降りつぶし

無料ブログはココログ

« 那須高原有料道路:通行券 | トップページ | 小田急電鉄:乗車券(硬券) »

2009年10月31日 (土)

大分ホーバーフェリー:乗船券

R091102_oit_hover

前回に引き続き番外編の惜別ネタです。

こちらは大分ホーバーフェリーの乗船券です。国内唯一となったホーバークラフトの定期航路も今日で運行終了です。

大分市街と空港を当時は確か25分程度で結んでいました。両者の位置関係は別府湾を挟んだ対岸にあり、自動車でのアクセスは湾沿いを半周するため時間が掛かります。そのため貴重なアクセス手段として活躍していましたが、道路の整備が進んだことにより利用者の減少が続き、さらには近い将来機材の部品供給が終了するという事もあり、万策尽きたという感がします。バスは今でも一時間近く掛かるので、そちらに乗客を奪われたというよりは、自家用車で直接乗りつける利用者が増えたのでしょうね。また、悪天候に弱いというデメリットもあり、実際私も一昨年大分市街から乗船しようとしたら雨と波浪のため運休していて、慌ててバスに切り替えた事がありました。

もし利用者があればジェットフォイルなり高速艇なりで代替するところでしょうが、水陸両用というホーバーの特性上、搭乗口が陸上にあり、改修するには相当の費用が必要なのでしょう。

さて本題の乗船券ですが、感熱なので色褪せてきています。見難くなってしまいましたが、中ほど右側、「発売当日限り有効」の上に「特別急行料金を含む」と記載されています。運賃と特急料金の内訳が気になってしまいますね。

ちなみにこの時は羽田から向かったのですが、連休という事もあり羽田の滑走路渋滞に巻き込まれ、到着が大幅に遅れました。空港アクセスなので多少の遅れなら待ってくれるのですが、まさに大分空港に着陸しようとしている時に乗車予定のホーバーが出発。地上を斜めにホバリングしているところでした。そのおかげでせっかく取っていた「ゆふいんの森」に乗れなくなってしまい、小倉回りで博多に向かいました。それ以来大分に何度か訪れていますが未だに乗れません。

« 那須高原有料道路:通行券 | トップページ | 小田急電鉄:乗車券(硬券) »

その他端末券」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196707/46605143

この記事へのトラックバック一覧です: 大分ホーバーフェリー:乗船券:

« 那須高原有料道路:通行券 | トップページ | 小田急電鉄:乗車券(硬券) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー