降りつぶし

無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

JR九州:乗車券(田主丸駅発行出補)

R210503_jrq_tanushimaru_shuppo_1 R210503_jrq_tanushimaru_shuppo_2

田主丸駅発行の出補です。補片と同様うきはまででお願いしました。JRの出補を手にする機会はなかなか無いのですが、事由に「3新在往」「4新在複」があるものを購入したのは初めてです。

裏面を見てみますと、新加美の記載が無いものの、九大学研都市はありますので、比較的最近調達されたものなのでしょう。

田主丸では他にも常備の特急券をいくつか購入したのですが、不覚にも滞在先に置いてきてしまったようです。運良く回収できたら紹介しようと思いますが・・・望み薄です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月29日 (水)

JR東日本→流鉄:連絡乗車券(POS券)

R210315_jre_ryu_renraku

JR東日本武蔵野線南流山から馬橋接続で流鉄の流山までの連絡乗車券です。流鉄線の運賃はマルスに運賃が登録されていないようなので、POSで発券できる川崎新町でお願いしました。

流鉄線は、近いけれどもなかなか足が向かない路線のひとつでして、連絡乗車券の硬券など廃札になる前に行っておけば良かった・・・と後悔しています。一方でJR側からの連絡乗車券も、額入券となるため購入をためらいがちになるもうひとつの要因となっています。

経由を見てみますと、途中の路線名と接続駅が記載され社線の記載は無しと、首都圏の連絡乗車券でよく見られる様式となっています。ちなみに、新松戸と流鉄の幸谷は目と鼻の先にあることは良く知られていますが、この両駅は連絡運輸上の接続駅ではありません。従って遠回りとなりますが馬橋経由での発売となります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月27日 (月)

東京地下鉄→小田急電鉄→箱根登山鉄道:連絡乗車券(通算100km以上の場合)

210412_met_oda_hak

東京メトロ北千住51発行の北千住から箱根湯本までの三社連絡乗車券です。

北千住から箱根湯本までは通算で104.7kmありますので、ひょっとしたら着駅が表示される矢印式のような表示になるのかと気になっていたのですが、残念ながら以前紹介した表参道から箱根湯本までの乗車券と同じ様式で、金額式の当日限り有効・下車前途無効の乗車券でした。メトロのMSR券で着駅が表示される様式は発券でないのでしょうか?

往復乗車券の発券を可能にするか、「メトロあさぎり」を登場させて御殿場線内までの連絡乗車券を発券できるようにすれば着駅表示の矢印式乗車券が出せるのですが・・・これらは望み薄ですね(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月25日 (土)

JR九州:乗車券(田主丸駅発行補片)

R210503_jrq_tanushimaru_hokata_1 R210503_jrq_tanushimaru_hokata_2

JR九州田主丸駅発行の補片です。この駅は東の川崎新町・西の筒石などと共に切符趣味者に優しい駅として有名ですね。委託の駅員氏も手馴れた様子で発行していただけました。着駅は隣でも良かったのですが、ちょっとひねってひらがなのうきはにしてみました。

裏面を見ていますと、九大学研都市の記述がありますが新加味はありません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月23日 (木)

弘南電鉄:乗車券(弘前駅発売半硬券)

R210429_kon_hirosaki_nanken_210_1

弘南鉄道弘南線の弘前から210円区間(小児110円区間)の乗車券です。

ペラペラのボール紙のいわゆる半硬券で、発駅はスタンパーです。弘前駅は立て替えられてすっかり綺麗になっていましたが、弘南の窓口には券箱がありました。尋ねてみたところ、入場券以外はこのような半硬券との事でした。

時間の都合上弘南線に乗る余裕は無かったので、ここで泣く泣く引き返しました(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月21日 (火)

松浦鉄道:特別補充券(佐世保駅発行)

R210504_mat_shuppo_1 R210504_mat_shuppo_2

松浦鉄道の特別補充券(出補)です。よく訪れる場所ですし、頼めば基本的には断られないということが判っているとついつい後回しになってしまう・・・という典型的パターンで今まで購入していなかったのですが、今回意を決して??お願いしました。

浩然斎さんのblog「きっぷあれこれ啓上候」の記事『【松浦鉄道】特別補充券(佐世保→佐世保中央)』によりますと、松浦鉄道の出補には誤植があるということでしてが、私が購入したものでも直っていませんでした。「再掲」が「再」に、「入鋏」が「入」となっています。一年半以上経過しているのですが、裏面を見てお分かりのように新券は刷っていないようです。今後どうなるのでしょうね??

その裏面を見てみますと、(1)は連絡運輸の範囲である九州内に限定して記載されていますが、九大学研都市の記載がありませんので平成17年9月より前に作成されたものなのでしょう。また(2)に途中下車の規定が書かれているためか、表の記事欄に「下車前途無効」が記載されていません。補片の場合にはこの(2)の記述が無いので100km以下の場合には「途中下車前途無効」の印が押されます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月19日 (日)

東京臨海高速鉄道:乗車券(POS端末発券)

R210510_twr_oimachi R210510_twr_shinkiba

東京臨海高速鉄道(りんかい線)の国際展示場駅で発行された窓口(POS)端末発券の乗車券2種です。

りんかい線にはしなの鉄道や鹿島臨海鉄道と同様にPOS端末が導入されています。今まで何度も訪れているのですが、いずれも「とてつもなく混雑している日」でしたので頼むのがはばかられる状況でしたが、ようやく普通の休日(^^;に訪れる機会があったのでお願いしてみたところ、快く発券していただけました。ただし、連絡乗車券は不可ということでしたので、システム上駅名に「臨海」が追記される新木場と大井町をお願いしました。いずれも「臨海」の字が小文字になっていました。しなの鉄道鹿島臨海鉄道との印字面での大きな違いは社名が「乗車券」の右側に来ている事と、経由欄にきちんと「経由:」と印字されていることですね。

ただ・・・、見てお分かりの通り、発行数が少ないためかまめにクリーニングをしていないためか判りませんが(両方??)券も印字も非常に無様ですorz

この時はビックサイト帰りの割と夕方に近い時間にお願いしたのですが、券番を見てお分かりの通りこの日初の発行だったようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月17日 (金)

弘南電鉄:乗車券(大鰐線自販機券)

R210429_kon_oowani

弘南鉄道の大鰐から中央弘前までの乗車券です。券売機は比較的新しいもので時刻も入っています。

「矢印内の駅ゆき」という表現がなんとも微妙ですね。

大鰐の入場券と鋏痕が違うのですが、これは中央弘前で記念に欲しいと申し出たところ、無効印代わりに入れられたものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月15日 (水)

松浦鉄道:佐世保駅精算済票(ハウステンボス直通6327D)

210504_mat_saseboseisan

松浦鉄道からJR九州への直通列車6327Dで佐世保駅に到着し、車内精算したときに渡される精算済票です。直通列車はJRのホームに到着するので何らかの取り扱いがされると思い中佐世保~佐世保間で乗車してみたのですが、このようなものを渡されました。

精算済票といえば、JRなどとの有人の共同使用駅で改札を出る時車内で精算済であるということを証明するのが主な役割でありますが、ここの場合はちょっと変わっています。

松浦鉄道からJR九州への乗り入れは平成21年3月改正から復活しましたが、その際の運賃支払方法は「境界駅の佐世保で全乗客がいったん精算する」というものです。佐世保で降りる客はもちろん、早岐やハウステンボスまで乗り通す乗客もいったん席を離れて精算し、降車駅で再度精算するという二度手間を強いられていました。途中駅なのにもかかわらず、全員が席を立って運転室の精算箱に並ぶ光景は、ちょっと異様にも思えました。この方法では、事業者側にとっては事後の運賃精算をしなくて済むというメリットが考えられますが、乗客にとってはいい迷惑ですね。

私は佐世保で下車したのですが、注意書きに「車内または改札口のJR係員にお渡しください。」とあるように、佐世保以南に乗り通す乗客にも手渡されていました。無人駅の日宇と大塔では降車時に運転士に渡すのでしょうが、有人駅の早岐とハウステンボスでは車内と改札のどちらで精算するのでしょうね??

松浦鉄道では乗車券を購入できる駅が限られて、なおかつ乗車券の車内販売も(おそらく)行っていません。このような中途半端な状況を解消する方法は無いのでしょうか?西肥バスなどと絡めたIC乗車券の導入計画もあるようですが、これが実現するのは当分先ですし、とりあえずは通しでの現金精算か車内での連絡乗車券の発売をお願いしたいところですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月13日 (月)

JR東日本→小田急電鉄→JR東日本:通過連絡運輸(南多摩窓口最終日)

R210531_jre_oda_jre

南武線南多摩駅から渋谷まで、途中登戸から新宿まで小田急線を経由する通過連絡運輸となる乗車券です。新宿登戸間を通過連絡する連絡運輸の南武線側の範囲は武蔵中原から南多摩間となっています。

西武多摩川線の連絡乗車券と同時に購入しましたが、使用したのはこちらの乗車券の方が後でして、西武多摩川線是政駅を下車し、徒歩連絡で南多摩まで戻ってから使用しました。運賃が登録されているため、発券自体は非常にスムースでした。

南武線北部から渋谷までは武蔵溝ノ口で田園都市線に乗り換えるのが一般的ですが、同区間には連絡運輸の設定がありません。ただ、東急の溝の口から自由が丘経由で東横線渋谷までなら発券できるようです。旧新玉川線区間が連絡運輸から除外されているためなのですが、どうしてこのような中途半端な状態にしておくのでしょうか??

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月11日 (土)

弘南電鉄:入場券(大鰐駅発行硬券)

R210429_kon_oowani_in_1 R210429_kon_oowani_in_2

弘南鉄道大鰐線大鰐駅の入場券です。

色々予定が狂ってほぼ行き当たりばったりで巡った東北行ですが、碇ヶ関に立ち寄ったため、弘南線に立ち寄って社線側の連絡乗車券を購入するのは時間的に難しい状況となってしまいました。碇ヶ関で次の列車まで時間を潰そうと思っていたのですが、駅前にタクシーの営業所があったので、急遽隣の大鰐(大鰐温泉)までワープして弘南鉄道大鰐線を乗り通す事にしました。大鰐(大鰐温泉)駅はJRと弘南の共同使用駅ですが、南口に両者の、北口に弘南の駅舎があります。南口に着いたので、弘南の駅舎に行って見ると無人でフリーパス状態。JRの窓口で委託販売していないかと淡い期待を込めて訪ねてみましたが、残念ながら販売は行っていないとの事。北口の弘南の駅舎で購入する事になりました。

JR東日本と弘南鉄道は、弘南線とは連絡運輸を行っていますが大鰐線とは行っていません。立ち寄った記念に硬券の類は入場券のみとのことだったので記念に一枚買い、鋏も入れてもらいました。赤線一条入ったクラシカルな券です。駅名補充でダッチングも無いのは玉に瑕ですが…。裏面も発行駅補充ですが、無記入でした。

途中駅に立ち寄る時間も無かったので慌しかったのですが、久々に東急7000系や6000系を見かけることが出来て案外楽しめました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月 9日 (木)

JR九州:乗車券(採銅所駅自販機券)

R210503_jrq_saidosho

JR九州日田彦山線採銅所駅から200円区間(小児100円)の乗車券です。

この駅は趣のある駅舎が残る無人駅です。駅構内に券売機(ホーム上で自由席特急券などを販売しているのと同型でしょうか??)があり、稼動していたので交換待ちの際に買ってみました。

一般的な券売機券なのですが、無人駅にもかかわらず○ム表記がありませんね。

ところで、日田彦山線の下り始発列車は7時台とかなり遅いですね。このときに乗車した列車は日田あたりで行われたウォーキングイベントのアクセス列車になっていたようで、かなり混雑していました。仕方なく立ちっぱなしで過ごしたのですが、ワンマン対応のキハ48は車端やドア付近の座席を撤去しているので妙に床が広々としています。九州には床に座らないよう啓発するステッカーが貼ってありますが、このような構造なら床に座ってしまうのも致し方なし。。。と思ってしまいました(^^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月 7日 (火)

JR東日本→西武鉄道:連絡乗車券(武蔵境接続:南多摩窓口最終日)

R210531_jre_seb

JR南武線南多摩から武蔵野線・中央本線経由で西武多摩川線の是政までの連絡乗車券です。非常に目立つスタンプに付いてはとりあえず後回しにします(笑)。南多摩と是政は多摩川を挟んだ対岸にあります(とはいえ川幅が広いので20分ほど歩きますが...)。窓口氏は「ああ、そこまでね」と苦笑いしていました(^^;。しかし、西武多摩川線の運賃はマルスに登録されていないので金額入力での発売となります。案の定「口座無し」の回答が来ました。

北府中の件もあったのでちょっとだけ期待しつつ、でも登戸の件もあるので基本的にはダメ元で・・・という心積もりで金額入力をお願いしてみたのですが、赤表紙を確認した上で発券作業にかかっていただけました。この窓口氏は金額入力の手順に不慣れだったようで作業に結構時間がかかってしまいましたが、エラーが出てきたところに付いては鉄電で(おそらくマルス指令と)やり取りしながら入力を修正し、無事発券することが出来ました。こういう方は現在のJR東日本(特に首都圏)ではあまりお見かけしなくなりました。判らない所があってもそこで断らず、確認しながら丁寧に作業をしているという姿に頭が下がりました。

ところで接続駅の武蔵境ですが、以前はノーラッチどころか下りホームの対面での乗換えだったので、連絡乗車券の需要は多いとは思うのです。現状の連絡改札も自動改札のみで有人通路が無く、額入券だと駅の構造上ラッチを出て結構遠回りをしなければなりません(この日はそのおかげで合法的に一時出場して遅い昼食にありつけたのですが^^;)。なぜ運賃が登録されていないのでしょうね?先日新宿東口の券売機でも多摩川線の乗車券を買おうと思ったのですが、口座が無くて購入できませんでした。中央線沿線でもこの有様です。

さてさて最後に非常に目立っているスタンプは、是政駅で記念に欲しいと申し出たときに押されたもので、西武にこんなデザインの乗車記念印があるとは知らなかったので驚き、嬉しかったです。これは蔵のデザインのように見えるので小江戸川越をイメージしたものなのでしょうか??この印は後日西武新宿で下車したときに同じ物を押されました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月 5日 (日)

秋田内陸縦貫鉄道:乗車券(券売機券)

R210429_aki_takanosu_0

秋田内陸縦貫鉄道鷹巣駅の券売機で購入した西鷹巣までの乗車券です。以前紹介した硬券の場合は同じ運賃の小ケ田も併記された一般式でしたが、券売機では矢印式の単駅表示となっていました。

券面の様式は割と良くある形式なのですが、地紋が無く両面同じ印刷なので、バスの乗車券の様でもあります。コレクション的には特に目立つものは無いのですが、硬券ばかり手元に残していると、実際に使用した自動券売機の様式を覚えていなかったりしますので、記録としては意味があるのではないかなぁ…と勝手に思っていたりします(^^A

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月 3日 (金)

JR九州→北九州高速鉄道:連絡乗車券((モ)志井駅)

R210503_jrq_kit_shii

JR九州城野から小倉接続で北九州高速鉄道(北九州モノレール)の志井までの連絡乗車券です。

先日紹介した城野駅と同様、JR日田彦山線に同名駅があるので『(モ)志井』と、全角の括弧書きがとても目立つ形となっております。発駅も志井にしたかったのですが、残念ながら日田彦山線は連絡運輸の範囲外です。北九州モノレールの終点企救丘と日田彦山線の志井公園が近接しているので小倉回りの連絡運輸は不要と考えたのでしょうか?もっとも、それなら企救丘接続の連絡運輸もして欲しいものですがね・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

2009年7月 1日 (水)

JR東日本:南多摩駅入場券(窓口最終日)

R210531_jre_minamitama_in_2

南武線南多摩駅窓口最終日の入場券です。この駅は川崎街道と府中街道の追分である大丸にあり、南武線と府中街道は、ここから多摩川を渡ります。そして、府中街道の是政橋の対岸には西武多摩川線の終点是政駅があります。

そんな交通の要にある駅ですが、駅自体は街道から路地を一本入った所にあります。駅前広場など無くひっそりしていて、この辺がいかにも買収国電らしい雰囲気があります。

ここでも北府中と同様他の「同業者」もいませんでした。時間に余裕がありそうでしたので、入場券のほかにも乗車券をお願いしました。その乗車券はまた後日紹介します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー