降りつぶし

無料ブログはココログ

« 箱根登山鉄道→箱根ロープウェイ:連絡乗車券 | トップページ | JR東日本:諏訪湖花火往復乗車券(松本駅往復) »

2009年8月30日 (日)

小田急電鉄→JR東海:あさぎり号(その6:JTB発券)

久々のあさぎり号ネタです。

下りのあさぎり号に乗車し沼津から先もJRに乗車する場合、MSRに運賃が登録されている連絡運輸の区間でしたら小田急の窓口で簡単に購入できるのですが、MSRに運賃が登録されていないような区間までJR線を乗り継ぐとなるとマルスで発券したほうが有利となります。

しかし、JRの乗車区間が連絡運輸の範囲外まで・・・となるとどうしましょう??旅行会社でこんな方法を取ることが出来ました。

これは過去の事例で、結果的には連絡運輸の範囲内すが、今は無きJTB成城店で購入したあさぎり1号の特急券・及び「(小田急)新宿→松田・御殿場線・大岡・東海・身延線・中央東経由新宿(東京都区内)ゆき」で申し込んだ乗車券を紹介します。順を追って説明しますが、松田を境に小田急区間とJR区間で分割されています。

「少し時間がかかります」との事でしたが、実際かなり掛かっていたような記憶があります。そして渡されたのは、1つの列車+乗車券に合計5枚もの切符が渡されました。小田急とJRに分割して発券された為このような事態になってしいました。

R070924_oda_asagiri1

まずこちらはJTBの端末で発券された小田急線区間の特急券・乗車券です。着駅が「松田(JR券併用)」となっているのが特徴的で、JRまで通しの場合はこのような取り扱いをして分割していたということが判ります。席番が通し数字なのも懐かしいですね。また、乗車券は1ヶ月間有効ということなので船車券だということが判ります。ただ、有効期間が一ヶ月だとしてもJR券と併用という但し書きから、実際の有効期間はJRの乗車券に拘束されるということなのでしょうか??

R070924_jrc_asagiri1ltdexp R070924_jrc_asagiri1hojuu

次にこちらはJR区間の席無特急券・指ノミ券です。当時まだL型マルス端末が現役でした。が、座席の管理が小田急のSR(当時)システムということでマルスで出せるのは席無し券のみ。指定券に関しては料補での発券となりました。当然の如く松田までと同じ席番です。この料補、よく見るとC符合がありません。記載漏れなのでしょうか??JR側はマルス指令に照会せず、小田急側で新宿=沼津間を一括で問い合わせていたものを料補にも転記?しているためC符号が存在しないのでしょうか??

これに加えて松田から都区内の乗車券が付いて計5枚となったのですが、乗車券は新宿で回収されてしまったので手元に残っていません。

JTBでは現在どの様に発券されているのでしょう?特に東日本エリアの場合はJRにまたがる区間の発券は出来るのでしょうか??

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

« 箱根登山鉄道→箱根ロープウェイ:連絡乗車券 | トップページ | JR東日本:諏訪湖花火往復乗車券(松本駅往復) »

あさぎり」カテゴリの記事

その他端末券」カテゴリの記事

マルス券」カテゴリの記事

乗車券」カテゴリの記事

大手民鉄」カテゴリの記事

小田急電鉄」カテゴリの記事

料金券」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196707/44268544

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急電鉄→JR東海:あさぎり号(その6:JTB発券):

« 箱根登山鉄道→箱根ロープウェイ:連絡乗車券 | トップページ | JR東日本:諏訪湖花火往復乗車券(松本駅往復) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー