降りつぶし

無料ブログはココログ

« 小田急電鉄:スーパーはこね24号特急券(硬券) | トップページ | JR東日本:常備片道乗車券((ム)有明駅発行) »

2009年10月13日 (火)

近畿日本鉄道→JR西日本:連絡乗車券(鶴橋接続)

R210814_kin_jrw_himeji2

近鉄の大和八木から鶴橋接続でJR西日本の姫路までの連絡乗車券です。

鶴橋接続の近距離の連絡乗車券は幾つか拝見した事がありすが、どれも金額式だったので、通算100km以上の距離ではどうだろう・・・と、姫路までお願いしてみたところ、狙い通り着駅表記の矢印式となりました。ただし、大阪近郊区間内のため当日限り有効・下車前途無効のままです。

接続駅の下に「経由」と印字するフォーマットは金額式と同じなのですが、着駅を表示してJR線内の経路を記載する必要があるためか、姫路の下にも「玉造・東海経由」とあり、2箇所に分散しているのはちょっといただけないですね。ま、どこかのMSRのように接続駅のみ記載して後は放って置くようなのよりはマシですけれどもね。

ところでこの乗車券は特急券と同じ青い用紙で裏は白なので自動改札は通れません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

« 小田急電鉄:スーパーはこね24号特急券(硬券) | トップページ | JR東日本:常備片道乗車券((ム)有明駅発行) »

その他端末券」カテゴリの記事

乗車券」カテゴリの記事

大手民鉄」カテゴリの記事

近畿日本鉄道」カテゴリの記事

連絡乗車券」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
松阪接続の連絡券が出て来ました(笑)
近距離の金額式の券ですが、次回更新時に公開しようと思います。

コメントありがとうございます

>関西さん
はじめまして。
今回この乗車券を購入したのは、途中下車の可否が主眼ではなく、端末で出せるか否かを試すためでもありました。仰るとおり大阪近郊区間を外せば途中下車が出来ますが、民鉄側からそのような迂回となる乗車券を発券するためにはそれなりの情報収集と下準備が必要な場合が多く、今回は見送りました。

ちなみに特定都区市内で接続する連絡乗車券で途中下車できるという手法は、私もJR→小田急の連絡で時々使いますが、逆の小田急→JRのMSR券では経由が書かれていないのでどうしても躊躇してしまいます(^^;

はじめまして。この乗車券を以下のような経路で購入すると途中下車が可能です。(近鉄・鶴橋・大阪環状・大阪・東海・新大阪・山陽新幹線・西明石・山陽 経由)。この経路ですと山陽新幹線の新大阪―西明石経由のため、大阪近郊区間外の扱いになります。また、新大阪―西明石間は新幹線単独駅である新神戸駅があるため、幹在別線扱いになります(=新大阪―大阪間が重複乗車ではなくなる)。ちなみに近鉄側の発駅が大和八木の場合、西明石ですでに通算123.2キロになり、理論上はJR線内で途中下車が可能です。ただし、西明石は近鉄の連絡運輸対象駅でないので、実際は姫路やそれ以遠の一部の駅、神戸市内の各駅へ折り返しのいずれかでしか購入できません。
 西日本ジェーアールバスとの連絡や新幹線経由にして近郊区間を外す通算101キロ以上の切符は途中下車可能となるのでとても便利です。ちなみに、JR区間の営業キロが201キロを超える連絡切符(大和八木―広島市内)などでは大阪市内で途中下車が可能となるので連絡切符を購入するメリットは十分あると思います。この場合でもJR区間は、鶴橋―広島市内で計算するのではなく大阪市内―広島市内で計算しますので運賃は別々に買うのと同じです。東京都区内―近鉄四日市や東京都区内―伊勢若松などでも同様に名古屋市内で途中下車ができます。

コメントありがとうございます

これは凄い!わざわざ調べていただいて本当にありがとうございます。
以前連絡乗車券の購入をお願いした名古屋線某駅では名鉄とJRの連絡乗車券を断られてしまったのですが、実際には出せるのですね。

割りと広範に連絡乗車券の発券が可能なのでちょっと驚きました。松阪接続が九鬼までというのが引っかかりましたが、ここまでがJR線内100km未満なんですね。こうしてみてみるとJR側で100kmを超える区間は無いようなので、線引きをしている可能性がありますね。

今朝、端末で出せる出せないを調べてきました。
姫路以西はボタンがありませんでした。

連絡きっぷ関係は
難波接続:阪神・南海ともにNG
あべの接続:可能
柏原接続:可能
王寺接続:NG
吉野口接続:可能
京都接続:可能
丹波橋接続:NG

名古屋JR接続:豊橋以東NG
それ以外可能
名古屋名鉄接続:可能
津接続:亀山~松阪のみ(関~柘植はNG)
松阪接続:南は九鬼まで
伊勢市接続:可能
富田三岐接続:可能

コメントありがとうございます

松阪接続ですか。現在でも発売されているのか気になります。
難波における連絡運輸ですが、南海については判りませんが、阪神は開業時に問い合わせたところ購入できないとのことです。姫路から伊勢方面の直通特急が実現すれば対応せざるを得ませんので、しばらく待てば購入できるようになるでしょう。

現在の端末では購入したことはないのですが、5年くらい前に伊勢中川で松阪接続のJR線を購入したことがあります。
基本的な様式は現行の端末と少し似ているのですが、接続駅名が縦書きでローマ字表記はありません。
また見つけたらブログで紹介したいと思っています。

個人的には、大阪難波接続の阪神電車・南海電車も買えるのか気になります…。

皆さんコメントありがとうございます

>鉄道部長さん
姫路は通算100kmをちょっと超えるところという事でチョイスしたのですが、それ以遠は補充券なのですね。西の方はあまり行く事は無いと思うのですが、皆さんから教わった事を参考に、機会があれば東京方面の連絡乗車券に挑戦してみたいと思います。


>なめくじぬこさん
はじめまして。詳しい情報ありがとうございます。
着駅の表示は通算キロではなく、駅によって指定されているのですね。近鉄京都→JR京都なんて見たみたかったですが、出ないのは残念です(笑)

端末の連絡乗車券は、鶴橋接続以外は富田接続の三岐連絡くらいしか知らないのですが、他の接続駅の連絡券も出す事は出来るのでしょうか??

はじめまして、なめくじぬこです。
よろしくお願いします。

現行の近鉄の端末ですが、JRの駅名で出る駅は現在では、姫路と山科(いずれも鶴橋接続)だけです。
姫路より西、岡山や広島は端末にボタンはあるものの、ホストサーバーがNG判定を出します。

そして、鶴橋接続のJR京都もNG判定を出します。
西大路、山科は出ますけど京都だけは出ません。

近鉄の端末で連絡乗車券を購入すると、このように非磁気券となります。
このような理由からか、券売機で買える区間は券売機に誘導されることが多いです。

ところで、姫路は端末でも出るのですね…。
現在の端末に更新される前のことですが、岡山は端末では出ずに補充券での対応となりました。
推測になりますが、JR線が100kmを超えたら出ないのかもしれません…。
かつて三重県内の特急停車駅で、何度か岡山・倉敷・広島市内ゆきを買いましたが、断られたりすることなく補充券で素早く発行してもらえました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196707/46144581

この記事へのトラックバック一覧です: 近畿日本鉄道→JR西日本:連絡乗車券(鶴橋接続):

« 小田急電鉄:スーパーはこね24号特急券(硬券) | トップページ | JR東日本:常備片道乗車券((ム)有明駅発行) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー