降りつぶし

無料ブログはココログ

« 松浦鉄道:裏か表か… | トップページ | 小田急電鉄:ロマンスカー特別急行券(その1) »

2008年9月14日 (日)

黒部峡谷鉄道

200504_kur (加工済)

黒部峡谷鉄道の前売往復乗車券です。電話予約をすると振込用紙が郵送されてきます。乗車券の引換えは当日宇奈月駅窓口です。乗車する際には号車を指定されるのですが宇奈月で引き換える時は往路のみ。復路は欅平の窓口に並んで指定を受けなければなりません。

日付から判るように、この日はゴールデンウィークで大混雑でした。連れの人の関係で特別車にしたのですが、ボックスシートに詰め込まれ、荷物の置き場も無く大変でした。天候さえ良ければ普通車、そうでない場合はリラックス車がいいかもしれません。欅平でもトロッコとはいえ満員の13両編成からはき出される乗客で大混乱。上部軌道へ続く線路も殆ど見られず、悔いが残りました。

200907_kur(加工済)

黒部峡谷鉄道の旅客扱い駅は宇奈月・黒薙・鐘釣・欅平で、宇奈月~鐘釣・欅平間は往復の予約が出来ますが、黒薙へは往路の予約しか出来ません。乗車券の様式は同じですが、復路の部分が切り取られています。

では帰りはどうするかというと、黒薙の駅員から乗車駅証明証を貰い、宇奈月で精算という形になります。これが乗車駅証明証です。

R200907_kur_kuronagishoumei(加工済)

普通車のゴム印が押されていますが、乗車した列車がたまたまリラックス車のみの編成だったので、ラッキーなことに普通運賃のみで乗ることが出来ました。

黒薙駅で降りたからには黒薙温泉へ行ってきました。温泉までのルートは起伏の激しい山道と、黒薙駅から分岐する関西電力黒薙支線のトンネルを通る2ルートがあり、トンネルの方が距離も近く勾配も緩く趣味的にも面白い(笑)ので、当然トンネルルートを通りたかったのですが、残念なことに最近は通行禁止となっているようです。

P1040166ああ、ここを通れれば…

しかし、温泉自体は非常に素晴らしく、前日こむら返りで酷い筋肉痛だった左足の痛みが消えてしました。山道ルートも後曳橋を俯瞰で眺めるポイントもあったりして楽しめました。

P1040169

« 松浦鉄道:裏か表か… | トップページ | 小田急電鉄:ロマンスカー特別急行券(その1) »

乗車券」カテゴリの記事

地方民鉄・三セク」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

黒部峡谷鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196707/42459165

この記事へのトラックバック一覧です: 黒部峡谷鉄道:

« 松浦鉄道:裏か表か… | トップページ | 小田急電鉄:ロマンスカー特別急行券(その1) »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー