降りつぶし

無料ブログはココログ

« JR東日本→小田急電鉄→JR東日本:通過連絡運輸(南多摩窓口最終日) | トップページ | 弘南電鉄:乗車券(大鰐線自販機券) »

2009年7月15日 (水)

松浦鉄道:佐世保駅精算済票(ハウステンボス直通6327D)

210504_mat_saseboseisan

松浦鉄道からJR九州への直通列車6327Dで佐世保駅に到着し、車内精算したときに渡される精算済票です。直通列車はJRのホームに到着するので何らかの取り扱いがされると思い中佐世保~佐世保間で乗車してみたのですが、このようなものを渡されました。

精算済票といえば、JRなどとの有人の共同使用駅で改札を出る時車内で精算済であるということを証明するのが主な役割でありますが、ここの場合はちょっと変わっています。

松浦鉄道からJR九州への乗り入れは平成21年3月改正から復活しましたが、その際の運賃支払方法は「境界駅の佐世保で全乗客がいったん精算する」というものです。佐世保で降りる客はもちろん、早岐やハウステンボスまで乗り通す乗客もいったん席を離れて精算し、降車駅で再度精算するという二度手間を強いられていました。途中駅なのにもかかわらず、全員が席を立って運転室の精算箱に並ぶ光景は、ちょっと異様にも思えました。この方法では、事業者側にとっては事後の運賃精算をしなくて済むというメリットが考えられますが、乗客にとってはいい迷惑ですね。

私は佐世保で下車したのですが、注意書きに「車内または改札口のJR係員にお渡しください。」とあるように、佐世保以南に乗り通す乗客にも手渡されていました。無人駅の日宇と大塔では降車時に運転士に渡すのでしょうが、有人駅の早岐とハウステンボスでは車内と改札のどちらで精算するのでしょうね??

松浦鉄道では乗車券を購入できる駅が限られて、なおかつ乗車券の車内販売も(おそらく)行っていません。このような中途半端な状況を解消する方法は無いのでしょうか?西肥バスなどと絡めたIC乗車券の導入計画もあるようですが、これが実現するのは当分先ですし、とりあえずは通しでの現金精算か車内での連絡乗車券の発売をお願いしたいところですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

« JR東日本→小田急電鉄→JR東日本:通過連絡運輸(南多摩窓口最終日) | トップページ | 弘南電鉄:乗車券(大鰐線自販機券) »

地方民鉄・三セク」カテゴリの記事

松浦鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196707/45308164

この記事へのトラックバック一覧です: 松浦鉄道:佐世保駅精算済票(ハウステンボス直通6327D):

« JR東日本→小田急電鉄→JR東日本:通過連絡運輸(南多摩窓口最終日) | トップページ | 弘南電鉄:乗車券(大鰐線自販機券) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー