(というか北陸新幹線開業前)だったりしてなかなか楽しめます。毛呂や信濃追分までというのは高崎鉄道管理局を意識させられますね。

さて最近、緊急雇用対策に関連して同鉄道にもアテンダントが乗車して車内で乗車券を発売するようになったようなのですが、どのような様式のものを発売しているのでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年1月29日 (金)

天竜浜名湖鉄道→遠州鉄道:連絡乗車券(出補)

R211025_thr_ent_kiga_hikuma_hojuu_1 R211025_thr_ent_kiga_hikuma_hojuu_2

気賀駅には出補もありましたので、折角ですから遠鉄連絡乗車券として購入しました。着駅は地方色が現れるような駅名として「遠州曳馬」をチョイスしましたが、駅名の判子の方は「遠州」が省略されていました。経由の西鹿島用に小さめの判子が用意してあったり種類が豊富だったので、ついでに途中下車印が有るのか探してもらいましたが、残念ながら見つけられないまま乗車予定の列車が接近してきたので時間切れ。判らずじまいでした。

裏面の注意書きは、連絡範囲に特定都区市内を含まないため非常にすっきりしています。

1/31追記:誤記を訂正致しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年1月27日 (水)

JR東日本→東京急行電鉄→JR東日本:通過連絡運輸(+小田急の入鋏扱い)

R100110_jre_toq_jre_tsuukarenraku_2

矢川駅MEM1発行の東京都区内(新宿)から大回りをしつつ渋谷~武蔵小杉間を東急東横線経由で南武線宿河原までの通過連絡運輸の乗車券です。16経路ギリギリでお願いしたので120ミリ券となっています。成田山新勝寺へ初詣に行くのに使用しました。ちなみに去年はこのような乗車券を使用しました。

東急東横線を間に挟む通過連絡運輸は東京山手線内~南武線宿河原・矢向間の相互間となっていますが、この乗車券は通算201km以上なので発駅は東京都区内となり、事実上連絡運輸のエリアが拡大した形となってしまいました。また、この乗車券は特定都市区間を二度通っているので発駅が単駅に補正されそうな感じがしますが、何故か都区内のままでした。また、総武線以降は東海~山手1の品川回りでお願いしたのですが、経路が補正されて総武2~中央東~山手1経由となっています。この経路のままで大丈夫とのことでしたので、そのまま品川・大崎で途中下車をしましたが、有人改札での経路の説明は必要だったものの、無事改札外に出ることができました。また、東急線内でも途中下車をしてみましたが、最終的には途中下車を拒否されることは無かったものの、渋谷からの乗越運賃を請求されそうになったり、経路をなかなか理解してもらえなかったり…と、結局すんなり通れたのは渋谷の有人改札だけという有様で、交渉事が苦手な方にはとてもじゃないけどおすすめ出きない乗車券ですね(^^;。購入時に、経由印字が東急線まであるから…と「武蔵小杉・南武線」を手書きしてもらう事を求めなかったのですが、これはちょっと失敗だったかもしれませんね。

さて話は前後してしまいますが、この乗車券に鋏痕がありますが、使用開始したのは新宿からです。小田急が管理している西口地下の小田急⇔JR連絡改札では今でも改札鋏を使用しているので狙ってここから入りました。以前は入鋏だけだったのですが、今回はそれに加えて日付印と駅名小印も捺されました。もしかして青春18きっぷにはこの様に日付を入れているのでしょうかね??

Rimg_0001

これは同様の経路をえきねっとで予約したもので、区間は同じ,違いは新幹線が上野~小山間となっている事だけなのですが、どこをどう省略したのか85mm券で発券されました。経由を見てみますと成田線の次が山手線と大胆に省略されています。

さてさて最後に、かねてから噂には出ていましたが、このように間に東急東横線や小田急小田原線を介して山手線内と南武線を結ぶ通過連絡運輸は、3月の横須賀線武蔵小杉駅開業に伴い廃止されることが発表されたようですね。東急東横線経由は同じ武蔵小杉を経由することになり、もろにエリアが被るので仕方がないとは思いますが、小田急経由の方を横須賀線経由に振り替えるとなると、遠回りになる区間が多くあり、廃止してしまうのは残念ですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年1月25日 (月)

わたらせ渓谷鉄道:乗車券(桐生駅マルス発券-2)

R211011_wat_mars_oomama

桐生駅A1発行の、わたらせ渓谷鐵道桐生から大間々までの乗車券です。

当初大間々駅で途中下車をして『桐生~大間々…赤城~西桐生~赤城…大間々~神戸』と廻ろうと思っていたのですが、わたらせ渓谷鐵道では途中下車の扱いをしていないとの回答がありました。大間々で前途無効となるのですが、神戸行きの乗車券に大間々の無効印を捺されるのは気分的に嫌ですし、もし使用済み乗車券の回収をされたら最悪です。電話では途中下車の可否の確認をするのが精一杯で、この件まで聞くことが出来ませんでした。時間もかかり、予定していた列車に乗り遅れてしまったので、巡回ルートを『西桐生~赤城…大間々~桐生~大間々…赤城』に変更し、わ鐵の乗車券は経営難の三セクへのお布施だと思って改めて購入することにしました。

乗車券回収の恐れは杞憂に終わり、大間々では無事無効印を頂くことが出来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年1月23日 (土)

伊豆急行:小田急電鉄船車券

R210104_izq_oda_sensha_2

伊豆高原駅で発券された小田急電鉄の船車券です。伊豆急と小田急は連絡運輸をしていないのですが、伊豆急側ではこのような船車券を購入することができます。船車券ですので有効期間は一ヶ月、片道の他往復も購入することができます。

小田急側では南伊豆フリーパスを購入すると発駅~伊豆急下田までの往復乗車券が付くようなのですが、いかんせん価格が非常に高いうえ、伊豆方面は車で行くことが多いので未だ購入したことはありません(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年1月21日 (木)

天竜浜名湖鉄道→遠州鉄道:連絡乗車券(硬券)

R211025_thr_ent_renraku_1

天竜浜名湖鉄道の気賀から西鹿島接続で遠州鉄道新浜松までの連絡乗車券です。他の乗車券と同様のA型の一般式で、連絡乗車券の様式としてもJR連絡と同じです。

JRが絡まない連絡乗車券でしかも硬券となると全国でも数えるほどしかありません。そのうちの一つがこれなのですが、この口座も無人化で無くなってしまいました。

無理して気賀まで来たのはこの切符の為だけと言っても過言ではありません。せっかくですから気賀からはこの乗車券を使用しました。この駅が有人駅だった証になれば・・・とスタンパーを押してもらいましたが、薄くて判別しづらいのが残念です(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年1月19日 (火)

JR東海:あさぎり号(その9:臨時停車の取り扱い-3)

R211031_jrc_ltd_numazuyamakita R211031_jrc_ltd_matsuda_numazu

去る10月31日のあさぎり号山北臨時停車ネタの続き(というか、上げ忘れ^^;;)です。

ウォーキングイベントのアクセス列車としてあさぎり号を利用してもらうためか、御殿場~沼津間のみ設定されている自由席が、この日のみ列車により山北もしくは松田まで(から)に延長されました。但し、御殿場線はA特急料金のため730円となっています。

自由席特急券は任意の区間で発券できるとはいえ、普段は誤発券となってしまう区間ですので、記念に購入してみました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年1月17日 (日)

天竜浜名湖鉄道→JR東海:連絡乗車券(駅名式補充券)

R211125_thr_jrc_renraku_hojuu

天竜浜名湖鉄道の駅名式補充券(連絡線用)です。JR東海との連絡範囲がすべて収められていますが、接続駅となっている掛川と新所原もあるので環状線一周の乗車券も大丈夫です。

一方の遠鉄連絡は主要駅のみとなっていて、その他の駅は右欄に記入するようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年1月15日 (金)

わたらせ渓谷鉄道:乗車券(桐生駅マルス発券-1)

R211011_wat_mars_nakano

桐生駅A1発行の桐生から中野までの乗車券です。

と書くと誤解を招きそうですが、これはタイトル通りわたらせ渓谷鐵道の乗車券です。同鉄道の中野駅は第三セクター転換と同時に開業した駅で、ホーム一面の無人駅です。この駅自体はJRとの普通乗車券での連絡運輸をしていませんが、桐生駅ではわたらせ渓谷鐵道単独の乗車券を委託販売しています。

機会があるごとにマルス端末で「会社線にあるJRとの同名駅」までの乗車券を購入していますが、区別のための社名等の括弧書きが入らないケースが多く、非常に興味深いです。特にこの桐生から中野などは、JR側は同じ東京近郊区間内で、豊橋から大森駅までの券よりたちが悪い??です。金額が違うしJR側は85mm券で経由も入ると言われればそれまでですが、せめて社線単独券の方にも経由欄に社線名を入れた方が良いのでは・・・と思うのですがねぇ??

こちらがJR東日本の中野駅への乗車券です。

R240402_jre_nakano

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年1月13日 (水)

JR東海→小田急電鉄:連絡乗車券(松田接続:多摩線方面)

R220105_jrc_oda_tamasenta

JR東海大岡駅から松田接続で小田急多摩線の小田急多摩センターまでの連絡乗車券です。

JRと小田急の接続駅は多々ありますが、多摩線と連絡しているのは松田のみ、しかもJR東海の連絡範囲に限ります。実際,多摩線の駅に掲示してある運賃表に新宿接続JR方面のものはありません。

そのような制限から多摩線で途中下車ができる乗車券は小田原線・江ノ島線と比較すると限られてしまいます。折角のチャンスなのでこの乗車券を利用して多摩線の下車印(という表現には多少疑問がありますが以下この様にします)探索をしてみました。結果、小印を押していただいたのは黒川と永山で、下車印があったのははるひ野のみという結果になりました。しかし、新駅のはるひ野にあるということは、下車印が無い駅のほうがイレギュラーという考え方もできます。実際のところどうなのでしょうか??

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年1月11日 (月)

天竜浜名湖鉄道→JR東海:連絡乗車券(掛川接続:準片)

R211025_thr_jrc_kiga_shizuoka_1

天竜浜名湖鉄道の気賀から掛川経由で静岡までの乗車券です。

A型の準常備券で金谷~静岡間の主要駅をカバーしています。個人的に準片は大好物なので、これがなくなってしまうのは残念ですね。裏面には券番とともに、全区間100km以内なので下車前途無効の文字が入っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年1月 9日 (土)

JR東日本→わたらせ渓谷鉄道:連絡乗車券

R211011_jre_wat_renraku

宇都宮からわたらせ渓谷鐵道の神戸(ごうど)までの連絡乗車券です。神戸駅は転換前の足尾線時代には東海道本線に同じ漢字の神戸駅があるために「神土」と表記していましたが、現在は地名に合わせてこの様になっています。

ご覧のように神戸には(わたらせ)などの社名が入っていません。天浜線の事例でも書きましたが、せめて経由に社線名を入れた方がいいと思いますね。

※途中でupされてしまいました。以下追記ですm(_._)m

さてこの乗車券、途中下車するために通算100km以上で新幹線経由としています。しかし、念のため桐生に着いた時点で電話で確認を取ったところ(本社→休業中のため相老駅に転送)、なんと途中下車は不可とのこと。時間も無かったので今回は大人しく引き下がり、わ鐵線内は使用しなかったのですが、どのような理由で途中下車を認めていないのか気になりますね。

おまけの追記、JRの神戸駅への乗車券を参考にupしておきます。

R240404_jrw_koube

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2010年1月 7日 (木)

小田急電鉄→JR東海:連絡乗車券(MSRの新端末)

新年明けましておめでとうございます。ちょっと長めの正月休みで更新をサボってしまいましたが、今後ともよろしくお願いいたします。

R211030_oda_jrc_renraku_oooka

新年一発目は小田急のMSR端末で発券された小田原線の経堂から小田原接続でJR東海御殿場線の大岡までの連絡乗車券です。通算で100km以上で東京近郊区間を外れるので2日間有効となり途中下車ができます。

この乗車券で小田原~三島間を新幹線で移動しました。MSR発行の乗車券は新幹線乗り場の自動改札機には対応していないので、ならば…と、一旦在来線側のJR東日本の自動改札で入り、連絡改札の自動改札に通してみたのですが、やっぱり跳ねられてしまいました。他の駅ではMSR発行の乗車券で自動改札を通れたという事例があったのでやっぱりこれは解せませんね。

さて。話は変わって先日成城学園前の窓口を見てみると、MSR端末に変化がありました。本体は恐らく今までと同じ(MR32型マルスと同じ)物のようですが、ディスプレイの枠が青く、またICカード読み取り機のようなものが追加されていました(ただし、現時点では使用禁止のようです)。ここで東海道本線の原までの連絡乗車券を購入しました。

R220105_oda_jrc_hara_shinkansen

見た目がちょっと違いますが、年末にスキャナを買い換えたためスキャンの設定が変わってしまいました。

発券プリンタは従来と変わらないようですが、発行箇所が従来の「成城学園前」から「成城学園前01」に変わっています。端末が変わったので内部的にも変更があるかな?と、小田原で新幹線自動改札を通してみると、念願の赤印字が入りました。他にも更新されているのでしょうか?3社連絡乗車券が発券できるようになるととても面白いのですが・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー