降りつぶし

無料ブログはココログ

« 銚子電気鉄道→JR東日本:連絡乗車券(補片) | トップページ | 伊豆急行:伊豆急線指定席特急券 »

2009年2月 7日 (土)

小田急電鉄→JR東日本:連絡乗車券(最短距離とは??その2)

210201_oda_jre_kofu

小田急電鉄足柄駅から「小田原接続で甲府まで」とお願いして発券された切符です。甲府は小田急電鉄とJR東日本との連絡運輸の最西端です。

小田原から甲府までは、営業キロは東海道・身延経由の150.7kmが最短ですが、身延線が地方交通線のため運賃計算キロは159.5kmとなってしまい、東海道・相模・横浜・中央東経由の154.1kmより長くなってしまいます。どちらでも運賃は大人\2520.-(小人\1260.-)なのですが、MSRがどちらの経路を取るかで大きな違いがあります。

身延線経由なら2日間有効で[足柄>甲府]の矢印式、相模線回りなら東京近郊区間で当日有効・下車前途無効の金額式になるのですが、、、結果はご覧の通りです。

ただ、これでMSRが運賃計算キロを基準で最短を判断しているのかといえば、それは微妙なところでして、JR東海との連絡運輸において身延線で指定されているのは富士宮、西富士宮のみです。JR東海の甲府駅が設定されていないので接続範囲外となったという可能性もあります。竜王まで連絡範囲となっていればはっきり判ったのですが、残念です。

ともあれ、2520円区間という金額式乗車券は強烈ですね。MSRの仕様からすると、違う区間ではもっと高額のものが出せるはずですが、、

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

« 銚子電気鉄道→JR東日本:連絡乗車券(補片) | トップページ | 伊豆急行:伊豆急線指定席特急券 »

MSR/SR券」カテゴリの記事

乗車券」カテゴリの記事

大手民鉄」カテゴリの記事

小田急電鉄」カテゴリの記事

連絡乗車券」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196707/43953528

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急電鉄→JR東日本:連絡乗車券(最短距離とは??その2):

« 銚子電気鉄道→JR東日本:連絡乗車券(補片) | トップページ | 伊豆急行:伊豆急線指定席特急券 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー