降りつぶし

無料ブログはココログ

« JR九州:電話予約センター(その2:リレーつばめB特急券) | トップページ | JR九州:電話予約サービス(その3:JR九州→松浦鉄道連絡乗車券(佐世保接続)) »

2008年12月19日 (金)

小田急電鉄⇔JR東海:往復連絡乗車券(足柄⇔足柄)

JR御殿場線足柄駅から小田急小田原線足柄駅までの乗車券はマルスで簡単に発券できますが、果たしてその逆をMSR発券するとどうなるか??よねざわいずみさんのblog「Feel Fine!」での記事「小田急の足柄駅からJR東海の足柄駅行きのきっぷは売ってません」に触発されて色々試してみました。

まず、片道乗車券で発行する場合、単純に足柄→足柄(経由:松田・御殿場線)にしてしまうと当日限り有効なので金額式となってしまいます。着駅を表示させるために有効2日以上にしなければならないのは以前書いたとおりです。

ではどのルートにすればいいのか??松田接続で国府津・東海道・沼津経由の距離を調べてみたら、なんと99.0km。惜しくも足りません。となると、厚木接続で相模線・東海道・沼津・御殿場線経由の149.8kmとなります。

そこで、某駅にてお願いしてみたところ、出てきたのは『足柄から1510円[厚木から]JR線1110円区間』の金額式乗車券でした。どうやら下曽我経由(これも99.0km)で発券されてしまったようです。沼津経由では発券できないのか尋ね、色々試していただいたのですが、MSRでは連絡乗車券で指定できるのは「経由で指定する接続駅」のみで、他社局の路線は「最短距離」の経路しか出せないようです。結局厚木より東のJR線接続駅(藤沢・登戸・新宿)では『足柄→足柄』表記の片道乗車券が発券できるということがわかりましたが、そのいずれもが下曽我を経由するもののようでした。

小田急線・厚木・相模線・東海道・下曽我という経路だと小田急とJRの接続駅の一つである新松田(松田)を2度通るので「α」型の経路になってしまいます。JRと小田急の駅を同一とみなすのか別個の駅とみなすのか、判断が分かれるところですが、少なくともJR側ではJRと社線の接続駅は同一駅とみなし、この経路の場合では松田で環状線一周としているようです。今回応対していただいた窓口氏はそのところの判断をしていなかったのですが、果たして片方の会社が不可としている乗車券を使用できるのか・・・??限りなく黒に近いグレーだと思います。少なくとも私は使用する気にはなれません。

では沼津経由の乗車券を…と行きたいところですが、MSRはJRの経路を指定できないので、前記の経路を「最短」としている以上「足柄>足柄(経由:厚木・相模線・東海道・大岡)」というような乗車券は出せません。これは困りました。最短距離が「α」型になる区間では正しい乗車券が出せないのです。これはプログラムミスと言っても良いのではないでしょうか?※

##

このときの窓口氏は色々試していただいて本当に感謝しています。下北経由JRの3社、あるいは京急までの4社接続なんかも試していただいたのですがエラーが出て無理でした。どうやらMSRは片道乗車券は2社接続までしか発券できないようです。

##

本題に戻りまして・・・沼津回りの乗車券が出せないということが判ったのでこの時は一旦帰りました。その後色々考えたのですが、往復乗車券なら隣駅でも着駅が表示されることを思い出し、仕事で立ち寄った別の駅で発券してもらいました(窓口に居る間に気づけばよかったのですが…(苦笑))。

R201216_oda_jrc_ashigara_oufuku 

どちらも「足柄」で区別が無いのですが、「喜多見>函南」の時と同様に小田急側にだけ英語表記があること、右上の数字の駅コードが違う事(上4桁が発駅・その次の4桁が着駅)で辛うじて同一駅ではないということがお分かりいただけますでしょうか。「α」型の最短が藤沢接続で計算上1700円となるので、往復乗車券なのにもかかわらず安くて規則上何の問題の無い乗車券を手にすることが出来ました。


環状線一周以上の「α」型、もしくは「P」型のループ側から開始する経路になってしまうと思われる区間ですが、御殿場線(新松田が交点になる経路)については

  • 新松田-小田原間の各駅から厚木・藤沢・登戸・新宿のいづれかを接続駅とし東山北-長泉なめり間の各駅
  • 新宿-新松田間の各駅から小田原を接続駅とし東山北-岩波間の各駅

などが考えられます。あと厚木・大和・藤沢・登戸など他社線と十字に接続する駅でも同様です。藤沢接続で例えば「片瀬江ノ島から神戸市内(経由:新宿)」のように大多数の利用者が新幹線を利用すると思われる経路の場合、幹在別線とみなしているのかいないのか…など、疑問点は残りますね。

« JR九州:電話予約センター(その2:リレーつばめB特急券) | トップページ | JR九州:電話予約サービス(その3:JR九州→松浦鉄道連絡乗車券(佐世保接続)) »

MSR/SR券」カテゴリの記事

乗車券」カテゴリの記事

大手民鉄」カテゴリの記事

小田急電鉄」カテゴリの記事

線名略号・会社線名」カテゴリの記事

連絡乗車券」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

コメント

それは脈ありってことでしょうか?
おまじないの結果、どんな魔法がかかるのか楽しみにしています(^^)

新幹線経由の件に関しましておまじないを唱えた(ご察しください)ところ、驚愕の回答が得られました(ご察しください)。名古屋鉄道の某乗車券のときもそうでしたが、意外なところに発売方法はあるものですね…

コメントありがとうございます(^^)

今回は熱海までの発券をしたわけではないので正確なことは言えませんが、在来線経由の可能性が高そうな気がしまね。函南までなら確実に2日間有効ですが。。。

「JRは最短距離」の原則を逆手に取ると小田原経由新横浜なんて経路はどうでしょうね?ただ距離がだいぶ長くなるのが難点です(^^;

「東京近郊区間を外れる」というのが目的なら、開成~足柄間が経路から外れてしまいますが「新宿から松田経由真鶴まで(通算100.1km)」というのもアリです。

トラックバックありがとうございます。さらには大変にためになる内容ありがとうございました。
MSR端末の仕様がかなり明らかとなる調査となりましたね。こうなると気になるのは、小田急新宿→熱海(経由:小田原・新幹線)は小田急新宿駅で発行してもらえるのかどうか、です。。。経路指定ができないのであれば、MSRだと有効1日下車前途無効になってしまうわけなので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196707/43435734

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急電鉄⇔JR東海:往復連絡乗車券(足柄⇔足柄):

» 神奈川県内最長&最短O型きっぷおよび第2種ニセO型きっぷ、他の紹介 [Feel Fine!]
昨年12月16日に実乗した、神奈川県内最長&最短O型きっぷ、第2種ニセO型きっぷ、及びそれらと同時に利用したきっぷを紹介します。 大磯→大磯となる神奈川県内最長O型きっぷ。東海道新幹線を絡...... [続きを読む]

« JR九州:電話予約センター(その2:リレーつばめB特急券) | トップページ | JR九州:電話予約サービス(その3:JR九州→松浦鉄道連絡乗車券(佐世保接続)) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー