降りつぶし

無料ブログはココログ

« JR東日本:乗車券((ム)有明駅発行:補片・補往) | トップページ | JR東日本:出札補充券((ム)有明駅発行) »

2009年10月23日 (金)

箱根登山鉄道→小田急電鉄:連絡乗車券(硬券)

R210923_hak_oda_yumotoshinjuku_1 R210923_hak_oda_yumotoshinjuku2

箱根湯本から小田急線経由で新宿までの連絡乗車券です。私が所持している過去の箱根登山⇔小田急連絡硬券はB型ばかりでしたが、こちらはA型硬券です。小田急線経由の表記も相変わらずです。現在のMSR端末の接続駅のメニューに「小田急線」というものがあるのですが、この表記の流れを汲んでいるのでしょうか?

なお、乗車券に付いては自動改札を通れないので基本的には乗車駅で購入するように案内されます。私の場合は購入目的を伝えたので硬券で購入する事が出来ました。新宿駅で記念に頂きたいと申し出ると、薄付きになるよう軽めに捺して頂けました。駅員氏の配慮に感謝です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

« JR東日本:乗車券((ム)有明駅発行:補片・補往) | トップページ | JR東日本:出札補充券((ム)有明駅発行) »

乗車券」カテゴリの記事

地方民鉄・三セク」カテゴリの記事

大手民鉄」カテゴリの記事

小田急電鉄」カテゴリの記事

硬券」カテゴリの記事

箱根登山鉄道」カテゴリの記事

連絡乗車券」カテゴリの記事

コメント

早速返信ありがとうございます☆
とっても詳しいアドバイスすごくうれしいです!
旅行が楽しみになってきました!
いただいた情報を元に旅の作戦を立ててみます♪
本当にたくさんありがとうございました。
これからも、ブログ応援させてくださいconfident

コメントありがとうございます。

わたくしめのblogは切符が専門なのですが、せっかくなので知っている範囲の事を。

シーズン中の箱根はどこも混雑するので時間に余裕を持って行動したほうがいいです。また、バスや登山電車・ケーブルカーは時間帯を選ばないとラッシュ並みの混雑になるので、座らない限り車窓はあまり期待しないほうがいいかも。
ロープウェイや芦ノ湖の観光船からの眺めは素晴らしいですよ。ちなみに乗ってて楽しいのは小田急系の海賊船ですが、室内からの眺めがいいのは伊豆箱根系の双胴船です。

また、秋の箱根なら仙石原のススキがオススメですが、時期的にちょっと見ごろが過ぎているかもしれません。この辺はバスでしかアクセスできないので2日目の午前中にまわってしまうのがいいかも。このエリアには美術館が多くあり、施設内の紅葉も素晴らしいです。

私が気に入っているのは元箱根から箱根旧街道を経由して湯本へ至るバス路線で、甘酒茶屋や寄木会館・奥湯本温泉を通り、小涌谷経由の路線に比べて距離も時間も短くて楽しい路線なのですが、問題はカーブと急勾配が半端無く道幅も狭いのでバス酔い必至な事です。運転手さんがエチケット袋を常備しています。

こんな感じですが、いかがでしょうか。お役に立てれば幸いです。

こんにちは。
今週の日曜日に、箱根まで電車で行きたいと思っていろいろ調べておりましたら、こちらのブログにたどりつきました。愛知県からメールさせていただいています。
新幹線で小田原まで行き、宿泊先が箱根大平台なんですが、どんな行き方で行くと電車が楽しめますか?
紅葉の季節ですし…っと思いながら、良いアドバイスがあったら教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196707/46544048

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根登山鉄道→小田急電鉄:連絡乗車券(硬券):

« JR東日本:乗車券((ム)有明駅発行:補片・補往) | トップページ | JR東日本:出札補充券((ム)有明駅発行) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー