降りつぶし

無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

小田急電鉄→JR東海:あさぎり号(その6:JTB発券)

久々のあさぎり号ネタです。

下りのあさぎり号に乗車し沼津から先もJRに乗車する場合、MSRに運賃が登録されている連絡運輸の区間でしたら小田急の窓口で簡単に購入できるのですが、MSRに運賃が登録されていないような区間までJR線を乗り継ぐとなるとマルスで発券したほうが有利となります。

しかし、JRの乗車区間が連絡運輸の範囲外まで・・・となるとどうしましょう??旅行会社でこんな方法を取ることが出来ました。

これは過去の事例で、結果的には連絡運輸の範囲内すが、今は無きJTB成城店で購入したあさぎり1号の特急券・及び「(小田急)新宿→松田・御殿場線・大岡・東海・身延線・中央東経由新宿(東京都区内)ゆき」で申し込んだ乗車券を紹介します。順を追って説明しますが、松田を境に小田急区間とJR区間で分割されています。

「少し時間がかかります」との事でしたが、実際かなり掛かっていたような記憶があります。そして渡されたのは、1つの列車+乗車券に合計5枚もの切符が渡されました。小田急とJRに分割して発券された為このような事態になってしいました。

R070924_oda_asagiri1

まずこちらはJTBの端末で発券された小田急線区間の特急券・乗車券です。着駅が「松田(JR券併用)」となっているのが特徴的で、JRまで通しの場合はこのような取り扱いをして分割していたということが判ります。席番が通し数字なのも懐かしいですね。また、乗車券は1ヶ月間有効ということなので船車券だということが判ります。ただ、有効期間が一ヶ月だとしてもJR券と併用という但し書きから、実際の有効期間はJRの乗車券に拘束されるということなのでしょうか??

R070924_jrc_asagiri1ltdexp R070924_jrc_asagiri1hojuu

次にこちらはJR区間の席無特急券・指ノミ券です。当時まだL型マルス端末が現役でした。が、座席の管理が小田急のSR(当時)システムということでマルスで出せるのは席無し券のみ。指定券に関しては料補での発券となりました。当然の如く松田までと同じ席番です。この料補、よく見るとC符合がありません。記載漏れなのでしょうか??JR側はマルス指令に照会せず、小田急側で新宿=沼津間を一括で問い合わせていたものを料補にも転記?しているためC符号が存在しないのでしょうか??

これに加えて松田から都区内の乗車券が付いて計5枚となったのですが、乗車券は新宿で回収されてしまったので手元に残っていません。

JTBでは現在どの様に発券されているのでしょう?特に東日本エリアの場合はJRにまたがる区間の発券は出来るのでしょうか??

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年8月28日 (金)

箱根登山鉄道→箱根ロープウェイ:連絡乗車券

R210628_hak_har_renraku

箱根登山鉄道強羅駅(鋼索線)から早雲山接続で箱根ロープウェイ大涌谷までの連絡乗車券です。この連絡券は自動販売機の口座に入っていないので窓口での発売となりますが、登山の窓口端末は自販機と同じサイズのA型軟券で味気ないです(^^;

別会社なのですが、同じグループのためか両者の社名が連記されているのが珍しいですね。そのためか、接続駅の早雲山の記載は無く[強羅>早雲山]となっていて、運賃も通算の金額のみです。代わりに「片道券」と大きめに書かれていますが、観光地の鉄道では往復券の需要が比較的多いはずなので、区別するために必要なのでしょうか?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年8月26日 (水)

JR東日本:B自由席特急券(富士急河口湖駅発券)

R210705_jre_bltd_fujikyu

富士急行河口湖駅(大月駅法人B2)発行の大月から石和温泉までのB自由席特急券です。

以前訪れたときにJR線の特急券・指定券やホリデーパスが発売できるという掲示があったので気になっていたのですが、置かれていた端末はビジネスえきねっとのようです。JR券の発売は富士急の大月までの乗車券との同時発売が条件となっており、この時も大月での接続時刻表を確認しながらの発券となりました。

富士急からはJRへの直通列車も多く、ホリデー快速など指定席を連結しているものも少なくないですから需要は多そうです。実際、河口湖駅の窓口では自社線内よりもJRに関する乗り継ぎやきっぷの問い合わせ(乗変など対応できないものも含めて)が多いようで、業務は大変だなという印象があります。鉄道の出札に長蛇の列が・・・ということが間々あります。あまりに列が長くなると改札でも出札業務を行うことがありますが、行楽帰りの時間帯は隣のバス出札窓口が大抵ガラガラですので、もうちょっと融通できないものかと思ってしまいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年8月24日 (月)

流鉄→JR東日本:連絡乗車券(松戸駅無効印)

R210621_ryu_jre_renraku

流鉄流山駅から馬橋接続でJR東日本150円区間までの連絡乗車券です。

自動販売機で購入したごく普通の連絡乗車券ですが、流鉄には自動改札が導入されていないので「入鋏省略」の文字があります。(パンチ穴は馬橋のJR側改札のものです)

この乗車券を松戸で下車したときに頂いたのですが、押された無効印は駅名小印と一体となった独特のものでした。このタイプの無効印を見たのは初めてです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年8月22日 (土)

富士急行→JR東日本:連絡乗車券

R210705_fuj_jre_renraku

富士急行河口湖からJR東日本石和温泉までの連絡乗車券です。

マルスの85mm券と似たようなサイズですが横幅が若干広く90mm程度あります。裏面は白ですが、所々磁気のストライプらしき黒線が入っています。しかし自動改札には対応していません。乗車券の体裁としては日付と券番が縦書きになっていて、自販機券を拡大したような妙な感じですし、矢印式の発駅の上にも「河口湖から」と書かれていたり、ツッコミ所が多い券ですが、社線とJRの運賃がそれぞれ書かれているのは判りやすいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年8月19日 (水)

平戸城入場券(鋏痕)

R210505_hiradocastle

鉄道に関連しているのかいないのか微妙なネタですが・・・

長崎県平戸市にある平戸城の入場券です。ここは復元天守閣なので内部は歴史博物館+展望台といった感じになっています。券面を見てお分かりのように入場チェックに改札鋏を使用していまして、見事な鋏痕が残りました。

入場券売場でこの券を購入すると、狸櫓部分に入鋏された状態で渡され、その後天守閣の入口で2つ目の鋏を入れてもらうという形になります。使われていた鋏はメッキされているのかステンレス製なのか判りませんが、ピカピカに光ったタイプの新しいものでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年8月16日 (日)

JR東日本:B自由席特急券(車発機+プリンタ券)

R210524_jre_bltd_shahatsu

新宿から八王子までのB自由席特急券です。緑色の券ですが、日付を見て判るように最近の物です。

新宿駅の小田急・京王連絡口近くに乗車券を発売する小屋がありまして、時折ここで乗車券を発売しています。営業時間が良くわからないのですが、行楽客が多い休日の午前中は比較的開いていることが多い様です。

ここにはマルス端末が無く、車発機(改善型車発機というものでしょうか?)に発券プリンタを接続したもので発売しています。このプリンタは感熱式なのですが、発券時には「ジジジジジ」っと古めかしい音がします。

この券の保持性はあまりよろしくなく、きちんと保管していないと退色してしまいます。平成7年に購入したものはこのような状態になっています。

R070308_jre_btoku

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年8月14日 (金)

JR九州:乗車券(博多駅POS臨発)

R210506_jrq_hakatapos

繁忙期ということで、その手の乗車券を紹介します。

博多から竹下へのE-POSの乗車券です。一見何の変哲もなさそうですが、これはマルス端末のPOS機能ではなく、上有田やバルーンさがと同様ノートパソコン式のPOS端末で発券された物です。

佐世保から東京へ戻る際に立ち寄った博多駅のコンコース(改札外)で仮設テーブルを設置して乗車券類の臨発を行っていました。入場券をお願いしたのですが発売できないとの事だったので、近場の乗車券をお願いしました。

今まさにお盆休み期間ですが、博多では臨発をしているのでしょうか??

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年8月12日 (水)

小田急電鉄→東京地下鉄:連絡乗車券(新宿接続:乗継割引[副都心線])

R210107_oda_met_noriwari_kitasandou R210107_oda_met_higashishinjuku

小田急線から新宿・新宿三丁目接続で副都心線までの連絡乗車券2種です。明治神宮と新宿。関連のある駅名で揃えてみました(笑)

小田急と東京メトロの新宿での連絡運輸は乗継割引の区間のみとなっています。また、代々木上原・明治神宮前を経由した副都心線との連絡運輸は行っていないのでこれらの駅への乗車券は新宿接続のみとなります。

ただし、小田急線の券売機で東京メトロへの金額式乗車券を購入すれば実質上行ける事になりますね。では金額式のMSR券の場合はどうなのでしょうか?券面上は金額式でも購入時に着駅を指定し駅名コードも印字されていますが。。。

#夏休み期間のため更新が不定期になっていますm(_._)m

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年8月 8日 (土)

JR東日本→西武鉄道:連絡乗車券(乗継割引高田馬場接続:小田急発券)

R210621_jre_sei_noriwarioda

新宿から高田馬場接続で西武線140円区間の乗車券(乗継割引で260円)です。

新宿駅で購入したものですが、切符の地紋がPJRで券面右下に○社とあるように、JRで発売されたものではないことがわかります。これは小田急の西口地下連絡改札横にある出札窓口で購入しました。

ここの出札窓口にはJRの運賃表と共に西武新宿線中井・新井薬師前までの運賃もあり、このように小田急の窓口でJRと西武の連絡乗車券を購入することが出来ます。実際には乗継割引の区間には西武新宿も含まれているので、私は西武新宿まで利用しました。正直言って歩いたほうが早いので、運賃表に載っていないのも頷けます(苦笑)

どうしてこのような乗車券を発売しているのか?乗継割引の絡みだと思うのですが、、、西武と地下鉄二者との間には西武新宿…新宿(西口)接続での乗継割引がありますが、小田急にはありませんね。

小田急と西武の間にはJRを中に挟んだ三社連絡の設定があるようなので、どうせならこの連絡乗車券も発売してもらいたいものですが。。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年8月 5日 (水)

JR九州:4枚きっぷ(その9:POS券と旅セ端末)

R210503_jrq_sasabo41_pos

久しぶりの4枚きっぷシリーズも多分これが最終回です。この4枚きっぷは佐世保のチケット店を物色していたらE-POS機能で発券されたものを見つけたので購入してみました。

マルス券とはレイアウトが大きく違います。まずマルス券では端に小さく(綴**)と書かれていた枚数表示がPOSでは非常に大きく[*枚目]となっています。また、福岡市内の前にあった白抜きの[福]マークもPOSではありません。そのかわり、マルス券に無かった発売額が印字されています。

考えてみると、この4枚きっぷは指定席用ですので、指定券(もしくは指定料金券)の発券には必ずマルスを使う必要があります。POS端末のみの駅ならともかく、佐世保はマルス端末にE-POS機能が内蔵されているので、わざわざPOSで出すメリットが乗客側にあるとは思えませんね。

R210506_krq_midori12_ryoukin_1

使用したのがゴールデンウィークの最終日だったので指定料金券が必要でした。色々事情があって直前に取る羽目になったのですが、さすがに満席が多く、当日朝携帯で「えきねっと」の空席案内に繋いでキャンセルが出てないか探し、慌てて佐世保駅へ向かってようやく乗変できました。

発券場所は佐世保駅のみどりの窓口なのですが、窓口が混雑する時期だったので、併設の旅行センター側(休日のため非営業状態)のローカウンターにあるマルス端末も稼動させて対応していました。運良くそちらに案内されたので「佐世保旅セ-MR」となりました。九州ではGW中に併設の旅行センターのマルスを稼動させていた駅が幾つかあり、好感が持てました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年8月 4日 (火)

流鉄→JR東日本:連絡乗車券(補片)

R210621_ryu_jre_hokata1 R210621_ryu_jre_hokata2

流鉄流山駅発行、流山から北松戸までの連絡乗車券です。

発駅と発行駅常備、そして経由の『(馬橋・』が印刷されています。

「・」が気になるところですが、流鉄にはJRを中間とした三社連絡が設定されているようなので、2つ目以降の経由地もしくは路線を考慮しているのでしょうか?もっとも、出札窓口備え付けの運賃票は三社連絡には対応しておらず、ダメ元で京成線への三社連絡を聞いてみたら案の定断られてしまいました。二社連絡ならば、近場の北松戸でお願いしました(^^;。

裏面ですが、社名変更の際に新調されたのでしょうけれども、九大学研都市と新加味の記載がありませんね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年8月 2日 (日)

小田急電鉄→京王電鉄:連絡乗車券(新宿接続:乗継割引)

R210107_oda_keo_hatsudai

小田急電鉄南新宿から京王電鉄初台までの連絡乗車券です。

両者の新宿接続での連絡運輸は乗継割引の区間のみ(南新宿~代々木上原と初台~笹塚の相互間)なので、下北沢~下北沢のような環状線一周風味のニセO型切符は発券できません。

さて、接続駅コードと思われる部分を見てみますと9・10桁目がなんと同じ新宿でもJR線接続と同じ「01」となっています。駅名コードが重複することは以前紹介しましたが、それに続き接続駅コードにも重複が出てきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー